東から西は運気があがるin久高島

月曜日には沖縄の南城市にいました。ここには神の島である久高島(くだかじま)があります。天気は降水確率10パーセントなのに雨が降っていました。

久高島は、琉球の創世神アマミキヨが天から舞い降りてきた島で、沖縄はこの島から始まったとされていて琉球神話聖地の島であります。

着いても雨が降っておりカッパを来ながら自転車で島をまわります。途中で案内所が気になり、立ち寄るとどのようなコースが良いのか?東から西は誕生を意味して命がやどり運気も上がって行くなどを教えて頂きました。

まずは東にある伊敷浜(イシキ浜)は農業の始まりで五穀発祥の地であるとの事。砂が真の砂で真っ白。砂はフィルターで土の汚れを取り、浄化し、塩水は腐らないから復活という意味があるとの事。この自然に挨拶をし、石、防風林、食物、生き物、砂などのバランスが整っているこの空間すべてが良いとの事。



次から次へとよく教えてくれる方で私には2時間しか滞在時間がなく、20分ほど話を聞いていました。だが、話を聞いていると自然の見方が変わりとっても自然がありがたいと深く思えました。雨があがり日もさして来て祝福されている気持ちになりました。



その後 沖縄の生薬の会社を見つけ、ブルーになるお茶やどれも沖縄県で作っている無農薬のハーブを原料にしていると聞き とてもこだわりのある会社でした そこも行く予定がなく、どこが夜食べるのに良いですか?と聞いて教えてもらった場所に行った時に見つけたのです。

ここを出て教えてもらった店に入りましたが、あまりにも良い感じがしないので入ってメニューを聞いて違う店に行きました。その後 朝から昼も食べてなかったので、ここが良さそうと思い居酒屋に行きました。

店主は62才、大手の飲食店で管理者をされていて、全国を食べ周り独立。そして沖縄に移住し居酒屋経営を始めたとのことです。しかも大分県や沖縄の離島にも出店するとの事です。 その方は、とくに香辛料を使わず、辛味甘味苦味などのバランスを大事にするとの事でした。そして、人生一度きりなので、好きなように生きる!との事でした。

お店に来たお客さんと飲みに行ったりしてご縁を大事にされ常連さんが多いとの事でした。料理も上手いし、一人で厨房をし手際もはやいのです。この店主にも何気なく話したのがきっかけで色々と教えてくださったのです。

次の日には、私が泊まった部屋のマンションのオーナーさんに本部まで会いに行きました。そこでも新たに旅館を買われていてそこで初めてお会いできました。沖縄県での今後の町の計画や旅館の運営情報を教えて頂き、とても参考になりました。

南城市という町の事を何も知らず、ただ民泊でとっても良いのが出ましたと付き合いのある業者に勧められるがままに借りたのがきっかけでした。
それがなかったら久高島に行くこともなく色んな出会いもなかったのでこれも何かの導きかと思いとても良い気持ちで過ごせました。



この後は、脳のリハビリで半身麻痺を克服した記事を見て、どうやって克服したのか?その話を聞きに宮古島に向かいました。

 

今日のありがとう!

今日は石黒先生と出会い人生が変わった方の発表会が東京でありました。私達NPO法人がん克服サポート研究会では石黒先生が東京で発表会をするという事でお手伝いをさせて頂きました。

石黒先生は癌の方がどうしたら良くなるのか?どんな体型の方でも熱が体の深部まで入るのか?をボランティアで研究されているのです。

私達はその石黒先生の研究成果によって本当に喜んでいる方がいるので、喜ばれている方のお話や私達の情報を聞いて人生が変わった。ありがとう。などの声でやりがいを感じる事ができ私達も救われているのです。



世の中にはいろんな温熱器があったりいろんな温熱療法があります。そして色んな方が販売したり広めたりしています。

だが、ボランティアで癌の方がお困りで電車代ももらわずかけつけたり、来られた方に何時間も無料でどうやったら良いのかを教えたり、発表会も参加費、懇親会も無料でふるまうかたがいるのでしょうか?

