うつぶせでお尻をユラユラするだけで良くなる

きららリハビリ訪問看護ステーションの理学療法士より手術後に疼痛(とうつう)があり、その痛みが良くなったという事を聞き、どうやったの?と聞くと、「うつぶせで治しなさい」という本をお貸しして、それも実践してもらいました!と聞いたので、家でもできる簡単な方法に興味がありましたので読んでみました。

何をするかというと、うつぶせになり、骨盤を中心に、金魚になったイメージでお尻を左右にユラユラ動かすことです。

どうして痛みがとれるのかというと、痛みを感じるメカニズムとして、体の組織や器官は膜組織に包まれて形作られているので、第二の骨格とも呼ばれている膜組織が関係するとの事です。

その膜組織の上に、痛みを刺激として受け取るレセプター(受容器)が無数に点在していて、レセプターで受けとった刺激は脳に送られ、初めて痛い!と痛みを認識するのです。

そこでうつぶせでユラユラする事により、脳幹(生命維持にとても重要な中枢部位)にいい刺激が送られ、その情報は再び脊髄におりてきて、インナーマッスルが動員され、内側の筋肉が働くことで腹圧が上がり、横隔膜の動きも改善され、膜組織のねじれ、こわばりが解きほどかれて痛みが治るという仕組みなのです。

脳幹の働きを良くすると、セロトニンで痛みをブロックする事ができるそうなのですが、そのセロトニンを活性させるオキシトシンは皮膚と皮膚が接触するスキンシップを通じて分泌されるそうなんです。

前に「腰痛はストレスも原因?」で書いた時より、この本を読むことにより、膜組織と一緒に硬くなってしまった神経や、圧迫により血流が阻害されてしまった血管などが痛みを引き起こす原因でもある事がわかり、視野が広くなった感じです。

スタッフの理学療法士がこの著者の理学療法士の舟波先生からバイニーアプローチを学ぶことにより、身体と脳の相互作用を学ぶことができ、既成概念にとらわれない新たな知見を生み、患者様・ご利用者様により良いサービスを提供できる糸口となりたいと言った意味が理解できました。

人とのご縁や出来事などは本当に意味があるもんだと思えました。



痛みはうつぶせで治しなさい: 腰痛、ひざ痛、肩こりのない長持ちするからだをつくるには
 

バイニーアプローチを学んだ理学療法士がいる統合医療サポートチームきららリハビリ訪問看護ステーションのサイトはこちら

 

私が行う氣功整体のサイトはこちら

 

今日の朝礼

今年で畑を初めて10年目になりますが、今までで初めて白菜が収穫できてない状態です。年々、作る量を減らしているのもあるかもしれませんが、定植してから台風があったり、定植してから葉を食べられて、定植しなおしたりと例年と同じことをしていました。

定植する数が100個であれば、種まきはその倍以上行います。畝に種まきをしたり、ポットに種まきをしてある程度育ってから定植などの方法をとっています。

これだけしても出来なかった!
台風がきたせいだ!
ついてないからだ!
異常気象だからだ!

と思う事もありますが、私の目的は、家族に旬の野菜を食べてもらい、健康をサポートする事です。目的が達成できていないのです。達成するにはどうすればよいのか?を考えさせてもらうきっかけです。

今までに種も固定種が体に良いからと思い、固定種にこだわったこともありました。
EM菌を使ったり、アートテン農法、無肥料農法、色んな事を試して、健康に良い物にこだわり続ける事が一番と考えていました。

無農薬・無化学肥料にはこだわっているので、他で食べてもらうよりかはまちがいなく健康には良いと思いましたので、家族が食べてくれる野菜を作ろうに変わりました。

玉ねぎもなるべく長く貯蔵ができる品種を選んでいます。玉ねぎは辛みが気になると思い、米ぬかをまくと、玉ねぎには辛みがなくなり、生でも食べれる!とっても甘いなどの声を頂けるようにもなりました。EMペレットでも同じようなことを体験しましたが、なんせコストが高い。米ぬかであれば無料です。

