見ようとするきっかけ

月曜日で幼稚園児のジャガイモ掘りが終わりました。計670人ほどが来てくれました。最終日は3歳の子供達です。自分達で掘るのではなく、先生や手伝いに来ている母親の方達が掘り、それを子供が集めて箱に入れるのです。掘るのが楽しみだと思ったのですが、集めるだけでもとっても楽しそうです。



だが中には、もっとじゃがいもを見つけたいという子もいて、取り損なっている場所を教えると素手ですぐにつかみに行く子、採りたくても他の子にゆずる子、目の前にジャガイモがあるのに気付かない・わからない子など様々です。



社内のスタッフと食事に行った時に枝豆の殻入れをあさっていたらそこには枝豆はないですという事でしたが、探すと食べてない実が入っているのがあるのです。それを見たスタッフが人の食べたものが入っているので危ないと言って私が取ったものを取り上げて、実のあるものを用意してくれたのです。

ないと人に聞いたらないと思い込み、探さずにいるのか、なんかおかしいと思い探そうとするのか、何かあるのではと思い探すのか、人の口にしたものがコロナの影響もあり危ないと思うのか、危なくないと思うのは日頃からどれだけ健康でいるための取り組みを行っているのかなど本人に動機を聞かないとわかりません。

他にも私が人に対してよく忘れると言えば、私に対して良く忘れてますよという返しがあった時にまったく認識が違うと思いました。仕事・タスク・依頼について忘れていると思っていても、相手は言っている事が変わる・忘れるという認識であったりするのです。

食事の席でも好きな所に座る場合でも何も考えずに空いている所に座る人、普段から話さないからあえて近くに行く方、話慣れている方の近くに行く方など

観察によってある程度の事は見てわかりますが、人の考えや想いを知ろうとしないとその人の本質・信念は見えにくいものです。

仕事だけでなく、人とのコミュニケーション、人との付き合いによって、自分の知らない事や考えに触れて、その人の信念を理解し、どうしたら人間性も磨かれるのか?も考えながら仕事に取り組めるような時間を持ってもらうようなバランスも大事だと思いました。



土曜日・日曜日と妻のご両親・子供達に手伝ってもらいながらあわせて3000本ほど玉ねぎを定植できました。今の時点で計7500本ほどになりました。今年は倍の15000本を定植したいと思っています。



近くの畑ではマルチをせずにたまねぎ移植機を使っています。玉ねぎは今から5月~6月ぐらいまで収穫できません。どんな方法で雑草を除去するのでしょう。見た目の玉ねぎは一緒ですが、作り手によってその玉ねぎの中身がごろっと変わります。

目に見えない所でも手を抜かず、信念を貫きやり続けたいと思っています。

ロハスフェスタ万博で出店してます

11月6日~11月8日まで吹田市の万博記念公園内でロハスフェスタが行われています。「LOHAS(ロハス)」とは、心身の健康、持続可能な社会や地球環境を大切に考え、心豊かに暮らす生活スタイルという考えらしく、ロハスフェスタのテーマは、「みんなの小さなエコを大きなコエに」。かけがえのないものを大切にする事だそうです。



私達の自家菜園では、箕面ビールで役目をはたした麦かすや精米所にある米ぬか、タヒボ茶の工場に行き、タヒボ茶の茶殻など捨てられるものにもとても栄養価があるものも使って土に混ぜ、無農薬・無化学肥料・除草剤不使用で野菜を育てています。

そこで出来た玉葱を使って玉ねぎドレッシング、玉ねぎとジャガイモのポタージュ、玉ねぎ味噌ゆず納豆などをはじめ、タヒボ茶・バイオノーマライザー・酵素飲料などをロハスフェスタ万博で販売しています。



そして、本日まででしたが訪問鍼灸マッサージきらら健康サポート治療院の宮下が体験会なども行っていました。



子供達は待ちに待った運動会でしたが、雨によって中止になりました。今までに朝6時半から近所の子供と一緒に公園で練習してきました。振替で徒競走はもうありません。

ロハスフェスタが始まる9時半頃は雨がやんでいました。私は、朝から箕面ビールさんにお伺いし、麦かすを畑に運んだり、耕したり、種をまいたり、来年の玉ねぎの準備やジャガイモの雑草抜きなど畑作業を行っていました。



