腸もみ(チョモミ)アイテム

伊藤超短波さんが今週も来てくださったときに腸もみ・腸マッサージが気軽に出来るchomomi(チョモミ)という機械をデモ機として持ってきてくださいました。以前に便秘外来の名医・小林弘幸先生による腸活の一つとして、腸マッサージをテレビで見た事がありましたので面白いと思いました。



このchomomi(チョモミ)は腸もみエステ リープル代表 川村衣里奈さん監修の機械だそうです。使って見るとすごい微弱な振動で、なんとなく動いているなという感覚です。chomomi(チョモミ)をつけながら軽い体操も出来ましたし、はがれ落ちないので、隙間時間を利用して、たった10分間でお腹に貼りつけるだけで腸もみトリートメントが出来るので良いのかもしれません。

腸活と言えば、酵素ドリンクもお勧めです。大高酵素の7日間断食をした後には味覚も敏感になり、途中ですごく頭が痛かったのですが、脳もクリアーになった気分にもなりました。

断食するには飲みやすくて、私が知っている本当に良いものを作りたいと思い、農薬・化学肥料・除草座不使用の玉ねぎから、200年以上の歴史のある発酵製法で生きてる酢酸菌も入った玉ねぎ酢を作ってもらい、そこに200年以上の歴史のある製法で木桶に麹菌が住み着き、その伝統製法で甘酒を作って頂き、さらに野草酵素80種類をブレンドして、あとは調和の観点から波動の良い乳酸菌生産物質も入ってできた希輝(きらら)酵素希輝(きらら)酵素も是非とも飲んでいただけたらと思っています。

酢酸菌・酵母菌・乳酸菌・麹菌+野草を中心とした野菜・果物・海藻などの80種類の厳選された野草類が含まれていて、5社の力が結集した逸品と思っています。

玉ねぎに含まれるケルセチン配糖体は、腸で糖の部分が切られて血中に入り、活性酸素を除去するだけでなく、血管機能の改善や脂質代謝改善など生体に対して様々な生理活性を示すことが報告されています。

玉ねぎドレッシングと希輝(きらら)酵素の取材を先週に受けたのでどのように掲載されるかも楽しみです。

色んな商品に触れながら良い提案が出来たらと思っています。

一人の力が大きな力に

2018年に取材させて頂いた堀尾さんが先月に亡くなった事を知りました。堀尾さんは脳内出血で左半身麻痺になりましたが独自のやり方でリハビリを行い、5か月後には運転もすることができ、足も手もなに不自由なく動くようになったのです。


堀尾憲市著「麻痺は治る」「奇跡の復活」

その経験をもとに脳梗塞や脳出血で体に麻痺などが残ったかたや脳性麻痺、失語症、失調、パーキソン病の方に、堀尾憲市さんが独自開発した 訓練法(堀尾法)を伝えて、改善や良くなる方がいるのです。希望の光でありました。

堀尾さんが脳内出血から復帰し、ボランティアでコツを伝えている時から支えている方にお話を聞くと、その支えている方は堀尾さんと一緒にご自身の家を建てられたり、堀尾さんのやり方を伝えている自己治癒力研究所のホームページもボランティアで作ったりして、一人でも多くの方に伝えるために活動をされていたのです。

その自己治癒力研究所に生まれてすぐに脳出血になった20歳の方についてのエピソードの中で初日から驚くような事ばかりでマー君は”重度の障害で歩くことが困難な子”という見方から”無限の可能性を秘めた青年”とい見方に変えただけなのです。という記事も書かれている方です。見方の違う堀尾さんが伝えるだけで1日目から出来る、動くというような事があったそうなのです。

その青年が絵に興味を持ち、ちょうどその方も絵を描いているので持って行った時に、偶然の出会いによってまた新たな道筋がはっきりした事を教えくれました。どこからきっかけや才能・能力が開花されるのか?すごいご縁だと思いました。

その方は能登半島地震の事でも、とても熱心に動かれていました。私もその記事をみて、何かできればと思い、お米が必要とお聞きしたので少しですが送らさせてもらいました。

堀尾さんの事を支えている方とやりとりしていた時に乳がんではないかと言われた友達が「私は世の中の役に立つ事ができない」と思っていたと言うので、堀尾さんの事、自己治癒力研究所の事、地震でのお米の活動の事などを含めて、一人の発信で、協力者があらわれ、そしていずれかその輪が広がり、大きな力になるような事を伝えると、少しほっとされていました。

一人一人の力は小さいとかでなく、想い・気持ちが伝われば賛同してくれる方、それを必要とする方にいずれかは届くと思いました。一人の力が大きな力に、堀尾さんの周りにも本当に素晴らしい方はいて、形にしてくれているので是非とも脳は再生するという事を信じて、体が良くなっていくいろんな可能性がある事を知ってもらいたいと思います。

自己治癒力研究所のホームページはこちら
https://hashirasenbon.blogspot.com/

石黒式注熱器はがんの不安を取り除ける

がんになったかもしれないという友達からの連絡がありました。そこで久しぶりに会って聞いてみると、しこりが大きくなっていて、この大きさだと悪性ではないのか?という事でした。そこで私が特別検査で聞いても良性と出て、石黒式注熱器でもアチチ反応が出ないので、癌ではないのでないか?という事になりました。