玉ねぎも8000個定植が完了しましたが、何度も定植のしなおしをしながら、米ぬかも先週全部にまき終わりました。


玉ねぎに米ぬか

 

米ぬかをまく際には、どれだけのスピードでどれだけの数をまけたかを時計を見てチェックし、次はさらにもっとスピードをあげてまけるように時間を設定し、出来たら一人で喜ぶような感じです。


にんにくに米ぬか

 

それと、「愛しています。ありがとう」を心で唱えるようにしています。人は毎日、良い事も悪い事も潜在意識にインプットされるそうなので、何も考えてないときや人と接する前、野菜を育てる時なども意識できるように心がけています

小さな目標でもできれば達成感を味わえますし、自己鍛錬している実感がわきます。それで出来なければ人のせいにすることなく、自己鍛錬及び方向性を見直す良い機会と思い、自己責任と思えるようになれました。

自己責任と考える人、考えない人の違いは?をテーマに書いた内容と全く違うアプローチで25分朝礼で話しました。朝礼がきっかけで自己鍛錬と自己責任と思える最近の事を書いてみました。

朝礼は9時25分から行います。当社ではその方が都合の良い時間に来てもらうので8時半に出社しているスタッフもいています。多くが9時半出社です。今はその日の当番制で順番に「連携」をキーワードに話してもらっています。前は「自己啓発」でした。

今日は当番のスタッフが休んだので私が代役でした。連携プレーです。「連携」についてスタッフの織田がとってもすばらしい発表をしたのでリンクを貼っときます。

スタッフが話した「連携」について詳しくはこちら

 

立場によって違う見解

統合失調症と聞けばどう思いますか?私は、心の病気はなんでも統合失調症と病名がつき、薬による治療で幻覚・幻聴などがあれば抑えて、いつまでも治るのが困難だと思っていました。

 

そのため、腸内環境もみつめ「幸せ物質」と呼ばれているセロトニンやドーパミンといった神経伝達物質を増やすような食生活をお勧めしていました。

 

『カイチュウ博士の「腸の不思議」講座「幸せ」は腸から始まる!』にはセロトニンやドーパミンなどの脳内にある神経伝達物質が、気分や感情をコントロールし幸せ感ややる気などをおこさせることに関わっているが、腸内環境がよくないとこれらの物質は作られないことがさらに詳しくかかれています。以下、一部抜粋してます。

 

抜粋ここから・・・・・・・・・・・・・・

「幸せ物質」は脳にあるのですが、これを作っている工場は、実は腸の中にあります。セロトニンは食物の中に含まれるトリプトファンという必須アミノ酸を摂らない限り、体内では合成することはできません。

 

また、ドーパミンも同様に必須アミノ酸のフェニルアラニンがないと合成できないのです。しかもこれらのアミノ酸を多く含む食材をたくさん食べても、腸内細菌がいない状態ではセロトニンやドーパミンが増えないことが研究で分かってきました。

 

セロトニンやドーパミンを合成する際には、ビタミンM(葉酸)やビタミンB6などが必要です。これらのビタミン類を腸内細菌が作っているのです。そればかりか、腸内で合成されたセロトニンやドーパミンの前駆体は腸内細菌がいないと脳におくれないのです

 

・・・ここまで・・・・・・・・・・・

このような記事を社内で共有していたので、食生活も大事と思っていました。他にもしっくりいく肯定的なとらえ方の練習になるサイモントン療法なども、、

 

私の友達は今まで元気だった様子が急変して病気と診断され、幻聴・自殺願望などもあり薬を飲みながら治療を行っていました。

 

今まで元気だったのがなぜ?

