環境に適応?

畑をしてて聞いた話ですが、草が伸びすぎると、伸びた雑草に薬をかけてから雑草をかる。何のためかというと、伸びた雑草には虫がたくさんいるので、草を刈る事により飛び散らないため及び周りの畑に迷惑をかけないためだそうなんです。

野菜にも腐らないように薬をかけるのは、せっかくできた野菜が腐るともったいないからです。収穫量を増やしたいからです。

確かに理にかなっているのかもしれません。だが、これを誰がしているのかです。
見栄や地位を気にすればするほど、人からどう見られたら困るのか?を考えるかもしれませんが、聞いてびっくりしました。

虫は、殺し続けないといけないのでしょうか?
収量をあげるために、薬を使い続けたほうがいいのでしょうか?
それをする事により、自分以外の未来は明るいのでしょうか?

だが、その方からしたら、問題が起こらないための対策です。
虫は邪魔をする存在で困るという感じです。

私達の畑では、虫は取らないし、殺さないですし、野菜を食べたければ食べればいいという考えで共生です。

土や水や草がある限り、都合よく虫を排除するのは地球にとって良いのでしょうか?
受け入れたうえでどうしたら、環境にも良いのかを考えたら、ほっとくしかないのです。

春には数年前にはニホンミツバチが畑の菜の花の周りを飛んでいました。
今では、全く見ません。私達が住みにくい所にしているのです。だから、蜂は自由に暮らせる、人が薬をまかない所、自然のある所に行きます。

以前にニホンミツバチの巣箱をもらい、畑で育てていましたが、8月に入って蜂を見なくなったので見てみると、一匹もいなくなりました。住みにくいから全員、ミツバチの卵を置いて、生きぬける場所を求め、住処を探し移動したのです。



障害者が近くに住む。しかもグループホームで!どんな方達で、危害を加えられたら、夜、騒がれたら、、、
色んな事を耳にする機会を頂きました。

まだ、入居者も決まってなく、問題もない状態です。
ただ、問題が起こるという前提で、どんな対策をするのか?という話です。

住みたい!ここだったら良いだけではダメなのです。地域の方の理解がなければ住めないのです。それが当たり前と言われたらそれまでですが、同じ人間で、たまたま障害がなかっただけです。だが、この先、障害がないとも言えません。なのに、、、、

テレビでの事件の報道、今までの経験で判断するのは当然なのかもしれませんが、どうやったら誰もが夢や希望を自由にもてるようになるのか?そこには確かな根拠がないといけないのか?

私は、ニホンミツバチが住める場所を確保したいと思い、山を買いたいと申し込んで、まだその話がまとまっていません。一回、山を見ただけで良いと思いました。

グループホームも男女が住めて、箕面市のゆずるバスが近くに通っているから、良いと思って物件を買いましたが、まだスタート出来ていません。だが、これから向き合い、どうやったらミツバチが住める場所を作れるのか?どうやったら障害者の自立支援のサポートができるのか?を考えて行けたらと思いました。

畑も薬を使わず、どうしたら事業としてうまくいくのか?
今回、ドレッシングの感想で、野菜を食べないのにドレッシングを使って食べるようになった!とか、ドレッシングをすべて飲むという話まで頂きました。
社内では、甘いもしくは酸っぱい仕上がりで、意見が分かれました。だが、最後は私の判断で甘い方を選びました。そこには好みだけです。

多くの子供達が、玉ねぎドレッシングにふれて、喜びが増えればいいと思い、今日は今までと違う玉ねぎの品種をまきました。常に新しい試みで勉強の為です。

そして、子供達は運動会で、私も3回目の大玉ころがしに参加。



2回連続アンカーで、優勝でした。今回もアンカーを選び、今回は2位。3回連続といかなかったですが、チャレンジする事で良い思いでが出来ました。

玉ねぎドレッシングの試作から商品化までの話はこちら

玉ねぎドレッシングの購入はこちら

アクティブブレインを勉強

記憶力を向上させたいと思い、アクティブ・ブレイン・プログラムのベーシックコースを2日間受講してきました。100個の単語を覚える事が宿題でしたが、1時間40分ぐらいで覚え、授業中に覚えた単語60個をつなぎ合わせて、160個覚えたことを発表できたのです。頭に残っているのです。

