希輝通信10号発刊!

福田稔先生の取材内容及び日本自律神経免疫治療研究会での内容を掲載しています。福田稔先生が刺絡(しらく)療法を行うきっかけは、井穴頭部刺絡(せいけつずぶしらく)研究会を主催する故・浅見鉄男先生との出会いでした。


井穴・頭部刺絡とは、手の爪の生え際にある井穴、頭頂部にある百会(ひゃくえ)というツボに注射針を刺し、点状出血をさせ、病気を治すものです。浅見先生は40年間、井穴刺絡療法を研究し、どの指の井穴がどの病気に効くのか、なぜ効果が上がるのかを理論的にも解明し、実際の治療法や症例もまとめて「21世紀の医学」として出版されています。

一般の書店では販売されていません。福岡井穴刺絡研究会から購入しました。理解するには、とても良い本ですが、専門的ですので治療家むけです。

福田先生は、浅見先生と接するうちに、「全身の気の巡り、血の巡りをよくすることこそが交感・副交換神経のバランスを整えるのだ」と確信し、刺絡療法を基本にしながらも、より気と血を流す治療点に針や磁気針を刺す独自の自律神経免疫療法を確立し、治療を行っています。

福田先生は「みんなは、病気は医者に治してもらうもの、と思ってない。それは間違い。基本は、「病気は自分で治せる!」それをみんなは知らない。病気は自分で作ったのだよ。自分の心が作ったのだよ。おのれで作ったものは、おのれで治せるのだよ。逆に「治る」 と信じなければ、治らない。」と、治療をするだけでなく、はっきりとした口調で活を入れてくれ、自分で治せると勇気と希望を頂けます。

癌の方にしたらどれほど嬉しいことか、病気だけをみるのでなく、人も見る。言葉や患者を治すという気を入れてくれる。「その方の全身の気の巡り、 血の巡りをよくすることこそが交感・副交換神経のバランスを整えるのだ」という考えは、人のやる気・希望も持って頂く気持ちと姿勢も必要なんだと、とても感じさせられました。

他にも安保先生の話も掲載しています。以前に癌の方から教えて頂いたのですが、「熱が出たり、痛みがあったりするつらい症状は回復のための体の反応で、それを知らない人が多すぎる」と教えていただいた事があります。

そこで詳しくは安保先生の免疫革命の書籍の中に、掲載されているという事を教えて頂いた事も思い出し、そのことについても安保先生に追加でお聞きし、詳しく掲載することが出来ました。

福田稔先生以外にもナガタクリニック 長田裕先生の無血刺絡療法や芝山鍼灸整骨院の芝山豊和先生の症例なども掲載しています。日本自律神経免疫療法研究会では医師及び鍼灸整骨院の先生も参加できますので、是非とも新たな治療の一つとして知って頂けたらと思います。


 

癌=生きれる可能性がある!仙台へ取材!

仙台への取材は、がん克服サポート研究会の活動で上杉さんとお話して決めました。『少しでも多くの方にがんになった人でも元気に生きている事を知って欲しい!癌=生きれる可能性があるということを癌患者に伝え、生きることを諦めて欲しくない!』と、、、私はその言葉と希望を持ってもらいたいという気持ちになんとかこたえれたらと思い、取材に行きました。


お会いして第一印象からしてとっても輝いている感じがし、とっても話しやすいと思いました。上杉さんは、生まれつき胆管に腫瘍があり、9歳で総胆管拡張症になり腫瘍が胆管を塞いでしまい、胆汁を流すバイパスを作り手術を終えたそうです。肝臓は肝硬変の1歩手前の状態。

 

20歳で膵臓癌で膵頭部腫瘍で胃は3分の2、膵臓(すいぞう)は半分切除され、胆のうと十二指腸も切除。それから半年以内には再発があるというような事も言われていましたが、ご両親は癌である事なども全て上杉さんには隠していたそうなんです。
抗がん剤の点滴も抗がん剤とうすうす感じながらもがんとは思いたくないので、とにかく抗がん剤であるはずが無いと強く強く自分に言い聞かせてました。癌であるということを絶体認めてはいけない・・・確かめてもいけない・・・私は癌では無い!!と強く思っていたそうです。

 

退院後は、『苦しんだぶん誰よりも遊んでやる!』と強く思い、ディスコに踊りにいったりし遊びまくったとの事でした。それから20年以上再発がなく、カフェを経営していましたが、今回の大震災の津波で影響を受け、一度再起したのですが、また余震などで被害がありカフェを完全に閉めたそうです。