私は健康業界で16年仕事をしていますが80代で自分の体は後回しにして人の役に立つ事を生きがいにしている人は他に知りません。

本日は妻の病気のために色んな方法を検索して私達の情報にたどりつき、石黒先生を知り、医者任せに言われるままにするのでなく、自分達でも健康に近づける方法が見つかり、本当に救われたという方がいました。

それと 別の方で子供さんの事、ご自身のの事で悩まれていて、私達に電話をかけてきて、発表会に参加され、加藤さんと話したから信用でき、ここは違う。本気だと受け止めてくださり、それがきっかけで来てくださった方もいらっしゃいました。

その方は懇親会の時に何気に私が話しかけてわかり、ほんとうに偶然でした。

喜んで頂ける事はほんとうに嬉しい事です。そして一緒に働く加藤さんを褒めてくれた事も大変嬉しい事です。今度は私が健康を取り戻し取材をなどの話をし、これからも気軽に電話をくださいなどのやりとりができ気分がとても良かったのです。

本日、大阪から加藤さんと東京に来て加藤さんは日帰りで私は明日から沖縄に行って宮古島です。脳のリハビリで半身麻痺を克服した記事を見て、どうやって克服したのか?その現場を見に行くためです。

宮古島に直接東京から行くより沖縄経由の方が飛行機代が安いので、沖縄の南城市に縁があり、旅館業の申請をしてもらっている所に泊まり周りを視察して宮古島に行くのです。

一寸先はひかりと思い信じ、人からどう思われようが自分の目で確かめ、自から行動をおこし不思議なご縁につながった方達から久々にもらい泣きして感動した一日になりました。

石黒先生には感謝しかありません。これからも顔晴る方の役に立てればと思います。

大雨 台風を乗り越えジャガイモが順調に育っています。生きているってすごい!

 

 

まわりの方に助けてもらった釣り体験

子供達が釣りに行きたいというので、場所を探し、車で1時間半かけて行ってきました。10年ほど前に新品の釣り竿を買って、置いてあったのをようやく使う日が来ました。

釣り竿とサビキ用の針やサビキ用のエサ入れ、リール、ウキなども新品のままです。
一度も使っていなくて、どうやってそれを取り付けるのか何も調べず、何とかなるだろうと思ってそのまま持って行きました。

行った場所は、レンタルもやっています。1本は釣り竿があったので、子供達のをレンタルしようと思っていました。すると、「1本釣り竿があれば楽しめるよ。」という話でしたので、「釣り竿はあるけど、どうやればいいか教えてもらえますか?」と聞くと、リールを左用から右用に変えて頂き、ウキ止めやウキをセットして頂き、すべてセッティングをしてくださいました。とっても親切な方でした。

それからエサを買い、エサ入れに入れてやってみました。
始めた時間は13時ごろです。なかなか釣れません。

ようやくアジが一匹釣れましたが、クーラーボックスはあるのですが、氷は持ってきていません。ちょうどそんな事を話していると、右隣の方が帰る用意をされていて、あまり釣れずにあまったとの事で、私達にペットボトルを凍らした物を3本分けてくださり、それをクーラーボックスに入れました。とてもタイミングよく、ツイテいました。

右隣の方が帰ったので、別の方が来ました。その方も家族で来ていて、いきなり初めて20分ぐらいで大きいボラを釣ったのです。その方達も家族で釣りに来たのは初めてで、何にも用意をしていないので、「この魚いりますか?」と、喜んで頂きました。
それからもすぐにコノシロを釣って、アジも3匹、隣の方から頂きました。



私達はアジしか釣れません。左隣の方は、アジをばんばん釣っていました。やり方を真似してやっていたのですが、なかなか釣れません。そしたら左隣の方は、「針を小さいのを使っている!」と、さらに「この場所はよう釣れるみたいやわ。」との事。
私達はその隣なのに全く釣れません。右隣の方は初めてなのに大物が釣れています。