 

ひとつはお金の心配と仕事が続かない・対人の心配で追い込まれていたと感じました。
病気と認定されると、お金の補助が定期的に出る事も初めて知りました。その事については家計の収入としてとても安心していた様子でもありました。病気になる理由はそれか?と疑ったこともありました。

 

だが今では、仕事も一カ所で長続きして、最高記録を更新中。家族とも上手くいっているみたいです。

 

なんでこんな事を書いたかというと、
今年から始めた きららリハビリ訪問看護のスタッフ(看護師・保健師)と話したのがきっかけです。

 

統合失調症の方の話はまず聞く。傾聴し、信頼・安心してもらえるまでよく聞く。
そして、相手の話を聞きながらしぐさや態度を観察して、ここだというしぐさや態度をのがさないように本当に興味があるかを理解し、絶妙なタイミングを見て話しかける。

 

あたりまえの事と思うかもしれませんが、とっても関係が良くなること・役に立てることを楽しんでいます。統合失調症や精神で悩んでいるご利用者さんの力になれるように毎週定期的に訪問して関わっています。どんな変化があったかを記録し関わります。私は精神の訪問看護はご利用者さんの心の扉をあけていくにはとっても良いと思いました。

 

ご自宅にもお伺いしますし第3者が入る事で客観的に物事が見れて、家族の関係がうまくいくサポートができる可能性もあります。

 

スタッフからすると統合失調症は病気であり、薬によってもコントロールもするものだとも思ってもいます。

 

職種によっては立場が全然違うのでもちろん関わり方が全く違います。

 

自然食品などを販売している私は、極力薬を使わない自然な物をとったり、できる限りで自己免疫力を高めたり、できる限り肯定的にとらえれる生き方をお勧めします。
訪問看護のスタッフは、少しづつ心を開いてもらえるように努力し、関りをもって役立てるように努力します。
医者は、診察して薬をだしてくれます。(まだ色々としてると思いますが簡単に書いています。)


4か月ぐらい発酵させた土に9.26日ごろに播種した玉ねぎ


6か月ぐらい発酵させた土に10月中旬に播種した玉ねぎ。土の中も腸内も微生物だらけ。微生物がすみやすければ生命力が変わるのかもしれません。

 

いまの状態より良くなったり、幸せに近づける方法は、いくらでもあるので、まずはどんな方法が自分にしっくりくるのか?から考えて取り組んで頂けたらと思いました。

立場が違う者でも、その方の幸せを考え、同じ目的に向かって支えれる統合医療チームを作りたく訪問看護を始めました。

 

私自身も今年一年、自力運動療法や氣功を勉強してきましたので、少しでも実践できるような社内体制を整え、お役に立てれるように磨いていけたらと思います。来年は商工会議所が応援してくれる「みのおのまち商学校まちゼミ」にも参加します。箕面市に無料配布していただける予定です。ありがたいです。

統合医療サポートチームきららリハビリ訪問看護ステーションのサイトはこちら

 

予祝3

3回目の予祝にはスタッフ1人が加わり、叶えたい事を語ってもらいました。
聞いてみると意外な事ばかり。しかも本人は多い時には趣味の為に、月4回は
大阪から東京へ行きます。ほぼ毎月のように趣味で行くのです。

 

この趣味に対する情熱がすごい!
叶えたい仕事は、今やってもらっているお客様との健康についてのカウンセリングとは全く関係がない仕事なのです。

 

どうしてうちで働いているのか?と聞くと、働きやすいからとの事。
そのなかには休みやすい!という理由もあります。休んでも私自身、何も言わないですし、周りも休むことに対して、仕事は大変になりますが、何も言いません。逆にみんながどんなんだった?楽しんだ?という感覚です。

 

会社のスタッフは年齢の幅があり、10歳代~60歳代まででバラバラで、出勤日もその方が働ける時に出社してもらうという感じです。

 

この文章だけであれば、みんな好き放題していると思われるかもしれませんが、システム異常があった時や業務がまわらなかった時には、遅くまで残ってくれたり、いったん家事仕事をしてまた出勤してくれたり、何も言わなくても夜食を買ってきてくれたりなどで、とても恵まれたメンバーと仕事が出来ています。

 

自由の中にもみんなの責任感は強いと思っています。

 