多くの方に癌でも生きれる!を知って欲しい・伝えたいので、依頼があれば講演もしていただけるかと思います。


取材後、津波の被害にあった地域なども車で案内してくれたり、牛タンなら利休(店の名前)ということでお食事にも一緒に行って頂き、とっても初対面なのですがオープンに何でも教えて頂けますし、とても気持ちよく話ができました。


上杉さんの詳しい情報については、編集後がん克服サポート研究会で掲載させて頂きたいと思っています。上杉さんに講演依頼をしたい方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

津波ですべて建物がなくなったあと



この写真は、海まで津波ですべて建物がなくなったあとの写真です。放射能などもテレビの情報しか知らなかったんので、どうなんだろうと思いましたが、仙台駅周辺の人達は全く気にされていない様子で、私も仙台に行ってみて全く気にならず、活気があり安心しました。(放射能測定はしてませんが、、、)

 

再生・復興・新たな出発・希望という事もふまえて、上杉さんのような明るい方を多くの方に知ってもらいたいと思いました。

 

 

「もう一度白衣を着たい。」という思いに感動

  テレビ番組で見たのですが、看護師さん自身がガンになり、

 余命1ヶ月~2ヶ月という状態から、克服された方の話に感動しまし

 た。この看護師さんは、抗がん剤の新薬を使っての治療で、後々

 わかったのですが効果がない事が判明し、現在はこの新薬は使われて

 いないそうなんです。





 これは奇跡というより、お医者さんの

 「この経験が今後の看護に活かせれば、きっと最高の看護師になれる、

  楽しみに待っていますからね」という一言や周りのご家族の愛情で、

 「もう一度白衣を着たい。」という思いになり、生きる人間のすばらし

 い力が発揮して克服した話だと感じました。





 克服された方のコメントで、、、



 「自分自身が余命を聞いていたら、今現在の私はなかったのでは」

 と言われていました。

 この言葉を聞いて、その方の性格にあったコミュニケーションを行った

 担当医、ご家族の配慮がとてもすばらしいと思いました。

 



 私は、この話を聞き取材にご協力してくださった「宮脇社長の取材CD」

 「村上先生の取材CD」などに値段をつけたりしていましたが、非売品に

 しました。何故かといいますと、本当にガンの方の為にお役に立てれた

 らという思いでご協力してくださったのに、有料にする事によりご迷惑

 をおかけしたくないと思ったからです。



 

 それとガンは本当に生命に関わる事ですし、取材CDで元気になって

 いただけるのであれば、ガンの方にお役に立てれるような情報交換、

 アンケートなどにご協力してくださる方などに積極的にプレゼントし

 ていこうという考えに変わりました。







 「もう一度白衣を着たい」について詳しくはこちら

  番組のバックナンバー2006年2月16日



   → http://www.fujitv.co.jp/unb/index2.html

これ以上治療法がないという方の90%の方が、、

ある会に行って見せていただいた頂いた資料の中に、



 脳腫瘍内科医の今村貴樹医師は「私は過去4000人のガン患者の

 セカンドオピニオンに携わってきたが、担当医に「これ以上治療法

 がありません」と言われて相談に来られた人々のうち90%が、

 まだ可能な治療法がありました。



 

 と書かれた記事がありました。この記事の中には、お医者さんが

 医者の事を書いた記事があります。ここでは少し言えない内容です。





 詳しくは、がんを治す完全ガイド2006年第3巻第2号に掲載

 されると思いますので見ていただければと思います。





 私はこの記事を見て感じたのは命に関わる事は、

 セカンドオピニオンも受けたほうが良いと感じました。



 

 「これ以上治療法がありません」という言葉は、西洋医学の範囲

 であり、東洋医学には当てはまらない事も多くあるのです。





 私が資料を見せていただいた会では、ガンを患っている方ばかりで

 した。その方達の中で、「転移したらダメかなあ」と言われて、

 ショックでなかなか立ち直れなったという方がいらっしゃいました。





 だが今では、東洋医学の事を知り、体に良いという事はどれも

 チャレンジしていくという考えで希望に満ちていました。





 未来を予知できる人はいない。

 自分だけが未来を変えていける。

 そう信じてどんな時も突き進んで生きたいと思いました。

 

がんを告知されたときなすべき51のポイント

  今回は、「がん患者学~長期生存をとげた患者に学ぶ」

柳原 和子さんの書籍を読んでとっても良かった部分を

 抜粋してご紹介したいと思います。





  UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の女性患者向け

 新聞コラム欄より



 「がんはあなたの何を不可能にさせるだろうか?」

  