左隣の方は、帰るとの事で「この場所良いからどうぞ!」と、さらに「この釣り針はよう釣れるからあげるよ!」と、とってもありがたいと思いました。確かに少し場所を変わるだけで釣れるのです。

4時間ほど釣りを行い、もらったボラ1匹、コノシロ1匹、アジ3匹、と私達が釣ったアジ10匹を持って、さばいてくれる所を探しに行きました。近くに市場みたいなのがあったのでその中に鮮魚店があったので電話で聞いてみると、さばいてくれるとの事で行ってみました。

すると、行ってみて電話して聞いたのにダメだったのです。市場の近くで釣ったものでないとさばいてくれないのです。その方に、「この市場の中ではどこもさばいてくれないのか?」聞いてみると、どこもやらないとの事でした。

鮮魚店の横の店では、氷の上に刺身を並べて売っていたのを思い出し、鮮魚店の隣のご主人に、「どうしても初めて釣った魚なのでさばいてもらう事は無理かどうか?」をたずねてみました。すると、引き受けてくれたのです。隣といっても鮮魚店とつながっていて、最初にたずねて聞いた方がレジをしていて、今回だけ特別なのでとの事です。



このような事が3日間の関東出張に行った時にもありました。業者には工事中なので内覧は出来ないと言われていたのですが、私は場所の雰囲気やどんな街なのかを知るために視察に行きました。その無理だと言われていた部屋に行くと、確かに工事中でしたが理由を話して、内覧をさせてもらいました。

その時も思いつきと何とかなるだろう!という心の声です。

家族といる時は、1年前から3つの嬉しかった事を全員が話すようにしています。今日は、車の中で話しました。

私が子供達に話したことは、今日の出来事で人に話しかけたり、聞いたりすることで、ツイテル事がたくさんあった!と、そしてうまいこと行ったけど、どんな良い事があった?などを話しました。

釣りという経験を通じて、人と触れ合い、助けてもらい、お願いする事により、ルールが変わるようなこともあり、子供達にはとっても良い思い出になったのではと思いました。



3つの嬉しかった事ではみんなが釣りは楽しかった!とそして子供達みんな、また魚釣りに行きたいとの事でした。

 

3日連続の懇親会

癒手道で氣功整体及び真理を勉強をした後に、梅田で行われた原田メソッド認定パートナーの懇親会に参加しました。目的は毎日の日誌についてやどのように原田メソッドをいかしているのかを知りたくて参加しました。

日誌は翌日の予定を書きます。だが、予定どおりにいかず、やりながらどうしてもその時にやった方が良いことや電話で話したことで、早急で重要な仕事になり、それに予定外の時間を使ったりなどで、時間通りにいかない事が多かったのです。

日誌の目的は何?から始まり、自分の達成したい目標に近づくための指標であり、その目標に近づいているのか?
という事でした。色々聞いていくうちに本質がわかり、解決しました。

2日目は戸建てなど不動産についての勉強会に参加しました。参加中にふと付き合いのある業者さんからメールがあるのではと気になり、メールを見ると、物件情報がきていたので家の中身も賃料相場もわからないまますぐに勉強会中に抜け出し電話をして、情報をある程度聞き2件おさえてもらいました。

今回の目的は、借りたお金で増やしいる方の実践者の方の話が聞きたかったのと、懇親会で実際はどうなのか?が聞きたかったからなのです。勉強会の時に京都の簡易宿泊所の話を質問した時に、施設外帳場をしてもらえるかもしれない事がわかり、
所在地を調べてみると800メートル以内で頼める事もわかり、思わぬ偶然で期待がもてるような事もありました。

懇親会では、どのようなきっかけで買い進めて行き、自営業で全く関係ない仕事からどうして今に至るのかも聞けました。講師の方も、今までは懇親会に参加して、勉強会と懇親会では情報量として、勉強会が1で懇親会が9と言われていました。

