医者から勧められた抗がん剤を拒否し茶を

茶を12年前から愛飲している代理店の竹中さん(仮名)のお母様(70歳代)が2014.7月に○○市民病院で大腸がんのため緊急手術を受けたと教えてくださいました。私もお会いしたことがありますし、とてもお元気な印象がありましたので、びっくりしました。

まえぶれとして2012年頃から親指の色だけがドス黒くふくれあがっていたそうなんです。爪も硬くなっている状態で、東洋医学では肺・大腸が悪いということですので竹中さんは心配をしていたそうです。

他にもいつぐらいかわからないが痔であったり、2013年にはヘルペスになったそうです。それから2014.7月に相当痛いということで緊急入院し、30センチの大腸がんを手術したそうなんです。手術した1週間前には定期健診で血液検査で何も異常はなかったそうなんです。

術後は、○○病院では京大出身の医者が多いらしく、抗がん剤専門の部長が飲む抗がん剤・自宅でできる点滴のような抗がん剤を勧めてきたそうです。抗がん剤治療以外は何も服用しないでほしいという話であったのですが、茶の科学的根拠や文献・論文などをみせたり、茶の体験談などを含めて1時間ほど先生に話し、竹中さんの中でのがんに対しての対策の方法を理解してもらい、抗がん剤を断る事ができたのです。

手術後、10日で退院し、自宅療養。人工肛門で7か月後に人工肛門をとじる手術を行ったそうです。半年間、腸を使っていなければ、便を出す際には手術をうけなかったらよかったというぐらいの激痛がはしるそうです。

痛みが1~2か月ほど続き、術後3ケ月目には痛みがなくなったそうです。術後は3ケ月間はティーバッグに換算すると1日茶42袋相当で、その後は18袋相当を飲用したそうです。(ティーバッグより値段がお得な商品があり、竹中さんはその商品を使用。代理店なので茶は卸価格。詳しく書けませんのでお気軽にお問い合わせくださいませ)

今では、歩いて買い物もいけるまで回復し、とても元気になったと教えてくださいました。竹中さんのお母様は、缶詰・ソーセージ・ハムなどの加工品が好きで、甘いものは特に好きだったそうですが、糖尿病でもなんでもなく健康体であったそうです。術後は、癌の対策として日頃から野菜を食べるのが少なかったので増やし、食事も気にするようになったと教えてくださいました。

竹中さんも大阪で2015年9月27日(日)13時から行われます30周年記念講演会に来てくださります。

記念式典は二部構成を予定しており、第一部は人気テレビ番組「情熱大陸」でも紹介された小児外科医の吉岡秀人先生(特定非営利活動法人ジャパンハート代表)の記念講演、第二部は茶をご支援いただいているドクターや大学の研究者の先生や参加者で一緒に楽しむ記念パーティーとなります。この内容でご愛飲者の方は料金は無料です。

第2部の懇親会で竹中さんのお話を聞きたい方はご紹介しますし、お気軽に茶に関心のあるお客様はご参加頂けたらと思います。講演会参加希望のお客様は0120-14-1417までご連絡くださいませ。人数に限りがありますのでお早目にお願いします。

私はかつてはで茶を愛飲している方ががんになると、「茶を飲む量が少ないからがんになるんだろう。」とか「毎日飲んでいたのか?」など茶が本当にすばらしいからどうして病気になるのか不思議でしょうがないと思っていました。

だが、ある出来事がきっかけで病気にならないためにはどうしたら良いのか?茶などの健康食品に依存しないためにはどうした良いのか?などを勉強するために、NPO法人がん克服サポート研究会で癌が治る情報を集めてきました。

代替療法でがんを治してきたお医者さんなどに取材し、何が原因でどのような対策をすればよいのかを聞き、ニュースレターにしてきました。

kirara-bana-14

2007年から集めてきた情報をまとめて、がんを治すための冊子を製作してます。がんが治った方から多くの事を勉強できますので、がんが治った方がいましたら是非とも治った経緯を教えて頂けたらと思います。



7月19日には東京で統合療法推進セミナーでご愛飲者の方が講演会に参加されますので、東京にも行きます。あと8月23日に金沢、11月8日は沖縄であります。

 

衆議院会館国際会議室での統合医療講演会

「統合医療~現代医療の桎梏と未来~如何に長生きするか」というテーマで㈱きせんワールドの今までのタヒボ茶ご愛飲者及び仲間達などが104名集結し、講演会が行なわれました。

そこでいわま鍼灸院鍼灸師・カウンセラー 岩間順子さんも兵庫県から来て頂いたり、一番遠い方で九州の方からも来て頂いていました。お電話でしかしらないお客様ともお会いできました。


国際会議室での講演会の様子



今回の講演会では、タヒボジャパン株式会社の畠中副社長にタヒボnfdの現状などをお話していただきました。

次に統合医療の概要と統合医療によるいまだ難病といわれる病気の向き合い方などを門馬登喜大(もんまときお)先生によりお話を伺いました。

門馬登喜大先生はワシントン大学で語学、環境科学、環境医学聴講後、バスティア大学でアーユルヴェーダ医学(インド伝統医学)を学び、認定資格(アーユルヴェーダプラクティショナー資格)を取得。現在は、インド医学、統合医療の研究などを行われています。