  がんは愛の力を弱める事はできない

  がんは希望の扉を閉めることはできない

  がんは信頼する気持ちを腐らせることはできない



  がんは平和を食い荒らすことはできない

  がんはあなたの自信を破壊する事はできない

  がんは友情を抹殺できない

  がんは思い出を捨てさせることはできない



  がんは勇気を沈黙させることはできない

  がんは魂を浮遊させることもない

  がんは永遠の生命を縮めることができない

  がんは精神の炎を消す事はできない



 

 他にもUCLAである肺がん末期を宣告された患者が末期から

 生還した患者たちにインタビューを行い、先輩たちに学んだと

 おり実践し、自らも完全治癒した。その体験をまとめなおした

 著作からの要約、抜粋の中で

「がんを告知されたときなすべき51のポイント」が書かれて

 ありました。





 ☆怯えるな

 ☆責任感を取り戻そう

 ☆医師に自分のがん、組織、進行度、治療法について詳しく説明を

  求め、質問しよう

 ☆セカンド・オピニオンを聞こう

 ☆がん教会に連絡しよう(日本であるなら、がんに関する本を資料と

  して集め、知る)

 ☆静かな気分で、自分の置かれている現実について考える。

 ☆治療について、そのメカニズム、方法、薬の量、副作用について

  理解しよう

 ☆主治医に対する信頼度を評価しよう。(信頼できないなら、

  その理由を考え、治療が始まる前に別の医療機関を探すこともいい)

 ☆治療が始まる前にもう一度、みずからに問いかけよう

  「この治療が本当に自分にとって正しい、と信じているだろうか?」

 ☆治療について時間をかけて何度も考えよう誰にも決断を急がせること

  はできない。

 ☆決心!決意は力だ

 ☆インフォード・コンセント、理解できるまで、納得がゆくまで徹底

  して説明を繰り返し聞こう、質問をしよう

 ☆決心したら、あなたが受ける治療を信じよう

 ☆がん体験者の話を聞こう

 ☆医療チームとは徹底して話し合う

 ☆あなたの問いに医師が答えてくれない時は別の医師があなたを助けて

  くれるはずだ

 ☆あなたの経過、検査結果などの経過について確認し続けよう

 ☆よりすばらしい生き方(感情、精神、肉体)を探しだそう

 ☆あなたには自分の生き方を選ぶ責任がある。注意深く、日常生活を

  反省しよう

 ☆回復への自分なりのプログラムをたてよう

 ☆煙草は絶対に禁止

 ☆体重の増加に注意

 ☆新鮮な果物、野菜、全粒の穀類を食べる

 ☆毎日コップ八杯の水を飲もう

 ☆なぜ今食べたいのか?精神的、感情的欲求なのか、空腹なのかを

  チェックせよ

 ☆自分に合った健康補助食品を探そう

 ☆運動、そして自分に必要なリハビリを心がける

 ☆熟睡しよう

 ☆自分の参加できる患者団体、クラブ、サポーティンググループを

  探そう

 ☆病から精神的に解放される本を読もう

 ☆信仰心を持とう

 ☆自分の症状の進行に合わせて、その都度、がん闘病計画を組み立て

  なおそう

 ☆独り言は寂しさ、孤独感を増すばかり、やめたい

 ☆毎日その日の自分を励ます格言を選ぶ

 ☆ストレスから解放されるように心がけよう

 ☆美しく装う練習

 ☆副作用を最小限に抑え込むための医師との相談、研究をする

 ☆病からのメッセージを理解しよう

 ☆今を生きる

 ☆遊ぶ時間を作る

 ☆治癒力を高めるために、笑おう

 ☆あなたの人間関係を再評価しなおしてみよう

 ☆なぜ?という問いに溺れまい

 ☆自分自身の規律を作り、守っていこう

 ☆精神的な目で自分の人生を見直してみよう

 ☆自分の精神力の成長に価値を置こう

 ☆あなたの身体、心の声に素直になろう

 ☆自分を許そう

 ☆感謝の気持ちを大切に

 ☆無条件の愛を

 ☆他の患者たち、家族、友人たちと希望を分かち合おう

   (UCLAメディカルプラザ主催 まさかのときに役立つ新聞より抜粋) 



 正直ここまで抜粋してもいいものなのかと思いつつ、どこからからの引用か

 わかれば大丈夫だと思い、紹介いたしました。





 勇気が出る言葉・情報などがありましたら、私に気軽に教えていただければ

 嬉しいです。





 「がん患者学~長期生存をとげた患者に学ぶ」 柳原 和子さんの書籍

  http://amazon.co.jp/o/ASIN/4794964404/taheebotyawot-22/ref=nosim