しかも毎回、勉強会では同じような話をするとの事です。話の中には多くの方に言えない事、ブログに書けない事やホームページに書けない事などは実際にありますので、私も懇親会で勉強会以上に満足した事もあるのでとても大事だと思っています。

本日は、幼稚園の運動会がありました。昨日の朝と懇親会が終わり帰宅してから走る練習をしました。雨以外の日には、何度か子供達と走る練習をしてました。1番になりたいだったら自分で起きて、パパを起こして!という感じです。強制でなく、子供達3人の意思でやりたい!という時に朝から30分ほど走っていました。

その成果もあり、徒競走は一番ですし、障害競走も一番でとっても気分が良い中、途中で運動会を抜けて原田式メンタルトレーニング指導者育成コースの勉強会に途中参加しました。

原田式で言うと、人は変わらないでなく、変える技術がない、変える情熱がない、自立を促せてないという考えでもあります。

勉強会中は自分が本当にしたい目標を考えました。目標は、現状の自分の成績や状況から考えるのでなく、目標も絶対できる目標を考え、最高の目標を考え、中間目標を考え、今回の目標を考えるのは何故なのか?などを教わり、勉強になりました。

仕事及びスポーツでは、人格の土台があってこそ、スキルが活かされるという考えで、人間力を磨けば磨くほど成果がでるという事なのです。陸上競技の経験がないのにどうして日本一を13回導いたのかなども、懇親会に参加して、裏側を聞けることが出来ました。

家族も家族経営という考えもある事を知り、どうやって子供を育てたいのか?どのような方針役割でいくのか?もすり合わせてますか?と聞かれました。なるほどです。

たまたま懇親会で話した方で青汁の開発をした経緯を聞く事が出来ました。お客さんが普段から青汁や○○を使っているので、それを配合して、その方の役に立ちたいと思い、開発して製品化したと聞きました。

どのようなつながりで課題が解決したり、きっかけになるかわからないです。

金曜日は懇親会は21時からでした。だけど、私の優先順位は癒手道での勉強が優先なので、9時50分頃に遅れて参加しました。もちろんお金は遅れてもみなさんと同じ金額です。

そこに初めて会う人に真っ白なTシャツ・短パンにリュック姿で会うのはどうか?
初めて参加するのに遅れては失礼だ!
遅れて参加して同じお金を払うのはもったいないから次の機会にした方が良いのでは?

などの辞める理由は全く考えずに、どうしたら課題が解決できるのか?だけを考えて参加しました。

そんな選択は日々あります。

今日より明日。明日の生き方・取り組みが自分にとって良いように変わればいい!
そんな考えで参加した3日間の懇親会でした。


頂いた玉葱(たまねぎ)のセット球がほぼ芽が出て大きく育っています。どんな玉ねぎが育つか楽しみです。

自然食品や健康に役に立つサポートをしている健康サポート専門店のサイトはこちら

癌の方30分無料で1日一人の予約制で氣功整体を始めました。詳しくはこちら

きららリハビリ訪問看護ステーションは2年目です。箕面市、池田市、吹田市、豊中市、茨木市、豊能町に訪問しています。詳しくはこちら

 

 

時間がたてば景色が変わる

2週間ほど依頼している事の放置で業者の方と連絡がつながらない!であるとか業者に頼んでいた工事が予定より3カ月も予定がのびていたらどういう態度を取りますか?私はどちらの業者にも何度か取引をし、お金を支払っているお客さんになります。

ある方は何度か電話やLINEで連絡をしても返信が返ってこない。
ある方は何度か工事について連絡をしても、下請けが動いてくれないので困っているという返答。

私は相手からしたらお客様?

