根をはる

毎月、月初はクレドを読む日です。このクレドをさらに実践するために、メンター・メンティ制度を導入する事にしました。

そこでストローク数は最低何回するのか?誰とするのか?同じペアもしくはグループでどれだけの期間するのか?結果発表の報告はどうするのか?などもみんなにどうしたらもっと良くなるのかを聞きながら、違う取り組みをする事を提案しました。

その後、幼稚園児に来て頂き、玉ねぎ採りを体験をする事が出来ました。去年に続いて2回目です。今年は玉ねぎを8000個ほど作ったので年長・年中・年少さん含めて、600人の子供達に行う予定です。

去年に、全学年の子達に、芋ほり体験後に玉ねぎの苗を植えてもらっていましたので、それが大きくなったんだよ!と見てもらいました。この日は200人の幼稚園児が来てくれました。



土曜日には、勉強会「第1回 大切な人といつまでも共に健康を目指すために」を行いました。

この会を開催したきっかけは、10年ほど前からお付き合いのある方が、勉強会を開催してほしいという要望があったのがきっかけでした。だが、そのきっかけをくださった方を理由があって断ったなどの事もありましたが、20人ほどの方に来て頂けました。

そこで、一緒に畑をしている加藤やNPO法人がん克服サポート研究会の高島にも話をしてもらい、私も「最後に力が湧きでる体操と向き合い方」を話しました。

まずは、自力運動療法を行い、体の力がでるようになったのか?
次に言霊の力で体の力がでるようになったのか?
次に呼吸を意識してもらったら体の力がでるようになったのか?

時間をかけてどれも出来なかったのですが、ほとんどみなさん体感出来るようになりました。また箕面市の商工会議所が主催のまちゼミを7月~8月にする予定ですので、その際には詳しく行いたいと思います。

今日は、秋の幼稚園児の農業体験でジャガイモを予定しているのですが、農作物は天候に左右されます。そのため、ジャガイモの代わりにもできるようにサツマイモをさらに220本植えました。これから雨が多くなるので、どうしてもサツマイモを植えたかったのです。農作業は朝から行い、終わったのが20時でした。

サツマイモの様子を見てて、今週は根をはるがぴったしと思いました。
サツマイモは苗を植えた時は、ただ茎を土にさしただけなので、見た目は元気に見えますが時間がたてば、枯れる物や生き残るものがあります。


今日、植えたサツマイモ

その違いは、同じ天気の中、土の中にしっかり根を張り、その場所でしっかりと生きるために順応したものだけが、サツマイモの茎に新たなエネルギーを取り込み、さらに茎が伸び、実となります。


5月27日に定植したサツマイモが根を張り、定着した様子。

 

サツマイモの様子を見てて、どんなきっかけであれ、違う予定があったとしても、「自分が何としてもやりたい!」と思ったものは、しっかりと根を張りたいと思いました。

 

思わぬプレゼント

これまでの人体のイメージは、脳が体全体の司令塔となり、他の臓器はそれに従うというもの。「脳を頂点とするタテ社会」という考え方だったのが、最新科学では体中の臓器が互いに直接情報をやりとりすることで、私たちの体が、そして生命が成り立っているという驚きの事実が明らかになってきた。

人体の中では常に臓器同士が会話をするようにメッセージを交換しながら
、支え合って働く巨大なネットワークであり、そのネットワークを支えるのが10万キロの血管網だそうです。(NHKスペシャル 神秘の巨大ネットワークより引用)

電気磁気治療器と磁気グッズなどを販売している株式会社ソーケンメディカルさんの商品は、血行をよくする磁気を発生させる医療機器を販売しています。

ソーケンメディカルの会社に行ったときに、故福田稔先生と初めてお会いし、治療を見せてもらいました。

2012年4月23日に「福田稔先生の刺絡療法」に詳しく書きましたが、
「患者さんの体から出しているメッセージを見る」というのがすごく、他の誰もがメッセージを見る事ができませんでした。

そのような勉強会など色々な取り組みを行っているソーケンメディカルさんも36周年という事で、「交流磁気が体を変える!」という本を頂きました。本当にありがたいです。

きららリハビリ訪問看護の理学療法士からは、オステオパシーを勉強していて、施術したら良くなりました。と教えてくれました。

オステオパシーとは、人間の自然治癒力を最大限に活かした医学です。
病気とは疾患部だけでおこっているわけではありません。

身体全体の様々な個所の少しずつの歪(歪み)や制限が繋がって大きくなり、ひょっこり顔をだしたところが疾患部です。

疾患部だけ調べても解決できない病気のほうがはるかに多いのです。
オステオパシーの施術は、まず身体全体の歪や制限を調べ、その繋がりを解きほぐすことで、人間自らが持つ自然治癒力を大きく回復します。
病気はあなた自身が治します。

オステオパスは、その経験と技術と知識のもとに快癒へのナビゲーターの役目を果たします。(日本オステオパシー連合のサイトより引用)

