腰痛はストレスも原因?

腰痛が脳が原因って考えられますか?

アメリカのプライマリ・ケア(初期治療を担い、総合的な医療を提供する医療機関)受診者では、原因が特定できる腰痛は全体の約15%で、残りの約85%を占めるのは原因がはっきりしない「非特異的腰痛」。

非特異的腰痛のなかには、精神的なストレスが関係して起こるいわゆる「心因性腰痛」が多くみられることがわかってきたそうです。(毎日新聞医療プレミアムの記事より)

斎藤一人さんもアメリカでは腰痛は脳が原因ではないか?とう事がわかってきて、脳のしわざであり、ストレスを痛みにより忘れさせてくれているとわかりやすく説明しているのを聞いたことがあります。

腰痛に対してのアプローチとして第5回統合医療研修会で聞いた話ですが、18歳の時、事故により重度の腰痛を発症。30歳で1ケ月間、寝たきりを体験。腰痛を治すために、学んだ医学の知識を活用して、治療法を考案し腰痛を完治された坂戸先生の「緩消法」(がんしょうほう)は、筋肉を緩める事により腰痛がなくなるという方法もあります。

きららリハビリ訪問看護ステーションの理学療法士のスタッフも病気で腰痛の方には、呼吸が十分に行えているのかなども見たりし、胸腺や横隔膜周辺を施術すると言っていました。

リハビリで負荷をかけ続けるよりかは、いかに呼吸がしやすくなったのか?楽になったのか?などを見ると言っていました。

私がする氣功整体でもまずは腰及び他の部位も触り、体のコリや痛みを認知してもらい、その痛みを氣功整体により和らげる事を行います。

体の痛みやコリなどの原因は、何かをする時に力が抜けずりきんだり、ストレスを感じて筋肉が収縮する事により起こりやすいと考えています。

筋肉の収縮が続くと血の流れが悪くなったりして、病気になる事にもつながる可能性が高くなります。なので痛みやコリは内面をみつめるいい機会だと考えます。

なので体のみを必死に施術をする事は考えていません。

腰痛の原因が心因性腰痛が多いという事は、心の習慣が変われば良くなる可能性は十分にあるとも言えるので面白い記事だと思いました。

そこにはストレスを軽減するのにはサイモントン療法の事も書かれていました。サイモントン療法は簡単に言うと、ストレスと受け止めている事を自分にしっくりするような解釈にし、肯定的に思えるような考え方に修正し、自分の心と対話しながら少しでも肯定的に捉えれるように考える認知行動療法です。

私も13年前にサイモントン療法を知り、5泊6日の合宿に何回か行き、それをきっかけにNLPや交流分析などの心理学に興味を持ち、勉強した事があります。

体をみるだけでなく心もみる。部分的な事にとらわれず、全体をみる。言葉だけを聞くのでなく、その感情を読み取る。

人をみるのはみる人によっては違うと改めて思いました。

 

統合医療サポートチームきららリハビリ訪問看護ステーションのサイトはこちら

氣功整体のサイトはこちら

 



木が好きで思わず写真をとります。

 

2年前には気付かなかったこと

エネルギーを外に求めてはいけません。
我々の意識そのものが、エネルギーだからです。

どんな物質にもエネルギーは通っていて、どんな物質にも意識はあります。
農作物と話が出来なければ百姓は失格だ、と昔の人は言います。

エネルギーとは意識であり、神であり、生命であり、宇宙法則そのものです。
波動や空気や微生物なども言葉はちがうけど、すべて同じもの、、、

微生物にはプラス系とマイナス系が存在しているみたいで、土壌の表面側は、プラス系微生物で、地中はマイナス系微生物、、、

 

著者  飯島 秀行「自然が教える農業のお手本」に書いてあった内容です。

 

そこで畑に例えるなら未完熟堆肥はプラス系であり、エネルギーを放出するそうなんです。

畑では土に地ビールでの役割を終えた麦かすを入れ、トラクターで攪拌(かくはん)し発酵を促していた作業が、エネルギーの事で考えると、マイナス系の微生物のところにプラス系(未完熟堆肥)を入れることになっていました。


