メンバーの熱いおもいを応援

統合医療サポートチームきららリハビリ訪問看護ステーションに作業療法士として手伝ってくれているスタッフと面談をしました。

作業療法士のスタッフは、ご利用者さんがリハビリにより、体の回復を支援するだけでなく、今までの生活に戻れるように、どのような生活を望んでいるのか?いつまでに達成したいのか?などを共有して、ご利用者さんが望む生活にどのようにしたら近づけるようになるのか?までも身体機能はもちろんの事、生活の質がどのようにしたら向上できるのかもサポートしたいと教えてくれました。

そのようにお手伝いするためにも、地域包括ケア推進リーダー及び介護予防推進リーダーの勉強をして、資格をとり、地域の作業療法士(OT)になれるような活動もしたい!との事でした。

病院勤務では、身体機能の回復を3ヶ月行い、それからは家での生活に不便がないようにご利用者さんの事を考えて提案した用品は全く使われなかったり、いらない物であったりする事もあったそうです。

どうしたら生活を知ることができ、ご利用者さんに寄り添って、お手伝いができるのか?を考えた結果、病院勤務をやめてリハビリとご利用者さんの生活にまで関われる訪問リハビリをしたい!と思って、何社か検討して当社に来てくれたのです。

1件の訪問はもちろん大事だが、地域の作業療法士を目指すためにも、「地域の勉強会にも参加したい!」と聞いたので、その考えはとても良いので応援します!と伝えました。

このような思いをサポートできるというのは、経営者としては、とても嬉しい事です。

他にも事務スタッフであれば、保険請求業務をやってくれていて、もっと勉強したいと考えていると聞くと、できるお手伝いはしたかったので条件面を見直して、事務スタッフの育成をお願いしました。

面談を通じて、何のために働いているのか?を思い出してくれたり、熱い思いを聞けたりして、何を考えているのか?を聞けただけでも大きな収穫です。

昨日は、訪問看護ステーション用の事務所として良い物件が見つかって、管理者も内覧に来てくれました。相手の言うがままの条件でお願いはしました。

事務所が移転できましたら、スペースがかなり広くなるので、スタッフの子供の面倒が見れたり、療養通所介護、障碍者のグループホーム、特化型リハビリなど出来たらいいな!にさらに近づくことができます。スタッフのやりたい事が地域の健康増進につながるのであれば、どんどんチャレンジしたいと思っています。

地域貢献の輪を広げるためにも看護師や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士で手伝ってくれる方はどんどん採用したいと思っています。是非とも、現状に制限があってやりたい事ができないがどうしても実現したい方、スキルをあげたい方、もっと活躍をして給料・条件が良い所を探されている方などお気軽にお問い合わせくださいませ。



地域を応援する町ゼミがスタートしました。みのおのまち商学校に参加や、事業所の見学・勤務を体験したい人などお気軽にお問い合わせくださいませ。

何のために仕事をしているのか?などを語り合えたらと思います。

私達が行う町ゼミについて詳しくはこちら

統合医療サポートチームきららリハビリ訪問看護ステーションは箕面市、池田市、吹田市、豊中市、茨木市、豊能町に訪問しています。詳しくはこちら

 

まずは話し合い

今年は、まずはメンバー全員と個別に面談をしていく事を社内での新年の挨拶で話しました。全員と面談をする事は何年かぶりです。面談で話す内容は自由です。家族・趣味・仕事の事などなんでもオッケーです。

その面談の機会をどう活用するのかは本人に任せる事にしました。
去年の12月には社内全員で意識してストロークをする取り組みも行っていましたが、
ストロークは挨拶から一言を話すまで幅が広く、相手の存在を認める行為です。

面談であれば、メンバーの気になっている事や思っている事なども聞けます。そして、今年も力を合わせて仕事をするにもいいきっかけになると思いました。



話は変わりますが、正月は実家で子供達が何年かぶりに6人集まりました。家にはテレビゲームがないので、実家でテレビゲームを子供達はとても楽しそうにしていました。その後は、私も参加してこおり鬼という鬼ごっこをしました。私が鬼で走り回っていました。その後は、UNO(ウノ)というカードゲームを行いました。