今まででしたら、100個と聞くだけでやる前から難しいだろうと思っていましたが、覚えるコツを知ると、どこまで覚えれるのか?やってみたい!という気持ちになりました。

記憶を向上させる大事な考え方があります。

1、自信を持つ。難しい、出来ないは禁句。もし、使ったとしても、否定的な言葉で終わらないように意識する。
2、姿勢や視線が大事。勉強するときの姿勢を良くして、視線は水平にする。水平でなければ、脳の無駄な処理に時間がかかるので、集中するのが難しくなるのです。
3、脳に刺激を与えて、記憶する。刺激とは、感情を動かして、覚えるのです。
4、目的を明確に持つ
5、反復する。反復するうちに記憶が定着してくる。(レミニセンス現象)
6、本当に理解した事だけが記憶される。あいまいや説明できないものは、知らないと同じ。覚えたければはっきり白黒つける。

などです。

まずこの6つの事を意識しながら取り組むのです。

イメージ連結法、イメージ転換法、イメージ分解法、イメージ磁石法などを使って、実践しながら2日間で学びます。

勉強後は、想像力が増した気になりました。あいまいな映像や静止画でなく、とてもリアルな3Dの画像を描くと、記憶に残るので、それを2日間で何度も行うので、想像の仕方がリアルになるように訓練できるのです。



記憶法など読んで理解するのも良いですが、アクティブブレインの事を特に調べることなく、良い!と聞いたので、まずは体験と思い申し込みました。9月にはアドバンスコースもあったので、申し込みをしました。今回の勉強会では中学2年生も来ていました。脳の記憶力では、差があるのではと思ったのですが、アクティブブレインを行ってみると同じぐらいでした。

勉強した時はみんなが同じ位置ですが、記憶を向上させる大事な考えを実行していると、記憶力選手権などに出場して、優勝する方もいるそうなんです。何歳になってもやる気・ビジョンがあれば、脳の記憶力は向上できるのだと思いました。

お金を払えば手に入るのか

グループホーム用の戸建て2戸の物件をようやく決済する事が出来ました。もちろん現金でなく、電話で銀行を見つけて、新規の取引でほぼフルローンで貸してもらえることが出来ました。

この物件も先月の事務所物件に続き、自分でみつけて知っている不動産業者に仲介をお願いした物件です。

自分で見つけたのに仲介手数料は、2件合わせて何百万支払はないといけません。物件を見つけてくれて払う仲介手数料であれば納得できるのですが、自分が見つけて手数料だけ払うのはどうも納得いかないし、今後、箕面市及び北摂地域で空き家を再生して、障害者の方の自立支援の為のグループホーム及び住宅型有料老人ホームの展開をするのであれば、自分で宅建の資格を取り、直接交渉するともっと良いだろう!と、急に思い立ちました。

決済した日が7月30日。宅建の試験の申し込みが7月31日まででしたのでぎりぎり申し込みが間に合いました。1日4時間勉強して、試験まで320時間を目安に計画中です。

あらたな3か月間での目標や行動目標も7月31日に勉強会を行い、自分の目標や期日目標をスタッフとでアウトプットをしあったのです。もちろんその中には、宅建の資格の合格をあらたに加えました。

自社商品の開発でドレッシングにタヒボルデウスを入れる予定でドレッシングの味をほぼ決定していたのですが、タヒボルデウスを入れても、原材料名に書けない事がわかり、畑でタヒボ茶の茶かすをまいた畝のタマネギを実験で置いていたので、掘ってみると、腐らずにしっかりといきているのです。それでもタヒボ茶の茶カス肥料を使った玉ねぎだけでは、足りないと思うので、たひぼ茶の茶かすを使っていない玉ねぎもミックスしてドレッシングに入れる形になると思います。



ドレッシングの中に入れていた梨の代わりにバイオノーマライザー(青パパイヤエキス)を入れてもらい、試作をお願いしているので、まだもう少し時間がかかります。保存料や添加物を入れない代わりに、タヒボを知ってもらう機会に良いと思ったのですが、バイオノーマライザーでどうなのか?と思い、健康サポート専門店だからできるドレッシングをまだ試行錯誤中です。