門馬先生の話の中で難病といわれる病気は、農薬や劇薬などとも関係があるという話がありました。難病といわれる種類も6000以上はあり、薬の量と同じほどの量になるというデーターがあるみたいです。

その為、食事療法などはとても重要な事にもなってくるそうです。食事療法だけでなく、統合的医療で病気を治すという事をコンセプトに門馬先生が指導する病院も開院されました。

門馬先生は、タヒボ茶のすばらしさも知っているので、病院ではタヒボnfdも選択肢の一つとなっています。他にもコロイドミネラルヨードなども使ったり、患者さんの病気の原因を探り、治療を行うそうです。

 門馬先生の講演会の詳しいお話は、ニュースレターなどでご紹介させていただこうと思っています。

それと2008年6月にお会いした今野社長も偶然にいらっしゃって、びっくりしました。ご縁・偶然って本当にすごいですね。

 

「道は近きにある」を実践

「自分の道を信じる挑戦者達」シリーズに、紳士・婦人服を10店舗

経営している㈱あさひやの小椋会長の事を掲載したいと思い、お話を

お伺いしに行きました。





小椋会長は、18歳から仕事を始められ、住職の息子さんと一緒に

地域の子供たちの為に、ボーイスカウトを20歳から40歳までの

20年間続けられ、ボアランティアでする事がとても大きく役に

立ったと教えてくださいました。





ボーイスカウトはお金をもらってやるものではないし、子供達も

お金を払って来ていたわけではないので、

「約束を守らなければいけない」、「必ず来ないといけない」

などの義務もなく、すぐに来なくなってしまうのです。





しかし、自然体で子供達の心に向き合う事が出来たし、一緒に

楽しく学ぶ事を常に考えていたとの事でした。

その結果、子供の数も口コミにより70人を越えるまでになった

そうです。





その教え子と友達がお店に遊びに来るようになり、5年後には

小椋会長(㈱あさひや)のもとで社員となり、さらに店長となり、

あさひやの社長にまでなられたそうです。





しかも現在のあさひや社長の親友が、東京の服飾関係の会社に

勤めている事を聞いて、小椋会長は夫婦で、転勤先の仙台まで

会いに行き、そこで話した事がきっかけとなり、ショッピング

モールに出店している店舗の店長を任されたそうです。





小椋会長の取材中に教えていただいた「道は近きにある」という

言葉がありました。

その言葉どおり、身近な方を大事にしてきた事で、これまでの経緯

があったのだと、とても説得力がありました。





そして、もうひとつ印象に残った言葉は、「相手の事を信じきる」

という言葉でした。「相手の事を信じきって話をする。」、

「相手の存在を受け入れる。」、「相手の心に話しかけるんだ。」

と教えていただきました。





「道は近きにある」、「相手の事を信じきる」これを実践してこられ

た小椋会長は、出会った方の心に問いかけ、人を信じきって任せる事

により、一つ一つを実現してこられたすばらしい実業家だと強く感じ

ました。








親父のがんが手術で99%取りきれたんですよ

吉山先生から朝に連絡がありました。

『親父のがんが手術で99%取りきれたんですよ、色々ありがとう』と、喜びの声を頂きました。

最初は、年を越せないだろうという状態だったのです。それを聞いてから、起泉の整水器を使ってもらい、それとタヒボを飲んでもらいました。

他には野菜ジュースを飲まれていたそうです。



もう、この喜びの声を聞いたときは、うれしくてうれしくてたまりませんでした。

他のタヒボの愛飲者の方のためにも、手紙も書くと言って下さったので、また届きしだいご報告できるかもしれません。



吉山先生は、私が高校の頃からお世話になっていた先生ですのでとてもよかったと思いました。現在は、兵庫県で接骨院を開業されていて、タヒボも開業されてからおいてくれていたのです。吉山先生のご両親はタヒボで驚くような体験をしていらっしゃるので、体の治療の際は聞いてみてください。



あと、ちょっとだけついでに言わしてもらえば、接骨院においてある機械は最新のばかりで、その機械で私は、肩、首などを短期間で治してもらいました。

(治療してもらったのは、吉山先生の友人の渡辺先生の治療所で同じ機械です。)

タヒボの代理店さんの昭和法規出版株式会社の川田さんに取材してみました!-続編

取材の事をまとめてみると





・大阪では、接骨院の業界で有名な先生が息子の事があって、タヒボを信用してくれて、勧めてくれている。



・タヒボ茶を飲んでいるご両親が、何度も検査をした不思議な出来事



・神戸の徳丸先生から、『もっと自信を持ってみんなに教えていかなあかんやろう』と、言ってくれるまでに信頼を結べた7ヶ月のエピソード。



・喜ばれる、感謝されるということを、感じることが出来るのはタヒボが一番と思った出来事。



・「ここだけの話しやけど、感謝してる。」と、とても頑固な患者さんが徳丸先生にもらした理由。



・徳丸先生は、以前は警察官でした。警察時代の16年間で、日本体育協会スポーツトレーナー1級(現)日本体育協会公認スポーツ指導者の資格を取得。その先生がタヒボを信じた理由







川田さんの取材内容は、タヒボ茶の効能効果にふれる部分が多いためご紹介が出来ません。

詳しくは、当社までお問い合わせくださいませ。