10月1日 白菜の写真

その為、微生物のアンバランスが生じて、野菜に病的症状や虫に食べられたりする現象が起こる事を知りました。いつもはこの虫食い状態からきれいな野菜になります。

 

形を作り変えながら継続していく姿を、ナチュラルと言い、腐敗して空に転換して行く姿をケミカルと言い、野菜や魚も採った物をそのまま食べるとケミカルで、煮たり、焼いたりする事でエネルギーを呼び込み補充する事でナチュラル。

 

霊的エネルギーを無視して、物質に拘ってばかりいると、肉体に症状がでるのは当然であり、霊エネルギーが物質を生かしている生命であり、生かされている肉体が、生かし主を無視して、行き続けられる事は無いそうです。

 

風邪の症状でも、癌の症状でも、肉体の病気の原因は、自分自身の意識のアンバランスであり、物質がエネルギーと呼吸している状態が健康である、、、

 

この本は、2年前にスタッフが退職する際に、プレゼントとしてもらった本です。その際はあまり気にならなかったのですが、気になる事がたくさん書いてあると思いました。もらった事に改めて感謝しました。

毎日行っている瞑想や自力運動療法も氣・エネルギーを高める事につながっている事も「自然が教える農業のお手本」の自然の原理としてつながっていたのです。

3年前にちょっとこだわったエコ住宅でお世話になった方と2日前に打ち合わせの為に会った際に改めて名刺交換をし、今日電話がかかってきました。タヒボの事で聞きたいことがあると、相談を受けました。

3年前にも名刺にはタヒボの事を書いていて、今もタヒボを扱っている事を書いています。

必要なタイミングで目に入るのか?
もっとスタッフの思いや伝えたいことを理解しないといけなかったのか?
と色々と考えましたが、どんな出会いにも意味がある!とだけはわかりました。


タヒボの資料についてはこちら  


長崎の枇杷農家さんに会いに

長崎の枇杷農家さんに会いに行きました。実は電話でのやりとりしかした事がなく会ったことがなかったのです。枇杷の葉だけでなく、枇杷の種もお世話になっている農家さんです。

何カ所かで枇杷葉を育て、全部で3000坪以上あるそうです。その内、自宅から近い場所を案内してもらいました。とても山道の中を走った場所にあります。斜面も急な山です。とても立派な葉ばかりです。



それはお手当のびわの生葉の為に、枇杷の木に対して色々と手入れをしているからなのです。一番重要でとても大変な仕事は芽かきです。芽かきは新芽やつぼみをとります。


枇杷の花のつぼみ

つぼみを取らないとびわの実をならす為に、花が養分をたくさん使うそうです。木にもとても負担をかけるそうです。


ちなみにびわの実をならした後の枇杷の木の写真です。葉がまばらでスカスカの状態です。

 

実をならす時は、枝も見て丈夫なのだけを残し、育てるそうです。新芽もそうです。新芽を一つだけ残し、あとは摘み取るのです。そうすると立派な葉がそのあとに、育つそうです。



枇杷の実を出荷していた当時は除草剤を使っていたそうなんです。その時は、土が固くなりミミズさえいなかったそうです。草刈りもほぼしなくても草が生えてこなかったそうです。

だが除草剤をやめてからは、土もふかふかでミミズもたくさんいるので、イノシシがミミズを食べる為に、土を掘り返すそうです。除草剤を使っていないので、定期的な草刈りも必要になってきます。

他にも米ぬかをまいたり、EMを使ったぼかしを使って野菜を作ったりして、野菜の育ち方が明らかに違うことを実感され、徐々に自然農法に近づけていく考えになったそうです。

枇杷の実も袋がけせずに、自然のままに育てる方がおいしいですよ!と教えて頂きました。

他にも、枇杷の葉を採りやすくするために、枝をひっぱって枝のつきかたも収穫しやすいようにコントロールしているのです。



枇杷の葉の為に、手の込んだ作業をいつもして頂いていたのです。どおりで立派な葉がくるのだと納得しました。

行く前には、昼食はどこかで食べてくるとお伝えしていたのですが、車で向かっている最中に、「昼食も用意しているので」とご連絡をいただき、お昼も家族でご馳走になりました。