予祝をしていると、15~17年前に通っていたLMP経営塾を思い出しました。ノートに目標を書き、週間目標、1日の行動目標などを書き、グループに分かれて進捗状況を発表しあい、そのグループで一緒になった経営者の方からアドバイスや意見を聞くという流れでした。

 

そして、その会が終えると、懇親会があったりとそんな過ごし方をしていました。

 

会社の目標達成の為にではなく、その人が人生の目標を達成するために応援する!になったのが予祝であり、おんなじ感じなんです。

 

予祝の延長として11月14日の日記「3つのうれしかった事」で書きましたが、娘は大縄跳びを3分間で350回としていました。1回も飛べたことがなかった数字でした。

 

あれから1か月後、12月9日の土曜日に箕面市の小学校で競い合う大縄跳び大会がありました。なんと3分間で360回ノーミスで飛んだのです。飛び終わった後の笑顔もよく、やった!という感じです。



その結果、同じ学年の部で6チーム中1位になりました。
目標以上の成果をだし優勝です。こっちまで嬉しくなります。

 

このような結果になったのも毎日練習した成果ですし、先生の支えもあったからだと思っています。先生は、1位になると懇談会でも話してたそうです。生徒を信じてました。イメージが出来ていたのかもしれません。

 

いかにして関わるのか?いかに目標をもって取り組むのか?

 

予祝で前もって達成した時の事を思い喜びあい、達成して喜び合う!そんな事が増えていったらいいな!と思っています。



 

 

もう無理だろうなーという気持ちが2回目の予祝で

第2回目の予祝を先月末に行いました。1回目ではやりたい事ややってみたい事などをいつまでに理想を叶えたいのかも決め、みんなで共有しました。

2回目は、その進捗状況と新たにやりたい事などがあれば発表するという流れで、食べながら飲みながら行いました。

スタッフの中でプレゼン用の資料まで持ってきて、発表してくれたスタッフがいました。

発表を聞いていると、お金を使わないようにする為の工夫は分かったのですが、果たしてその使わないという発想より、やりたい事・好きな事をやってお金が少しでももらえたら嬉しいなーと思う事はないのか?などを聞いていると、「今のプレゼン資料は忘れてください!」となりました。

「学生時代に好きでやっていた事で、今はもう無理だろうなーという事がありました!」と、そこからは聞いているだけで、「それいいやん!○○さんだったらできる!」と応援したくなりました。

内容は、今の仕事とは全く関係はありませんが、予祝の目的はスタッフ同士で本当にやりたい事、夢、目標なども語りあい、みんなで応援し、支えあう事なのでOKなのです。

1人で考えると、どうしても今までの癖で自分の中の枠組みの中で考えてしまう事が多いのかもしれません。

本当にやりたい事は何か?
何のために生き、何のために仕事をするのか?
実現するためにはどうすれば良いのか?

などみんなにシェアーする事でしゃべりながらふと浮かんでくる事やツッコまれて気付く事もあるなーと思いました。

私も仕事以外でざっくばらんにもっと話がしたい!とスタッフが言ってくれたので、コミュニケーションやお互いに切磋琢磨できる場として、これからも「予祝」は毎月やる事にしました。

それと、社内で朝の3分間スピーチでなりたい理想像・目標・やりたい事・自己啓発になった事・身に起こった出来事に対して思ったことなど、思ってることを話す取り組みを来週からはじめることにしました。

目的は、みんなと共有してお互いを知り、学びあう為です。その延長が予祝の会でもあります。私は、「開運の言霊」をみんなで3日間読んで気付いたことを話した延長で急遽3分間スピーチをする事を決めました。

「開運の言霊」を読むにも宗教?読むのイヤです!長い!いきなり感情をこめて読めない!など色んな意見がありましたが、それはすべてそのような状況・環境を作ったのは私のせい。そんな出来事もあり、改めて今の現状が把握できました。


予祝メンバー 左から2番目 坂井

ちょとでも前に進んでいけたらと思います。