理学療法士も人の体を日々触り、良くしたい為にいろんな勉強をしているのでとっても勉強になります。

他にも、話は変わるのですが、畳を交換し畳のない状況で床を歩いていると、ミシッと床がへこむのです。2階でも木がかけていて隙間があったりと、驚きの光景でした。
何にも報告がなかったので、とってもいいタイミングで見る事が出来ました。

以前にフェイスブックのコメントで必要必然最良最善と教えてもらいました。その言葉を気に入っています。

何事も前向きに考えられ、何をメッセージとして教えてくれてるのか?などにつながります。

娘からも友達と遊び終わって帰ってきたときに、レンゲ(蓮華)の花束をパパとママに見せたいと言ってプレゼントって。



その時は雨は降ってなかったのか?を聞いてみると雨が降っていたけど、降ったりやんだりでやったし、お土産と思ってとの事。

私は、その時は畑でした。箕面ビールさんから麦かすを頂き、そのあとは玉ねぎの雑草抜きをやっていました。雨が降っていても、雑草抜きをすることで玉ねぎが良く育ち、喜んでもらえる顔をみれる選択はと考えた時には、雨など関係がありません。



日々、社会と関わり、人と関わり、家族とかかわる。色んなプレゼントがあったなー、嬉しかったなーと思えた1週間でした。

 

ソーケンメディカルさんの電気磁気治療器と磁気グッズはお得意様のみで特価で販売しています。詳しくはこちら

理学療法士がいる統合医療サポートチームきららリハビリ訪問看護ステーションのサイトはこちら

私が行う氣功整体のサイトはこちら

 

 

タヒボや緑でサラナを扱うことによって勉強できたこと

タヒボ茶のメーカーのタヒボジャパン株式会社の畠中社長に会いに行きました。ブログには書けませんが、私の聞きたかった事を単刀直入に教えて頂き、本当に感謝でいっぱいでした。

私がタヒボを始めたきっかけでとっても印象に残っている話で『人に対しての思いやり、気持ちがあればうまくしゃべれなくてもいい、どもりでもなんでもいいから一生懸命やったら人に伝わるから』と教わりました。

まともに勉強もせず、野球しか知らない私からすると、とっても体の緊張がほぐれ、上手くしゃべれない私でもできるかもしれないと思った言葉でした。

あれから19年。会社を初めて17期目ですが、今では人の健康に関わる仕事を会社で出来るようにまでなりました。タヒボ茶も対面販売の商品やタヒボまるごと粉末など、研究に研究を重ね、新たな商品が増えてきました。


タヒボジャパン社での陳列されているタヒボ

そこで研究の結果でわかった事で、タヒボティーバッグを煎じてどうすればもっと有用成分が抽出できるのか?という事で、タヒボのティーバッグの中身の粉末の形状が変わったのです。その事により、よりお茶の成分が抽出できるようになったのです。

そこでさらにわかってきた事で、1リットルのお水の中にタヒボティーバッグを3袋入れると飽和状態になるので、お水の量を増やす方法か他のエキスやタブレットを混ぜて、飲むなどを推奨するようになったのです。

 

他にも健康に関する情報として、歯周病対策商品や健康道場など総合的な健康をサポートしているサンスターの方が当社に来てくださった時に、研究の成果を教えてくださいました。細かくはお伝え出来ませんが、サンスターでは、がんセンターと深く関わり、研究を行っているのです。

私も初めて知ったのですが、がん及び糖尿病の多くの人が歯周病とのことです。発表前なので詳しくは言えませんが、何パーセントか聞くと、ほんとびっくりです。

サンスターは他にもアメリカでは3本の指に入るジョンソン糖尿病センターとも関係があり、どうすれば糖尿病に対して、良い商品をだせるのか?を追及するために研究を行っているのです。

日本でも糖尿病の権威が糖尿病は薬では治らない。食事がカギを握るので、サンスターの取り組みに共感し、糖尿病の方にお勧めしている商品なども教えて頂きました。

今までは腸内環境を見直せば、歯周病も良くなるという事は知っていたのですが、歯周病が糖尿病やがんに対して悪影響を及ぼすのであれば、同時に考えたほうが良いと思いました。

タヒボに関する事やサンスターさんから聞いた事は最新情報として、流れる前に聞いた事ばかりです。ネットの情報は早くて正確と思われるかもしれませんが、表に出る前に段階があったり、本当の事実をお伝え出来ないことも私が関わる情報の中ではよくある事です。

私達は、お話ができた方にはできる限り、包み隠さずお伝えしたりする事もあります。

気軽に聞くことで問題はすぐに解決するかもしれません。お気軽に私達をご活用して頂けたらと思います。

 

自然食品店にある商品や健康食品、手当関連についてはこちら

自宅での薬の投与・服薬管理・がんの方のサポート及びリハビリはこちら

がんを克服した方及び向き合う先生の情報などはこちら


玉ねぎがちょっとづつ立派に育ってきました!2回目の米ぬかまき。実になるのが楽しみです。

 