あとで奥様から聞いたのですが、「食事をしながらの方が色々と話しやすいと思うので」という事で前から食べながら話す事を考えて頂いていたみたいでした。他にも枇杷の種を保管するのに、冷蔵庫まで買ったと教えてくださいました。

私達は、そこまで知らず保管などもお願いしていました。見えないところでたくさんの優しさと良い物を作るという努力があり、本当に感謝でいっぱいの気持ちになりました。

本当にみるからに優しいオーラが出ている農家さんでした。お会いできて、本当に良かったです。

 

枇杷の生葉や手当関連商品について詳しくはこちら

 

 

十津川農場に取材に行きました!

8月10日に家族で十津川農場に取材に行きました。8月9日の夕方に南港から「フェリーさんふらわあ」に乗り、朝9時頃に志布志港に着きました。そこから車で1時間ほどで鹿児島県南大隅町根占にある十津川農場に着きました。

早速、工場見学をさせて頂きました。お盆前ですが、わざわざ工場を稼働をして頂きとてもありがたい気持ちで勉強させて頂きました。

工場には鹿児島の農家さんから枇杷葉を10キロごとに袋詰めにして送ってもらうか?回収にまわるそうです。もちろん新芽から成長した新しい葉でなく、垂れている葉に限ります。葉を見ると大きさはあまり関係ないみたいですが、色が濃いのが多くとても良さそうな葉ばかりでした。



玉置社長は、自社の枇杷葉に関しては、桜島に異変があったり、なんかあった時の緊急用に考えているそうです。自社でも1万坪の敷地に枇杷の木が5000本ありますが、あくまでも周りの農家さんが少しでも収入になるように優先して定期的に購入しています。



跡継ぎがいない所や困っている農家さんの枇杷の場合は剪定や管理までもお手伝いをしたりして、地域でお互いが良くなるような取り組みを行っているのです。
ねじめびわ茶にするまでの工程としてまずは枇杷葉を粉砕し、洗浄です。





洗浄した後は、波動水に数分つけると、アクや汚れがとれ、より多くの旨味や体にとって良い成分が引き出されるのです。この数分がとても肝心だそうです。長すぎでも成分が水に流れてしまいますし、その辺りは試行錯誤の時間になったそうです。


この波動水は、鉱石に詳しい方に独自に開発してもらったものです。数十種類の鉱石の中に、高い圧をかけて水を循環させるのです。そのため、粒子が細かくなるので短時間のうちにアクが取れ、水の色を見てもわかるぐらいになるのです。

しかも波動水につけることにより、鉱石の力も加わり、エネルギーも高くなるのです。波動水につけた後は、天日干しになります。夏場は天気が良くて1日~2日、冬場では3日~4日天日干しするそうです。天日干し専用のハウスが全部で16棟もあるのです。ここで十分に乾かし。そこから焙煎です。


焙煎は、独自に作ったトルマリン石を入れます。トルマリン石焙煎も時期により時間も変わるそうです。焙煎温度は350度でトルマリン石焙煎加工だと、一般的なびわ茶に比べてミネラルが3倍にアップするのです。

しかも通常の枇杷に含まれるアミグダリンがこの焙煎方法だと検出されなくなるのです。アミグダリンが検出されないのに、このねじめびわ茶は成分に関して、とっても可能性の広がる特許まで取得しているのです。



ねじめびわ茶については、平成16年から国立鹿児島大学と共同研究がはじまり、人体にとってどこまで役に立つものなのかをさらに研究し続けているのです。

ねじめびわ茶には独自のトルマンリン石焙煎により、遠赤外線効果や化学反応が起こり新鮮なびわの生葉に含まれるポリフェノールが一部減り、そのかわりに種類のちがうポリフェノールが検出され、その数値が高くまだ種類が同定できてないのです。重さも生葉より焙煎して製品化すると30%ほどになるそうです。