それぞれがいま出来る事を行い、明日はロハスフェスタ万博の最終日をむかえます。是非とも北摂地ヂカラフェスタエリアのS30番で出店していますので、是非とものぞいて頂けたらと思います。

日本一の玉ねぎで使った玉ねぎドレッシング・ポタージュ・について詳しくはこちら 

チョーこだわった玉ねぎみそについて詳しくはこちら

思わぬことになってきた

野菜などにかけるためのフライドオニオンやポテトチップスみたいなお菓子で食べれるオニオンチップスなどを加工会社に試作をお願いしています。去年も試作でオニオンチップスをお願いした所です。

玉ねぎをココナッツオイルであげてもらい、麦芽糖などの甘みを一切混ぜなくても十分に玉ねぎの甘みが出ている試作品でしたが、フライドオニオンまでの細かく出来る機械がないという事で、断念していたのですが、1年前に作ったオニオンチップスは今でも食べれますし、スタッフの一人がこれは売れるよ!美味しいと!何度も言う事もあり、まったく食感が変わる事がなく美味しかったので、他社が作っているオニオンチップスも買ってみて試食もしてみました。

そこでこの商品なら他社より美味しいと思ったので、もう一度、フライドオニオンを作る事ができないのか?もあわせて聞いてみると、フライドオニオンが出来る機械も導入され、やってみますという事になったのです。

そして嬉しい事に、玉ねぎが美味しいので、店頭で販売をしたいという事で注文まで頂けました。オニオンチップスがきっかけで、玉葱を楽しめる加工品のアイテムが増える可能性が出てきました。

1年前に問い合わせたところ、箕面市の山がタイミングよく売りに出たという事で去年の5月ぐらいから、いつになったら買えるのか?と、何度も電話したりしてましたが、まだ先方の都合で難しいとの事でした。そこで、一向に進まないので、その業者が奈良の別の場所も紹介しますとの事で、そこは売りに出していないが、ご迷惑をかけているので気に入れば売りますとの話になりました。

どうも山ではないみたいですが、とても立派な庭であり、そこに枇杷の木やキウイの木があるとの事。ニホンミツバチが住める環境を作るために山の購入を考えていたので、そのような場所であれば良いのですが、お勧めという事なので来週に見に行くことにしました。

毎年行っている幼稚園児の玉ねぎ採りも6月から登校がはじまり、どうなるのかわかりませんが、なるべく行きたいですという話を幼稚園から頂きました。今回、幼稚園用のタマネギだけ、買った苗で行っているのです。種まき後に育った苗が足らなかったという事もあり、淡路島の玉ねぎでも使われている品種「もみじ」を取り入れてみました。

このタマネギだけ茎が倒れていないので、まだ収穫時期でないのです。


左半分が従来から育てている品種で右側が玉ねぎもみじという品種

幼稚園の要望も6月中旬から7月にかけて行きたいという事でしたので、ちょうどタイミングがあえば良いのですが、思わぬ偶然で救われるかもしれないので、何がどうかみ合うのかわからないなーと思いました。

タマネギは本日も100キロほど収穫できましたので、玉ねぎドレッシングをお買い上げの方には、先週から玉ねぎを1つプレゼントしていましたが、引き続き玉ねぎをプレゼントさせてもらいます。ドレッシングも今年も作りますし、他の玉ねぎドレッシングも何本か試してみましたが、やっぱり私達のドレッシングが一番うまいのです。

これ以上おいしい玉ねぎドレッシングがあれば是非とも教えてほしいぐらいです。

何事も意味があり、その時の選択が思わぬことになってきたと感じた1週間でした。

日本一こだわったた玉ねぎでの玉ねぎドレッシングはこちら

やりきるって

荷物の配送の遅延があるので22日までに通常出荷できるようにする。というのが目標でした。全員でのりきるためにここを踏ん張ってできる限り手伝ってほしい。という事で梱包チームに伝えてという事を話すと、やれる事はやりました。「社長から言えば違うと思います。」という報告を2度受け2回同じ話をしました。

誰が言おうと言葉は同じです。だが熱意・思いなどで伝わり方は当然違います。それも踏まえて課題をのりきるために何度も伝えたのか?努力したのか?