うつぶせでお尻をユラユラするだけで良くなる

きららリハビリ訪問看護ステーションの理学療法士より手術後に疼痛(とうつう)があり、その痛みが良くなったという事を聞き、どうやったの?と聞くと、「うつぶせで治しなさい」という本をお貸しして、それも実践してもらいました!と聞いたので、家でもできる簡単な方法に興味がありましたので読んでみました。

何をするかというと、うつぶせになり、骨盤を中心に、金魚になったイメージでお尻を左右にユラユラ動かすことです。

どうして痛みがとれるのかというと、痛みを感じるメカニズムとして、体の組織や器官は膜組織に包まれて形作られているので、第二の骨格とも呼ばれている膜組織が関係するとの事です。

その膜組織の上に、痛みを刺激として受け取るレセプター(受容器)が無数に点在していて、レセプターで受けとった刺激は脳に送られ、初めて痛い!と痛みを認識するのです。

そこでうつぶせでユラユラする事により、脳幹(生命維持にとても重要な中枢部位)にいい刺激が送られ、その情報は再び脊髄におりてきて、インナーマッスルが動員され、内側の筋肉が働くことで腹圧が上がり、横隔膜の動きも改善され、膜組織のねじれ、こわばりが解きほどかれて痛みが治るという仕組みなのです。

脳幹の働きを良くすると、セロトニンで痛みをブロックする事ができるそうなのですが、そのセロトニンを活性させるオキシトシンは皮膚と皮膚が接触するスキンシップを通じて分泌されるそうなんです。

前に「腰痛はストレスも原因?」で書いた時より、この本を読むことにより、膜組織と一緒に硬くなってしまった神経や、圧迫により血流が阻害されてしまった血管などが痛みを引き起こす原因でもある事がわかり、視野が広くなった感じです。

スタッフの理学療法士がこの著者の理学療法士の舟波先生からバイニーアプローチを学ぶことにより、身体と脳の相互作用を学ぶことができ、既成概念にとらわれない新たな知見を生み、患者様・ご利用者様により良いサービスを提供できる糸口となりたいと言った意味が理解できました。

人とのご縁や出来事などは本当に意味があるもんだと思えました。



痛みはうつぶせで治しなさい: 腰痛、ひざ痛、肩こりのない長持ちするからだをつくるには
 

バイニーアプローチを学んだ理学療法士がいる統合医療サポートチームきららリハビリ訪問看護ステーションのサイトはこちら

 

私が行う氣功整体のサイトはこちら

 

認知症は治るのか?

自立支援介護を実践されている方からすると、認知症の80%は治るというのです。その方法とは、食事をする事・水分をとる事・運動をする事です。水分は適量というより、ある目安の容量があり、食事も流動食でなく、摂食・嚥下能力を高める事をするそうです。

胃ろうも2年以内であれば、100%はずせるということでしたので、実績をあげている場所があるんだと、とても驚きました。

ちょどお隣の席の方と話す機会があり、その方も子供の食事を研究する方で、きれやすい子は食事で治るし、認知症も食事で改善すると言われていました。

認知症と言えばココナッツオイルしか思いつきませんでした。ココナッツオイルを摂取することにより、ケトン体を作り出し、ブドウ糖の代わりにエネルギー源になるため、神経細胞の活性を保つことができ、期待できるということ。

他にも過食やストレス・運動不足により、老化を加速させ、代謝が悪くなり、体内のごみの排泄機能が衰え、それが脳内でおこると、脳細胞を死滅させることになり、認知症になりやすい事や断食により脂肪酸からエネルギー(ケトン体)などを作り出すなどをニュースレター希輝通信(きらら)13号にまとめたりした事がありました。

最近では、アルツハイマー病の方はプラズマローゲン量が減少していることが分かったという事でサプリメント・健康食品などで補えるという事で、興味を持っていました。

だが、実際にお会いした方は、情報だけでなくお客さんを良い方向に導いたり、教えたりしている感じでした。畑なども行い、畑の微生物・水なども考え、野菜などを作り、食堂を運営しているので、どんな所なのか興味があるので見学に行く予定です。

一席しか空きがなく、たまたま座った席でこのようなご縁につながりとてもラッキーでした。さらにその会場で半年前に名刺交換した方と偶然にお会いして、訪問看護・リハビリの現状などもお聞きできたのでうれしい事が続きました。

同じ目的を持った方が集まるところには集まる。動いてみたり、聞いてみたりする事で可能性が広がっていく喜びを感じれた一日でした。

これからも体に良い事、勉強になることはニュースレター希輝通信などに掲載していく予定です。


ニュースレター希輝通信(きらら)13号(2014年7月頃発行したものです)

病気でお困りの方でアンケートに答えて頂けた方には無料で希輝通信を配布しています。詳しくはこちら→ http://www.gankokuhuku.com/kirara-list.htm