チームでいい結果が、、

箕面市のまちぜみでスタッフの加谷・斎藤にどんな事で健康などでお役に立てれるのか?を考えてもらい、1時間無料で行う講座を今回の町ゼミからデビューしてもらいました。



斎藤の「お母さんはこどもの栄養士」講座では、箕面市のラジオ局が取材に来てくださったり、有料でも良いので来て頂いて講座をしてほしい!とご要望を頂いたり、加谷の「知って得するビワの葉療法」、「しょうが湿布のお手当で腸活!ドリンク付き」講座では、松原市からもわざわざ1時間ぐらいかけて、お客様が来て頂いたり、2つの講座を受けられた方や引き続き有料で行ってほしいというご要望を頂き、とても好評でした。

みなさん、この場所に健康サポート専門店があるとは知らずに、今回の講座で初めてお店がある事を知ったというのです。このまちゼミは箕面市の商工会議所が主催し、折込などで宣伝してくれていたのです。

加谷が講座を行った金曜日には、11時までに玉ねぎドレッシングで使う玉ねぎを136キロ用意しないといけないので、玉ねぎの皮をむき、傷んでいる部分をカットするなどをして、10人ぐらいで約束を守るために、朝8時からや8時半などみんながこれる時間に任せて、みんなで分担して行いました。

このままでは間に合わないと思い、手伝うつもりがなかったのですが、手伝っていた所を珍しいという事で写真に!



なんとか納品ができ、今期作った1万個のタマネギがなくなりました。玉ねぎの為に、朝7時から包丁を研いだスタッフもいましたし、みなさん自主的に考え、時間を計算して頂き、とても助かりました。出来上がるドレッシングが楽しみです。

その日は、2018年11月4日にブログで紹介した掘尾さんからニュースレターの希輝通信(きらら)の事で電話がかかってきました。堀尾さんは脳内出血で左半身麻痺になりましたが独自のやり方でリハビリを行い、5か月後には運転もすることができ、足も手もなに不自由なく動くようになった方です。

私は、去年に宮古島に取材に行き、そのあとリハビリの様子をさらに知るために、広島・兵庫のリハビリを同行させてもらい、その内容の編集をまちゼミを行っている齋藤にしてもらっていましたが、不在でしたので加谷が代わりに、堀尾さんと最終原稿の事で打ち合わせをしていました。

加谷は掘尾さんと話をして、とても良い話(号泣したとの事)が聞けたので、その事もニュースレターに掲載しようという事になりました。

畑では土曜日は一人で行い、雨の後で畑の土が少しぬかるんでいたのもあるのですが、120個しか追加でじゃがいもを掘っては植え付ける事が出来ず、一人よりスタッフと一緒にする方が、あきらかに長い時間植え付けをする事が出来ていました。

お互いがいるだけで顔張りあい、ふんばれる気持ちが無意識に出てきたからかもしれません。みんなでする事により、それぞれが出来る事を考え、分担し、協力し合い、お互いの個性が相乗効果となり、良い結果につながったんだと思いました。少しづつですが、良い方向に向かっています。

グループホームの運営の為にサービス管理責任者も紹介してもらい、とても人の力になりたい!笑わせたい!という思いのある方だったので、19時面接でいつの間にか21時40分ぐらいまで話をしていました。お互いが今までの想いをはなし、あっという間に時間が経過したという感じです。まだどうなるか返事はないですが、、、

通常の出勤時間より早く出勤!残業!は約束と違うなど、自分の時間を優先に考えるメンバーであったら玉ねぎドレッシングやニュースレター希輝通信、自然食品の通販などを良いものにするのはとても困難であったと思います。

みんなの少しでも役に立てればという想いのおかげで、良い成果をだせるようになってきました。これからもあたりまえでなく、感謝の気持ちを持ちながら自分の役割をしっかりと行おうと思いました。

2018年11月4日に紹介した掘尾さん「左半身麻痺から歩けるようなった考え方」の内容はこちら

ニュースレターの希輝通信(きらら)とは

それぞれの責任感

私達が作った玉ねぎを粉末加工をして頂くために、玉ねぎの皮と玉ねぎを送りました。だが、その玉ねぎを保管ミスで使えなったとご連絡を頂き、代わりの商品を送るという事で待っていました。すると、その中に、私達が作った玉ねぎで依頼したままの加工賃がそのまま記載されていたのです。