お客様と思えば、こんな態度をされて訴えてやる。上司を出せという。他の所にお願いする。損害を請求する。とにかく謝らせる。他には重要なお客さんがいるから見下されているのか?などいろんな感情や思いがわくのかもしれません。

私は、今週2人の業者の方と進展がありました。
連絡が取れない方とようやく連絡がとれたり、納期が遅れている業者からはようやくほぼ終了したと連絡をもらえ現地に確認が行けたり出来ました。

怒る・損害や値引きを強制的にお願いするや謝ってもらう事は一切せずに、ただひたすらお願いと事情を聞いたり、話したりのみのやりとりです。そこに怒りの感情はないと言えば嘘になりますが、困っている事はお伝えし、怒りはぶつけません。

2週間ほど依頼している事を放置していた方に「何かあったのですか?」と聞くと、重要な仕事を任されていて、仕事用携帯を見ていなかったという事でした。

話を聞くと壮大なプロジェクトでプレッシャーがあり、必死だった。と理解できました。今度からはプライベートの携帯とLINEを教えるのでこちらに連絡をください。との事です。

私からしたら一歩進んだ!しかも理由が聞けて良かった。あとは頼んでいたことをお願いします。で終わりです。

3カ月納期が遅れている業者には、今では天災の影響でより忙しくなり、ひっきりなしに対応しているんですと言われるので、「その対応で忙しいのにありがとうございます。私は仕事をして頂いたのでツイテいる方ですね。」のみです。

まだ完全には終わってない部分もあるので、それもお願いはしている段階でこれがいつに終わるかはわかりませんが、ほぼ終わっているので次の段階に進めるのです。

何が言いたいかというと、お金を払ってもお客様とは思ってないのです。決して実績があってもその上はいると思っています。さらに言えば相手にはもっと重要な事や上得意様がいると思っています。相手に優先順位をあげてもらうには、信用と付き合いしかないと思っています。

お客様と思い、お互いの上下関係で言えば、こちらが上と思っていたら怒ると思います。私は、相手が取引する取引先の一人と考え、良い仕事もしてくれた事もあるし、感謝もしているので長く付き合いたいと思っています。いい面もあれば悪い面もあると思っています。こちらは機会損失や金銭的損失はかなりありましたが、それは仕方がないと思っています。

一緒に働くスタッフも同じことが言えると思います。こっちはお金を支払っているから動くのは当たり前で、なんで言った事が出来ないと怒る選択もあるかもしれません。だが、気長に見守り、朝の5分は私は傍観者になり、スタッフ達で全体ミーティングを進めてもらっています。

もちろん聞いていておかしいと思う事はありますが、ぐっとこらえて見守ります。意見を求められたりすれば話します。だが、意見の一つと思って、自分たちでどうするか考えてと言います。

おかしいと思っている事があれば、ナンバー2に聞いたりして、すりあわせます。目的は、スタッフの自立とクレドの徹底を目的にしています。詳しくは今度にします。

 

畑では、ようやくジャガイモの茎が大きくなり、マルチを突き上げているので、誰でもどこにジャガイモが成長しているのがわかる感じです。

新しいことをする場合は、不安もありますし、自分が重要と思わない事やほんまかいなと疑う場合は、いくら相手から言われても耳に入らないもんだと思っています。

私も農業の大先輩からジャガイモの茎がマルチを突き上げてくるよ。という話に、ほんまかいな?出来なかったら責任は自分が取らなあかんしという思いもあり、ほぼ従来のやり方でやっていました。


穴をあけてジャガイモを植える従来のやり方だとジャガイモの茎は緑色


マルチを突き上げてきたジャガイモはもやしみたいな色です。

だからいつしか時間がたてばいろんな経験が積み重なり、信用や安心感が増えれば、見えている物や見えている景色に対して思い方が変わるだろうと考えています。



今週は無事に依頼している事や工事が進んでよかった。そして、ジャガイモの芽も出てよかった。良い事はあると信じて、明日も取り組めたらと思っています。

子供達からは誕生日プレゼントをもらいました。どんなものでも嬉しいです。こんな気持ちであり続けれたらと思います。


左から長女・次女が作ったもの。右の絵は長男が書いた絵。