事務所もリフォームを4社ほどで見積もりを行い、今までに何度もお任せしていた工務店さんにお願いして、直接、大工さんと連絡をとるようになりました。きっかけが、「ベッドの破損でそんなに高い修理でもないので、急ぐので直接やりとりしても良いのか?」という事から始まりました。

そこから値上がりしてその値段ではできないという業者の工事の事も、工務店さんに相談したら、大工さんと直接やって頂いて良いという事になりました。それが何度かたまたま続き、土曜日には最終チェックで大工さんが事務所に来てくれました。

土曜日は、私は草刈りをしたり、麦カスを運んだり、防草シートをはずしたり、麦カスを箕面ビールさんに採り行く途中に、大工さんと最終打ち合わせを40分ほど行ったり、麦カスをまた畑に運び、雑草だらけの畑をトラクターで耕したりなどで、9時半~19時半まで畑仕事を行いました。

妻に、「こんな暑い中、熱中症で倒れている心配とかないの?」と聞いてみたのですが、「そんなん大丈夫やと思っている!しんどくなったら自分で調整すると思っているし、、」との返事。確かにそうやし、信じてもらえてるんだと思いました。暑くても、朝から決めた畑仕事はなんとか終わらす事が出来ました。暑い中、汗だくになり、スタッフも手伝ってくれたおかげでもありました。



今回、出会った大工さんとは不思議なもんで、8月に沖縄に行くときにはその方もちょうど沖縄に行く用事があるという事で、建てた家を見せてもらうつもりですし、金額も直接つながったので、だいぶん金額が安くなりました。

そして工務店さんには、工務店さんの強みであるクロス、フロアタイル張替えなどをお願いして、話がまとまったのです。その業者の強みを組み合わせて、リフォームは依頼する事ができるようになりました。

無期雇用転換やキャリアアップなど無料相談というのがあったので、2回目になりますが専門家にも来てもらい相談をしました。今では、労務関係や助成金の申請まですべて行政に聞きながら行っています。お金を払って専門家に任すにしても、色んな事をわかってできる専門家はなかなかいませんし、報酬手数料なども別に20%はかかるのです。

社労士に任せるにしても、データー集めは自社でしないといけないので、そのデーターのチェックぐらいですし、税理士にしてもみんながみんな詳しいわけではありません。探すときには「私募債を知ってますか?」と聞き、何人にもあたって決めたこともあります。

私達で出来そうな事はやってみる。そこでどうしても支出と効率と目標を達成するためのバランスも考えながら、やりきってみて無理であれば、外注する。そんな考えで取り組んでいます。専門家にお金を払って楽はできるかも知れませんが、はたして手に入れたいと思った成果までは、結局はその専門家の経験なので、不確かな事もあります。

一人の専門家にお任せして時間を買うという事も大事ですが、出来ない事を勉強したり、色んな専門家に聞きながら、コツコツやる方が役に立つことの方が多いと最近は思うようになりました。

箕面ビール感謝祭でオニオンフライでの結果は

玉ねぎの体験農園や玉ねぎの販売以外にはじめての試みとして、箕面ビール感謝祭で
オニオンフライとポテトの販売を行いました。もちろんオニオンフライの原料は、自家菜園の畑で採れた無農薬・無化学肥料・除草剤を一切使わない、玉ねぎです

箕面ビールさんで役目を終えた麦カスと米ぬかと塩で土作りをした玉ねぎを使いました。今までにも、感謝祭での話があったのですが、そこまで出来ないと思っていましたが、感謝祭は会社のメンバーがやりたいと言い出してくれました。

買い出し・試食・打合せ・人員配置・事前の準備もです。

土曜日は、前日には朝から降水確率80%で当日も変わらずの降水確率でした。私は父親参観に行って、午後から手伝いに行くと、整理券待ちの状態でとても繁盛していました。


しかも時々小雨はありますが、16時までとっても天気が良いのです。とってもついていました。前日から晴れ男だから大丈夫と言っていたとおありに、、、

1日目で晴れてきた13時ごろ 真ん中 坂井

しかもこの忙しさで、日曜日は倍のお客さんが来場予定らしく、日曜日は倍の準備をしました。今日も繁盛で、14時から子供達も手伝いたいという事で、順番待ちのお客さんの番号を大声で呼んでくれたりして、手伝ってくれました。