私はどういうことか?加工会社の社長に連絡をしました。
すると、「お話ししたとおりの工賃を請求させて頂いた!」と、それは私達の玉ねぎの加工をして頂いた場合であって、まったく違う玉ねぎの乾燥粉末と輪切りが届いたのです。私は、加工会社のミスだったのでてっきりお詫びで無料でサンプルが届くと思っていました。だが、違ったのです。

玉ねぎを作るのに8か月ほどかかります。そして、その玉ねぎを作るまでに、土作りから、雑草取り、米ぬかをまくなど、色々な手間もかけています。

だが、「加工会社の社長は、経費は請求させていただきます。」との事。

経営者として経費を回収する気持ちと責任、相手の商品を無駄にし、申し訳ない気持ちを持つ責任感。自分の会社のミスによって全く違った商品に対して、お金をとるのかを聞いて、相手の言い値をお支払いしました。

私達が作った玉ねぎの粉末と、せっかくなので、その会社が送りつけてきた他社の玉葱粉末を食べ比べてみました。すると、食べてすぐわかります。全く味が違うのです。私達のタマネギはとても甘く辛みが全くないのです。だが、他社のは後から辛みがくるのです。

私達が作った玉ねぎ粉末を違う加工会社にも頼んでいました。そこのタマネギ粉末は茶色っぽいです。それは、水分が抜けて、糖度が高いからではないか?というお話です。しかも、今までにこんな色のタマネギ粉末になった事がないとの事です。



他の商品と比べる機会がなかったので、色んな事がわかった良い機会になりました。
今回、他社の玉葱粉末を送ってきた商品は、機械が良いと思ったので、期待していました。だが、こんな事があり、機械以外の会社の姿勢も知る事が出来ました。

スタッフと仕事が終わって夜飯を食べにいきました。
「自分には経験がないので、言われたら挑戦してみます。」という話がありました。
今、経験がない事を経験がある人に聞けるチャンスかは、本人が決める事。もしくは、その人がいなくなってから経験を積めないまま窮地に追い込まれて、手が足りなくなり、経験をするのではまったく違うと伝えました。

他にも、違うスタッフから「時間内に終わってませんが、残したままでも良いですか?」と、聞かれて、意見は言いますが、本人の責任感やどうありたいのか?に任せています。

人にはどこを目指すかによって責任感が違ってくると思っています。
経営者なのか?管理者なのか?右腕なのか?プロフェッショナルなのか?全員が困らないためか?関わる方を喜ばせる為か?自分だけのためか?できる事だけをやり、新たな課題や問題をさけるのか?

結局、そこで相手が満足して、その対価を気持ちよく払ってもらえるのか?お客さんが、取引先が、会社がどう思うのかも考えて頂き、対応をして頂けたらと思います。そこにその人にしかできない思いやりや存在意義があると思っています。

何のためにするのか?で言動が変わるので、相手がいまはどこを見て、どこまでを考えているのかは?話をすればわかります。少しでも分かり合えるように、スタッフ及び業者などと話し合った1週間でした。

玉ねぎドレッシングも、味が決まりました。そして、先週にテストの事を書きましたが、PHIピラテイィスのマット養成コースの試験に合格しました。まだ、体の事が学問レベルでわかった状況ですので、実践しながら深めたいと思います。

初めての伐採

今年の1月19日に内覧をした時点で、数人の内覧者がいて考えている人が3人ほどいてると聞いたので、中身もみないうちから「融資特約なしで、買います!」と事務所の購入を決めた物件の決済がようやく無事に出来ました。

売主さんの諸事情があり、外壁の塗装工事も決済予定日が何度も延期になっていたのですが、決済日も急に決まり、事務所の周りに足場を組むため、カイヅカイブキの木が5~6メートルぐらい伸びていたので、6日以内に伐採しなければならなくなりました。

植木屋にお願いしても急すぎて手配できず、工務店にも声をかけました。植木屋からは間に合わないと連絡があり、誰も手配できず、チェンソーをアマゾンや楽天などのネットショップで調べ、そしてホームセンター2か所に、チェンソーが何円で売っているのか電話で聞き、店に行き、陳列棚に向かうと、 5年前の商品が40%引きぐらいの1万円で売っていました。



