何度でも

青パパイヤの苗を植えるのは3度目です。毎年、違う畑で植えていますが全く育っていませんでした。3年目の今回は、果樹を育てても良い畑で3か所に分けて植えてみました。



1年に1回しかチャンスはありません。人間の作業の都合でなく、野菜の育つ季節に合わせて育てないと育ちませんし、収穫量はがくっと減ります。

イチゴを育てた畝は水はけが悪いですがほったらかしで良く育ちました。周りにネットをしてませんので、食べられているイチゴもありますが、全てではないので十分に収穫できました。





植えた時期が早かったのか、ムクナ豆の発芽率が悪かったのでまた植えなおしました。4月中旬ごろに植えたムクナ豆の芽がいくつか出てきました。

何度も何度も試行錯誤の繰り返しです。よく観察してその場所で何が良く育つのか見ながら行っています。畑であまり見ない方が農作業をしていたので声をかけて、空き地の持ち主をご存知か聞くと、家を教えてもらいましたので、農地を貸してほしいとお願いしに行きました。

隣ですので上手くいけばムクナ豆を増やすか、玉ねぎを増やして育てたいと思っています。

このような場所を探していたというご両親が畑の見学に来てくださいました。就労継続支援B型事業所として、新たにサービス管理責任者がきてくれたのですが、すぐにやめられてまた休業中ですが、是非とも再会したら声をかけてほしいと言ってくださったのです。

なんとかしてでも事業としても再開し、畑を広げながら休耕地の解消と、何かを育てる楽しみでのやりがい・生きがいのきっかけになる場として目指していけたらと思っています。

なので何度でも挑み続けています。