私は聞いた教えの中に営業で7回断られても8回目で誓約する。というのが頭の中にあります。何が言いたいかというと諦めずに何度も挑戦したのか?という事です。情熱や熱意、やりきる気持ちがあれば何度でも挑戦できます。

荷物の出荷準備も24時を超える事もありましたが、なんとか全員で協力し合い通常に戻す事ができました。ただ、メーカー及び仕入れ先の遅延はまだあるので、お届けまでに時間はかかったり輸入品は長期欠品、商品によって人手不足で製造が追いつかないという事で6月中に入荷する商品もあります。

土曜日は畑仕事で箕面ビールさんに行き、麦かすを分けて頂き、畝に麦かすをまき耕します。そして、スイカの畝にトウモロコシを定植したり、ゴーヤ・冬瓜(とうがん)、かぼちゃ、オクラ・トマト・ナスも種から育てたものを定植しました。



その後、雑草が生えている畝を耕したり、農道の穴ぼこを埋めたりして補修を行ったり、畑の周りの雑草を草刈り機でだんだん暗くて見えにくくなってきましたが、草刈りをやり終えました。時計をみると19時45分で10時間ほどの農作業です。550坪ほどの畑ですので、夏場は雨が続くと雑草がはえ、思わぬ畑仕事が多くなるのです。

その後、家では子供は寝るまでに決めた数の漢字を覚えるために、眠たいのと覚えれないのとでぐずぐず言いながら漢字を音読み・訓読みをやりきり寝ました。娘は24時まで決めた課題の勉強がかかるらしいので、どうやったら時間内にできるようになるのか?を日誌でやりとりしています。やりきる、何のためにやるのか?も徐々にですがわかってきたのかもしれません。

どんな事も時間はかかりますが、しっかりと観察し必要な時にはわかるように目は離さず、見守りながら対応できたらと考えています。


玉ねぎチップスの試作品のために玉ねぎ採りを1時間ほど息子に手伝ってもらいました。

今いる環境に目を向ける

京都の天橋立の近くでグランピングができる所があります。そこでは、テントが2つ並んでいて、人数によっても大きさが違うテントもありますし、中にはエアコンもあり、ベッドもあります。しかもテントからは宮津湾が見れます。



テントの横には個別のバーベキューできる部屋・トイレ・浴室・洗い場があり、他の人と触れないようになっています。受付近くでは、焚火でマシュマロを少し焼いて食べれるサービスまであります。

店内は、カラフルなイルミネーションでインスタ映えするようなスペースもあります。しかも車で少し行ったところにもあるらしく、何か所も展開してるみたいです。もともとはスーパーマーケット経営から始まったそうで、このグランピングの場所から5分ぐらいの所にスーパーがありました。

今では旅館・グランピング・リゾート開発などを行ったりして、他府県から人を呼ぶ仕組みを作る事でスーパーや地元がうるおったり、活性化する仕組みを作っているのがすごい!と思いました。展開しているグランピングはどこも特徴がある事もうかがえます。

いかに強みや人に喜んでもらうにはどうしたら良いのか?を理解しないとこんな展開はできないだろうなーと思いました。

私達は人の健康をサポートできたらという事でタヒボ茶の販売をはじめて、自然食品及び手当用品も扱いだし、通販をはじめて19年目で別会社の訪問看護を始めて4年目になります。今後の事業展開を訪問看護事業の管理者と主任とで話し合いました。

今いるメンバーの待遇改善を年間30万~50万アップするにはどうしたらよいのか?経費を考えた目標数値ややりたい事をしたらどのような役に立てれるのか?をざっくばらんに話しました。

今いるメンバーはご利用者の期待に応えていき、ようやくこのような話ができるまでになったのです。期待に応える事はサービスの向上にもなり、ご利用者も増えますし、その貢献度で私達はご利用者の方からお金を頂いています。

これからもどんな状況でも乗り越えれるようにONE TEAM(ワンチーム)を目指し一歩ずつ進んでいけたらと思っています。


幼稚園の体験農園用の玉ねぎが順調に育っています。