逆に電話で最安と聞いた1万7千円程の商品がないので、他にはないかと聞くと、もう一つ違う通路に売っていたのです。

商品の事をわかっていない店員であれば、たくさんある商品の中でお買い得品は、その棚以外には関連商品がないものと決めつけてしまいますし、電話では一番安い商品はいくらと聞いているので、まさか売り場が違うところにあるから誰も気付かないとまでは、想定も出来ませんでした。

チェンソーの使い方は、店員さんに聞き、チェンソー用のオイル・25対1の混合油を買い、伐採しにいきました。その日、たまたまなのですが、隣の敷地は他の会社の駐車場で、車が止まっている事が多かったので、停まっていなかったのす。しかも周りで何人もの年配の方達が、草刈りをしていたのです。

とてもラッキーです。チャンソーの使い方はどうするのかも聞けましたし、木にチェンソーが挟まったので、助けてもらったり、切った木も何センチかにわけて切らないと、軽トラでうまく運べないし、ゴミセンターでは引き取ってくれないと教えてくれました。



伐採したり、ゴミセンターに持っていったり、掃除をしたりして6時間かかりました。最後の最後でチェンソーの刃がとれたりして、細かく裁断できませんでしたが、ゴミセンターには軽トラで3回持っていきました。

工務店からは伐採が終わってから内装工事も含めて見積もりがきて見てみると、1本伐採で10500円(税抜き)で14本なので、158760円(税込み)です。6時間の仕事がこの値段です。

値段の決まっていない仕事はすごい商売をしていると勉強になりました。

自然食品・健康食品の場合は、直接メーカーから仕入れるようにしたいのですが、なかには偶然に取材しに行った方の会社の商品を扱っているケースもありました。取材に行ってからは、その方の熱意も知り、すべて扱いたいと思った商品で、販売をしていると、商社から連絡があり、「何社か確認したのですがどこから仕入れているのか?不義理!」などを言われた取引先もありました。

メンバーと取引先とのやり取りで、すべてメンバーに任していましたが、電話をしてみると、うちのメンバーと取引先の認識違いで、お互いそう聞いてます。言ってます。などがあり、話がかみあっていなかったのです。結局はそれから何もなく終わったのです。

他にも取引会社の中には、直接メーカーと扱わしてほしいと何度も言っても、断る会社もあります。いくら取引量が増えても、何も変わらないのです。逆に間を挟むと、話がややこしくなる事や伝わってこない事はあります。だから取引したいと言ってもダメなのです。

金曜日に社内で勉強会をした時に、「お客様を育てる」というテーマで話をしました。そこで「生活の一部と思ってもらう!その商品がないと困る」などの意見が出ました。私達の方針は何かに依存せずに、私達が発行する希輝通信(きららつうしん)ニュースレターで勉強をしてもらい、体を良くするための商品と思い、買い続ける事から、いつかはそれがなくても健康を保てる術を知り、生活習慣を見直してもらい、自立してもらう事なのです。

そんな話をすると、売り上げが落ちると思うのですが、それで経営は大丈夫なのですか?と、意見がでたので、私達の仕事は、困っている方に光をあらゆる方面からさし、少しでも希望を持ってもらい、そこで体の状態が良くなり、健康になり、商品が必要になくなり、その対応してきた結果で、また紹介してもらえたり、何かあった時に思い出してくれたら良いと伝えたのです。私達の仕事はお客さんが良い方向に自立して進んで行くためのサポートをすれば良いと伝えました。

だが、商売がからむと、なかなか独り立ちを許さず、離さず、囲い込もうとします。

どんな業界にでもしがらみやルールがあります。だが、常にサービス・価格は見直し、選んで頂く事が企業努力ですし、お客さんが病気を克服する事と私達が企業として成長を続けるのと同じと話をして、常に前を向き、問題を改善する為に実行する事が大事と勉強会では伝える事が出来ました。

今週は認識の違いにより、全く違う結果になる事もあり、良い経験が出来ました。しかも偶然に良い事もあり、決済も無事に終わり、きららリハビリ訪問看護の新しい事務所にする予定です。それと、ピラティスを勉強しているので、2階で体のメンテナスや気軽に使ってもらえるトレーニングルームに出来たらと考えています。

私がこのように自分の体のメンテナンスをするようになったのも、癒手道の樋渡先生との出会いがあったおかげです。きらら通信 2019年3月号(第15号)に掲載しています。