すると、一人だけカードゲームはやりたくない!と、違う部屋に行きました。

だけど私は、子供の母親に「呼んできて!みんなでやろう!」と言ったので、しぶしぶ一緒にUNO(ウノ)に参加していました。カードゲームが初めてみたいでした。
ルールを知っている子が知らない子に教えて、それでわからなければ質問してという流れで子供達だけでゲームを始めました。

やりだすと、みんなゲームに真剣になり楽しそうです。

最初にやりたくない!という理由は、カードゲームの楽しさを知らないから?
みんなでやる楽しさは知っているけどできるか不安があるから?
知らないことを知られるのが恥ずかしいから?
など色々あったのだと思います。

「無理に誘ってよかった!」と思いました。

社内では自立に任せてなんでも無理に誘ったりする事はありませんでした。無理にも誘いませんが、本人達の考えまでも深く知りません。私が薄情だったのかもしれません。

今年は、仕事だけでなく、私自身も人間力を磨き、人間力の磨きを促す存在になりたいと思っています。だから今までのあり方も振り返り、少しでも良くなった!と言えるような1年にしたいと思っています。

今年も「統合医療サポートチーム」「健康サポート専門店」「子供達に楽しみにしてもらえる農園」として喜ばれる為に色んな事に挑戦したいと思っています。


ピラティスも勉強します。

このようなサービスができるのもスタッフ及び皆様とのご縁のおかげと思い、感謝しております。変わらぬご愛顧の程、どうぞよろしくお願い致します。


玉ねぎの周りの雑草を1畝だけ抜き、米ぬかを巻きました。とても立派に育っています。さらに立派に育ち、うまい!玉ねぎに!

 

幸せの法則を忘れていたので、、

人間はどうすれば幸せになれるのか?について脳科学・ロボット学者で、科学の立場から幸福について研究を続けてきた前野隆司さんが世界中の幸せに関する研究を調べて、因子分析を行い、4つの要因を満たせば誰もが幸せになれるという事を発見されました。

第1 やってみよう!(自己実現と成長の因子)
大きな目標や日々の目標を持ち、それを実現していくために学習・成長しようとしている人は幸せである。

第2 ありがとう!(繋がりと感謝の因子)
人に感謝して、人のために何かをしたい、誰かを喜ばせたいという気持ちが強く、様々な人と交流を持っている人は幸せである。

第3 なんとかなる!(前向きと楽観の因子)
自己実現や成長、他社との繋がりを育む場合にも、「よし何とかなる!」と、前向きで楽観的にチャレンジしていけることが必要です。

第4 ありのままに!(独立と自分らしさの因子)
周りの目を気にせず、自分らしく生きることが幸せに繋がる事を示しています。

この4つの因子を満たすワークとしてお互いの夢や身近な事で目標にしていることなどを発表しあいシェアするのがいいそうなんです。

なんでこんな話をするかといいますと、17期終了懇親会で私は幸せの法則ができていると思い、4つのうち2つしかみんなの前で言えなかったからです。

なんでこんな話の流れになったかは覚えていませんが、私が今年の行ってきたことはどういう理由でなのか?や成果を話し、来年はこんな事をしたいと思っているなどを話しました。



順番に成果や来年の目標もしくは話したいことを話してもらっていました。

予祝を毎月行っていたメンバーからはとっても良い成果がでました!という話や、子供が勉強しない!どうすれば良いのか?当社を一度辞めて、色んな経験をしてやっぱりこの仕事が良いと思って、ここに戻ってきたというスタッフなどの話まで色々とあり、そこで子供と私で日誌を続けている事や子供の目標を知っているのか?などの話をしていました。

みんな仕事・家庭・友人・お金の事などいろんな問題はあるのかもしれませんが、みんなでシェアする事でお互いの理解が深まりました。

今おもえば、4つの因子を見つめることは、原田メソッドでも考えたりします。原田メソッドも月に2回、希望者のみで勉強会を行っています。

それとひょんなことから自分が掲げた目標が自己成長がともない、会社に利益がでるのかシュミレーションもして達成すれば、台湾か韓国に旅行に行こうという話になりました。とっても活き活きした顔をみんながしていました。