順番待ちがなくなり、ようやく落ち着いた2日目16時半ごろ 左 坂井 右 加藤

お客さんが何人も待ってくれるので、みんなほぼご飯を食べずに、あっという間の終了時刻がきました。あっという間の7時間でした。

玉ねぎもオニオンフライが美味しいと言ってくれて買って頂けたり、とっても玉ねぎを知ってもらえる良い機会になりました。箕面ビールさんのおかげで、感謝祭にも出店できましたし、麦カスのおかげで美味しい野菜が出来ていますし、玉ねぎを食べて頂けたお店より、飲食店で分けてほしいという話までのご縁を頂けました。

忙しくても手を抜かない!私が盛り付け担当なので、忙しい中でも見た目と少し量を
多くする事にこだわり、喜んでもらえるように心がけました。いつも試されていると思いながらも、7時間みんなで10時~17時までぶっとおしで頑張る事が出来ました。

子供達も楽しかったみたいです。集計は、長女が行ってくれました。とっても初めての出店にしてはすばらしい売り上げです。明日、みんなに報告が楽しみです。

食事の時には仕事で何が一番大事やったと思うと聞いてみると、 みんなが何が大事かは小さいながら理解してくれたみたいです。



食事の後に長女と長男からもらいました。次女からはなかったので少し残念。

見てる方も嬉しい1番

土曜日は運動会でした。3週間前から子供と朝6時半から走る練習を30分していました。1番になりたいという目的を達成したいからという事で子供達が自主的に行いました。私は走りたいのであれば手伝うというスタンスです。もちろん毎日するのか休むのかも子供達に決めてもらいます。

結果は長女も次女も徒競走は1番。見てる方も嬉しいですし、本人もとっても喜んでいました。目的を達成する事はとっても嬉しい事です。

会社では今週の勉強会でルーティンチェック表を深める事を行いました。達成したい目的があり、それを叶えるために日々、どのような取り組みを行えば達成できるのか?を社内で2週間取り組んだので、勉強会では振り返りを行いました。

まずは〇の数の点数と全体の〇の数の点数を書いてもらい、何パーセントだったのか集計をしてもらいました。
次の2週間では〇の数を何パーセントに持っていきたいのか?
何か成果はあったのか?
続けた方が良いのか?
3か月後もしくは1年後の目的を達成するためにルーティンを見直した方が良いのか?
それぞれのルーティンに数字を入れたほうが具体的なのか?
出来ている人とできてない人は何が違うのか?などを勉強会で行いました。

ルーティンチェックは意識して行い、そして習慣化出来るまで持っていき、その修練が自分の能力になっていくための練習です。

例えば、
「普段から目的が明確でないので何を書いて良いかわかりません!出来ません!」
「ルーティンチェック表を15分では書けません。」

ここで出来るとしたら?わかるとしたら?と問いかけがすぐに出来るのか?それも習慣です。望めば練習により、能力があがっていくというのは子供から大人まで一緒です。


2年前にニホンミツバチの百花蜜(ひゃっかみつ)を味わって、蜂蜜を試しに買う事が多くなっていました。アカシアの蜂蜜も好きですが、やっぱり今日もらったニホンミツバチの百花蜜はうまいです。子供達も巣箱からとったハチの巣に切り込みを入れて、蜜ができるようして、ビンがいっぱいになれば交換のお手伝い。



市にも蜜蜂飼育届をだしているので、巣箱とニホンミツバチを頂き、畑にも設置してみました。またどうなるか楽しみが増えました。健康をサポートできる商品をお客様とのご縁によっても増えています。



玉ねぎもようやく、茎が倒れてきて、玉ねぎが大きくなってきました。長男のみイチゴと玉ねぎの収穫のお手伝いをしてくれました。

健康サポート専門店ではお客様のご要望により健康関連商品を1万点近く販売!詳しくはこちら