癒手道の樋渡先生を掲載した希輝通信(きららつうしん)ニュースレターを無料で配布しています。詳しくはこちら  http://www.gankokuhuku.com/kirara-list.h

氣功整体にご興味を持って頂き、直接お聞きする場合は「きらら通信で見た!」 もしくは「がん克服サポート研究会で見た!」とお伝え頂けたらと思います。

樋渡先生の最新の活動の中で、がんと診断されてクライミング? 崖っぷち人生を救った氣功整体術 悪性リンパ腫から復活した。 その方法とはhttp://itamikaisyou.com/iyashitedou/gan-kokufuku-support/

受講者の感想のページ。坂井も2年半勉強した感想なども掲載されています。
http://itamikaisyou.com/kansou.html

見た目でわからない良さ

玉ねぎを使ったドレッシング、ピクルス、ポタージュのレトルト、ココナッツ油で揚げたオニオンフライなどの試作品が出来上がってきました。どの商品にも防腐剤、添加物などは使用禁止で、オニオンフライ以外にはタヒボを入れてもらいました。

ドレッシングは、黒酢に玉ねぎ比率40%ほど入れてもらい、うまいんですが、「酸味が少し強い、玉ねぎの味をもっと強く、コクが欲しい、続けて使える味に」など、加工会社の方とまじえて話し合いました。

次は、風味と玉ねぎの味をもっと出すためにオニオンソテーを入れてもらい、コクを出すためにある物を追加してもらい、また試作してもらう予定です。自分達でああでもないこうでもないと、製品化する過程が面白いとメンバーと話してました。どんな味になるのか楽しみです。

玉ねぎ関連商品や食品で面白いのものがないのかと、「フードストアソリューションズフェア2019」に行ってみると、加工品が色々とありました。その中でも、無農薬・無化学肥料・除草剤なしの食材を使っているのはわずかです。なかには面白い商品もあったので、取り扱っていく方向で進めていきます。



農家としては、たくさん野菜を作っても、いつまでも貯蔵は出来ません。加工品にすると、旬の素材を活かして違う形でいつでも食べられます。今回、加工会社を調べるに至っては、加工品を売っている会社・農協・市のサポートセンター・機械を販売している所・加工会社に紹介してもらうなど40社ほど聞いてみました。その中で大和当帰の普及をサポートしている会社もありました。

大和当帰(やまととうき)は、根は伝統の生薬として使われて、葉っぱなどは、抗菌作用があり、歯磨き粉や化粧品などにも使われているそうなんです。しかも食用として食べても言いそうなんです。

その当帰は茎が太いのと細いのでは、どちらの根が良いのか?というと、茎が細い方が断然、良いらしいのです。その方は、根粒菌を調べていて、ある目的に向かって実験を繰り返していると言っていました。

何が言いたいかというと、「人に話を聞くときは、常識を捨てて、知っていると思わず、相手から情報を聞き出す」という事があらためて大事だと思いました。知っていると言うと、それ以上は教えてくれませんし、知っていると思うと、それ以上聞き出そうと思いません。

見た目は、表面で判断できますが、中身は話してみないとわかりません。

来年の玉ねぎに向けて、タヒボの茶かすを280キロ引き取りに行きました。往復5時間半、そして畑につくとフレキシブルコンテナバッグにタヒボ茶かすを1輪車にのらなかったので、引きずって小屋に運びました。ちょっとした筋トレです。



麦カスも土曜日に40キロ~60キロぐらいを一輪車に乗せて、50メートルほど先の畝に降ろして、袋をひっくり返して、引っ張って麦を畑にまきます。これを60往復ほどします。そして、トラクターで耕すので、一日の大半が運搬です。この単純作業をしんどい!と思いながら行うのか、歩き方・運び方での足の使い方・足の意識の練習と思ったり、脱力しながら運ぶなど、修練と思えば、自分の身になるので、続けられるのだと思います。

娘のフラダンスの発表会がありました。見てうまい・下手がすぐわかります。何が違うのかというと、感情が入っているのか?入ってないのかの差がとても分かります。人の目を気にして、恥ずかしいや正確性を重視するのか?自分の世界に入って、踊りを追求するのか?もちろんきれや体の使い方もあります。どんな気持ちで練習・修練をしているのか?成果が、結果ですぐに分かります。