来年の今の時期にどうなっているのか?が楽しみです。今年の締めくくりとして本当に嬉しい懇親会でした。


今年初の白菜、大根・かぶらなども収穫できした。

ミャンマーのスタッフに会いに 2

ミャンマーメンバーとお昼だけでなく、ミャンマーを案内してもらいました。ヤンゴン川を超えて3つの寺院に行きました。なかでも30匹ほどのヘビがいる寺院はびっくりでした。


そこでは、メンバーが蛇の上にお金を置いたり、鯉の為にエサを買ったりしていたので、どうしてするのか?を聞くと、それが当たり前だそうなんです。寺院に行ったら全てのものに感謝し、寄付やエサをあげる事をするそうなんです。

例えば寺院で困っている年配の方を見て寄付をする事も他の方は行なっていたみたいです。

なぜなのか?

それは働けそうにないので、お金があったので渡したとの事です。知っている人であればわかりますが、知らない人にもそのような事をするのです。

あとは人がいくらの給料をもらっているのかも気にならないとの事。それも絶対に口外してはいけないというルールがあるので、守っているのです。

約束を守っているのと、他の人が給料が高くても気にならないそうなんです。

もらった給料も2割~3割もしくは全額を親に渡すというメンバーもいてるのです。家族の為に顔晴るなのです。



食事の後は、市場に行き、そしてゲンキーという日本人が経営し、視覚障害者が行うマッサージにみんなで行きました。

みんな初めての経験だったみたいです。一緒に行動し、考え方や優しさや前向きさがわかりとても楽しくて思い出に残る旅でした。

帰るときには、すでに日本にきてる二人のメンバーへのプレゼントと、私にもミャンマー人がはくシャンパンツやヤンゴンでは売っていないお菓子などのプレゼントを用意してくれていて、どうしてくれるんだろう?と思い、とても嬉しい気持ちになりました。

今度会う日まではもっと社長に上手く日本語を話せるように顔晴ります!」と、もう一生懸命で泣けてきます。

また一緒に旅をしたい!それとこれからも一緒にやっていきたい!そんな思いが増え、また仕事での活力が増えました。

 

ミャンマーのスタッフに会いに

ミャンマーではお坊さんが朝の7時半頃歩いていました。そこで子供から大人の方が町で順番にご飯を分けてもらっているのです。

初めてみる光景です。ここの国では持っている物を分け与えるという考えなのです。

7割~8割の方が仏教の方で仕事が終わってからもお寺に行くそうなんです。

18時頃にシュエダゴン・パゴダ寺院に行けば月曜日に関わらずとても多くの方がいました。



生年月日により、曜日の場所に行き、年齢分まで水をかけるのです。ちなみに私は日曜日でした。



一周するのにとても広い場所です。

翌日、業務を行なってもらっている会社に行きました。若者ばかりで、平均年齢24才ぐらいで大学をでて、ほぼみんなが日本語も話すことができるのです。とても優秀です。

しかもあまりしゃべらず黙々と仕事をしているのです。2週間ほど前に研修生できた二人と同じなのです。

てっきり真面目で優秀な方だけが来てくれたのかと思いましたが、みんなそうらしんです。

私はどうして会社をしているのか?どういう思いなのか?を業務に携わってくれているメンバーに話しをしました。

ミャンマーのメンバーはいつも行なっている事で、仕事がおわり家に帰ると15分ほど1日の事で悔い改める事を行なっているそうなんです。それが習慣だそうです。

しかもご飯は私が口をつけないと、食べないですし、飲み物から食べ物までなくなればすぐに心配してくれて入れてくれるのです。とても気がききます。

今までは他のメンバーが仕事のやりとりをしてましたがとても親近感がわきました。



明日はメンバーで昼御飯に行く予定です。異国の地でこのように仕事を任せているのも何かのご縁で来れた事にも感謝ですし、新たな可能性も発見できてとてもありがたい旅です。