手作りのトルマンリン石

わかった事は、複数に絡み合った重合ポリフェノールが複合的に作用しているみたいで、2013年に米国の機能性食品の専門誌に掲載されたのです。この可能性を秘めた成分はすでに10年以上研究を続け、今でも研究中なのです。

国立鹿児島大学と共同研究により、社内で答えれない質問は鹿児島大学に聞いて、対応を行っているそうなんです。それを聞くと、とっても安心して色んな相談ができると思いました。

工場見学の後は、膨大な今までのお客様のアンケートや体験談を見せて頂きました。薬以外の食品などでは効果効能をうたえない以上は、病気に関することでねじめびわ茶のおかげで良い影響があっても書くことや公表することができないのです。
解明に向けて研究費を使い、わかってきたのに人に言えないのはとてもはがゆいと思います。

社員の新開さんは、不思議なご縁で玉置社長と出会い、ねじめびわ茶により、乳がんの再発の恐れから解放された一人です。当時の事を振り返ってどのような経緯で、健康になったのか?を親切に教えてくださり、とてもねじめびわ茶の可能性を感じることが出来ました。(ねじめびわ茶の書籍にも一部掲載されています)
十津川農場さんではねじめびわ茶はカリウムがたくさん含まれているので、カリウム制限・透析をされている方・腎不全の方などは飲用前に必ず主治医様にご相談くださいとしています。

ただ、今までのお客様の体験談の話を聞いていると、不思議なことが起こるんだなぁーと思いました。ひとつ言えることは、誰を?何を?信じるかにより大きく結果が変わると思いました。

私も子供がアトピーで4人の医者に診断してもらい、言うことを聞いても治らないと自己判断し、アレルギー反応が高いものを少しづつ、食べさせ今ではほぼ何を食べても大丈夫な状態です。(それだけではありませんが、、)

あの時、医者はステロイド(薬)を勧めてきたり、何もしない事や色んな事を言ってきました。だが、今までの代替療法で健康に導いている先生の取材での知識や自分の直感、何が体にとって本当は良いのか?を考えることができたおかげで息子は治ったのだと思っています。

カリウムの摂取が制限されていれば、医者は当然、それ以上にカリウムをとることはダメだと言います。抗がん剤治療を行っているがん患者には、健康食品なども摂取するなと言う医者もいます。

医者が言うので自分がよいと思ったお茶や食事療法を諦める事ができますか?その言葉は信用できますか?命を託せますか?

あとは人それぞれの決断なのでどっちが正しいのか?まではわかりませんが、どうしてその選択がよいと思うのか?を納得いくまで聞いたほうが良いと思います。

私の場合は仕事柄、病気が治った方や治らない方の話を聞くこともありますし、4人の医者がどういう事に詳しくて実績があり、自信があり、真実なのかも判断してました。言葉だけでなく、感性や直感を信じました。

ひとつ言えることは、ねじめびわ茶の可能性はすごい!と思いました。私以外にもねじめびわ茶の効能などを伝えたく、独自に取材をした管理栄養士佐々木ゆりさんという方もいます。ねじめびわ茶について本も出版されています。

勉強の後は、鹿児島県の豚しゃぶを食べに行きました。料理を作ってくださる経営者の方は、何年も前からねじめびわ茶を愛飲しているそうです。豚しゃぶはだしの代わりにねじめびわ茶を入れ、その中に豚肉を入れて食べるのです。

通常のだしだったらアクなどが出てくると思うのですが、ねじめびわ茶だと全くアクなどが出てこないのです。味は、ねじめびわ茶の香りが豚しゃぶにあい、とっても旨いのです。ねじめびわ茶を飲む以外に楽しめる方法ですね。


他にも、マヨネーズの中にねじめびわ茶を入れると分離するそうです。油を分解したり、アクが出ないというのも不思議なもんです。

それとコーヒーも水の代わりに、ねじめびわ茶でコーヒーを入れて頂きました。私はブラックでは飲めないので、コーヒーそのものを楽しむタイプではないのかもしれませんが、ねじめびわ茶のコーヒーも旨いと思いました。私が少しでも多く、ねじめびわ茶を飲みたいと思ったときはこんな活用方法もありだと思いました。