だが、やっぱり不安はあるのでその日に石黒式注熱器をお貸しして、背骨を中心に3時間温熱をして、6時間の休憩をしてまた注熱する事をお伝えしました。電話で聞いてみても、セルフケアでやってみたがアチチ反応がないとのことでした。

そこで石黒先生に会いに行き、みてもらおうとなりました。行く通り道でしたのでカンボジアで自社農園をされていて、Bean to Barをされているチョコリコさんに行ってみましたが、定休日で残念でした。

久しぶりに石黒先生のご自宅に行き、友達と一緒に話を聞きました。乳がんの場合は、リンパが近いので、転移がしやすいとの経験談も教えてもらい、注熱器の第1段階では15秒、第2段階では35秒を目安に行い、瘀血(おけつ)の場合は5秒ぐらいでアチチ反応が出るとのことでした。



石黒先生が友達に注熱器をあててみるとアチチ反応がないのです。石黒先生が触ってもリンパの方はしこりがないし、大丈夫!と石黒先生の表情がニコっと変わりました。

もうそれを聞いたときは本当に安心し、良かった!と思いました。

癌の場合は死ぬのではないのか?という不安もありますし、病院の診断ではまだはっきりとしてなかったので不安ばかりがあったみたいです。もちろん病院の結果もはっきり出てないので、その診断結果も待っている状況ですが、私もがんの方のアチチ反応は何人も見たことがありますし、あきらかにその反応がないので、石黒先生のチェックでさらに安心しました。

何か知っていることで人の不安を取り除けるお手伝いができる事は、すごく喜んでもらえるので良かった!と思えます。

石黒先生はもう30年以上はボランティアで不安に思う方の手助けをして何人も救ってきました。とても尊敬しています。だが、150度の注熱器を製造している会社も誰も引き継ぐ方がいないみたいですし、テラヘルツの鉱石を砕いて、布に入れて作れる職人も引き継げる方がいないので、完売するともう石黒注熱器はなくなるのです。

なんとかしてこのすばらしさを知ってもらい、世に残せないものか?誰か製造してくれる人がいないのか?と思っています。そのような方をご存じであれば是非ともご紹介してもらいたいと思っています。

石黒先生が行ってきた事はこちら → https://gankokuhuku.com/ishiguro-new

物件が売却できた理由

駅から10分以内の場所の戸建てを数年前に民泊用で買った物件がありました。そこで民泊をしようと思ったのですが、条例が色々とあり工事までし、自社運営はやめて民泊業者に貸していた物件です。

そしてコロナになる前から、簡易宿所営業から撤退されて空き家になっていました。空き家になっていたことがまた良かったらしく、以前の基準で審査が通りやすいそうなのです。そして、ようやく海外の方が購入して頂けたのです。

理由は、経営管理ビザを取得するという目的もあったのです。経営管理ビザを取得するには日本で事業を行っているという事が条件らしく、民泊・旅館業などはとても良いそうなのです。

その場所以外にも別で必ず居住用としても確保しないといけないみたいです。なかなか借りる事ができないという理由もあり、購入を考える方もいるみたいです。経営管理ビザを取得するのに特化した先生もいるみたいです。ビザ(VISA)の関係も含めて、海外の方が物件を購入するケースがとても多いと聞きました。

色んな考えがあるので聞いてみると面白いですし、買う方の国の事情もあり、マッチングしたケースだと思いました。


萬福寺にある木

ある方に座っている布袋さんの所に行った方が良いと聞いたので、京都にある黄檗宗大本山「萬福寺」(まんぷくじ)と奈良県にある大神神社(おおみわじんじゃ)を勧められたので行ってみました。きっかけがないと知らない事も多いので、言われるがままに動いてみる事でこの売れた物件にしろ上手くいったので、ほっと一安心した出来事でもありました。

自然卵

茨木市銭原の農地を見に行く途中に自然卵、全ての生き物が調和して生きるコミュニティを創造中と書いてある看板を見て、ここは何だと思い、思わず話しかけました。

有精卵を販売している養鶏場でエサは精米後のくず米、野菜くずなどで抗生物質などはしてないらしく、本来なら1坪当たり10羽ぐらいが目安みたいですが、のびのびと育てているとのことでした。

全体で50羽ぐらいいて、そのうちオスが7羽。1日に20個ほどしか卵が産まれないそうです。毎日、卵は生まれると思っていたのですが、ウコッケイは1回卵を産むと50日後にしか生まないらしいのです。

前に見に行った自然の中でのびのびと育てている養鶏場では、鶏肉も食べていたのですが、ここでは生きる限り最後まで育てているのです。

人間の都合よく育てて生産性をとるのでなく、鶏にストレスを与えないように気を付けていると教えてくださりました。

話を聞いているとあっという間に時間が過ぎ、銭原の土地に向かいました。


じゃがいもが順調に育っています。

とても良い場所ですが、シカ・イノシシは良く出るみたいですし、水があまりない感じでした。周りの農家の方にも話を聞くと、世帯が50戸で神社が3つあり、順番に毎月きれいにしたりしているみたいです。それぞれの地域では色んなルールもありますし、問題もあります。

このような地域が今後どんどん増えていくと思い、何か出来ないか?と考え、地域限定で休耕地を借りたり、山の売買などお手伝いできないかと思いました。そのような事もアピールしながら、まずは今の畑をしっかり行い、農地拡大できればと思っています。