見た目がよくてもごまかしはバレますね。

希輝通信を発行する目的

人任せではなく、また受け身ではなく、自分で努力して、色々勉強して、食事に摂り組んだり、考え方を変えたりしている人のことをニュースレターに掲載したいと思ったことが希輝(きらら)通信を発行してきたきっかけです。

なぜなら、健康を勝ち取られた方が実際に行われたことは、希望・勇気・元気の源として参考にもなり、それが励みになったりするからです。

たとえ癌が完治されておられなくても、お医者様に丸投げせず、ご自分でどのようにすれば良くなると思うのか?を試行錯誤して、温熱療法や食事療法などを実践し、よくなりつつある方のお話もとても参考になります。

初めはタヒボ茶のみをお伝えしていましたが、病気に向き合う方や健康を追求する方などのお話を聞いて、視野が広がり、健康を勝ち取るための選択肢は沢山あるのだと考えが変わりました。それ以後、お客様の声に耳を傾けて体験談をお聞きしたり、ご要望に出来るだけお答えしてきた結果、食事法、食材、健康器具、ビワの葉、温灸、書籍、水、薬草など現在の品ぞろえと、温熱療法のほか西洋医学では手がまわらない分野での様々な健康法を知る機会を頂き、提案できるまでになりました。

そのような経緯も踏まえて、今後も健康をサポートする立場で、癌ではなくても病気なって、考え方を根本から変えたり、心身の健康に良いことを実戦されている方の体験談や、医療の現場で治療にあたっておられる医師や指導の立場にある方々を取材して、病気が治ったエピソードや効果があった健康法などを記事にし、価値のある情報の発信をすることを目的としています。

このような希輝通信を発行する目的を、希輝通信が完成した後にも振り返りを行いました。今、編集や取材をすべてメンバーに任せていて、最終確認をした時に、私だったらこう付け加えたり、このような構成にするという事を伝えたかったからです。どのようにすれば目的を達成できるのかを4人でどのような認識でいてるのか?も再確認したかったのです。

話して気付いた事は、些細な心の声や思った事は言わずにいた。
情報のストックを共有できてなくて、点と点をつなぐ事や考えるまで至らなかった。
取材した事でも他団体の事を掲載しなくてよいと思った。などです。

そのような意見に対して、
言いアイデアは、些細な気付きからなので、言わない後悔をしないためにも必ず言う。
情報は、おおまかでも良いので常に共有する。
他団体でも、その場所に行く目的や何が良くて、行っているのか?を掲載する。など
ニュースレターを作るまでの手順やその記事に対してのミーティングをどのタイミングで行うかを話し合いの中から、マニュアルにしてもらい、チェックする手順を作るきっかけにもなりました。

何事も目的から考え、認識をすり合わせて、同じ目的に向かう為の良いきっかけとなったミーティングとなりました。

畑の事ですが。往復400キロかけて、タヒボの茶かすを軽トラの最大積載量350キロ近くを採りに行く予定です。その事を話すと、ウィンカーのライトが切れているのでという事で、私は気にならないし、大丈夫と言っていたのですが、メンバーがなおしに行ってくれました。とてもありがたいです。

息子も、畑では、麦カスを運び、おろした後は、一輪車を一人で麦カスの入った軽トラまで持って行ってくれました。私も喜ばそうと、一輪車に麦カスと一緒に息子をのせて、デコボコ道を進み、かるいデコボコの下り坂もあるので、麦カスと一緒におろすまでがとても楽しかったみたいです。その後、軽トラまで一人で一輪車を押す事が楽しみにもなったみたいです。



お互いが目的を達成するために、今出来る事で力を合わせることができ、協力しあえた1週間でした。


ジャガイモが大きく育っています。小さいのは幼稚園児の体験農園での秋じゃがの種イモとして使います。種芋で100キロほど準備予定。

みんなで力を合わせて、玉ねぎを1万個ほど作りました。今年は一番大きな玉ねぎになりました。辛みがないので、生で玉ねぎを食べれるなど、美味しいと好評です。

無農薬・無化学肥料・畜産堆肥、除草剤不使用 玉ねぎ5kgを個数限定販売中!
https://www.kenkousupport.com/item/0000-01-0092.html

無農薬・無化学肥料・畜産堆肥、除草剤不使用 玉ねぎ10kgを個数限定販売中!
https://www.kenkousupport.com/item/0000-03-0092.html