3歳・5歳・8歳の子供達はねじめびわ茶を何杯も飲んでいました。ねじめびわ茶はノンカフェインなので子供から妊婦の方まで幅広くの方が楽しめると思いました。
それと、放射能検査や残留農薬検査なども定期的に行い、安心でもあります。

十津川農場の敷地内にある天空庵に2泊宿泊させて頂き、長崎の枇杷農家さんに会いに行く為に3日目の朝5時半に出発しました。



お盆休みにも関わらず、その際も玉置社長及びスタッフの方に見送っていただき、本当に感謝でいっぱいでおまけに朝ごはんも車の中でという事で頂き、本当にありがたい・感謝いっぱいの気持ちで鹿児島の最南端から長崎に向かいました。

今回の十津川農場さんの取材では、ねじめびわ茶のすばらしさを再確認ができたのはもちろんの事、地域を大切にする姿勢や定年制がなく人を大切にする会社の方針や人の温かさや人との関り方まで見させて頂き、とっても自然な対応でみなさんやさしく、人としての在り方まで勉強させていただきました。


雄川の滝

 

十津川農場のねじめびわ茶について詳しくはこちら

 

精神科訪問看護の勉強会

精神科訪問看護をはじめるには、精神科で1年以上勤務した方がいてるか、研修を受けた方がいれば精神科もできるのです。体制は整っていませんが、事前に勉強の為に5月20日に行ってきました。

まずこころの健康の概念ですが、 ただ生活しているにとどまらず「生きているという実感を持ちながら生きる生活「こころ」のあり方が健康の指標となっています。

この言葉は、関りを密にしないとそう簡単には治らないことも友達が一時、統合失調症になっていたので理解はしていました。 統合失調症とは、知覚、思考、感情、行動、自我などの精神機能に障害が表れることす。

訪問看護の場合は、シンナーや覚せい剤などの精神障害のある方も統合失調症と診断されるので、必ずその方の詳しい病歴や歩みを確認したほうが良いとのことでした。

他にも抑うつ障害、躁病(そうびょう)、不安障害、強迫性障害、認知症などの症状で悩まれる方もいるので病気の事を理解する事と看護アプローチについても講義がありました。

勉強して思ったことは、普段から人の表情及び言動やエネルギーを見ながら接していたら、特に訪問看護でも接し方は変わらないのでは?と思いました。

NLPの心理学でも、慈愛と無批判と気づきを基本としていますし、会社では何度かみんなに話していました。

お客様との電話の応対では、人に同調する(呼吸や声の調子)、あいづちをうつ。いい所はほめる。関心をもって人の話を聞き、その言葉の背景にある事や本当に伝えたいことを意識する、もし何か声のトーンがおかしいと感じたら、話を聞き、理解を深める。相手の心にふれているイメージをもつなどです。

現場であれば相手のルールやパターンを理解し合わせる。動作をあわせるなどが入ってきます。そして、心の状態は雰囲気に出てくるので、相手に対してどういう影響をもたらしたいのか?という心構えがより大事になってくると思いました。

どれだけの影響力をもてるのか?どのようにすれば役に立てるのか?どのようすれば信頼してもらえるのか?どのような職業であっても基本は同じなんだと思いました。

看護師は多くの患者さんを診ているので、体と心のつながりを突き詰めていくとまったく違うのかもしれませんが、患者さんとどのようにして距離をつめていくかは少しは理解でき勉強になりました。

精神科訪問看護の勉強後、自力運動療法の勉強に行きました。

訪問看護のいきさつや思いを掲載したニュースレター「学び日記」のカラー版が出来上がりました。ニュースレターでは、ウエブ版の内容以外にもクイズや豆知識やキャンペーンなどもご案内しています。今回は、前職でアロママッサージを行っていたスタッフの話など健康に関わる事など掲載しています。

manabi-top

歩んできた道とこれからの取り組み



学び日記はこちら→ http://kenkousupport.jp/