教わり学ぶ

頭が少し痛く、手足がはれぼったい事が何日か続いていました。そこで毎週金曜日に勉強しに行っている癒手道の樋渡先生に聞いてみました。

目を閉じて、まぶたの上から目を触るとどうですか?という事でしたので、触ってみると右目の方がかたいのです。

そして、両手・両足と緩めてもらい、5分ほど寝ていると、足の腫れが少し良くなった感じなのです。その時は、頭痛も気にならないのです。

脱力して、寝ることが大事なのを学びました。人間の体には修復能力があるという事です。

家では、寝る前には脱力はするのですが、私以外みんな暑いらしく、クーラーがきいている部屋で私だけ寒い寒いとタオルケットがとれないように寝ていました。確かにリラックスより、寒さに気を取られて体が完全にリラックスして寝ている感じではありませんでした。

寝る事が大事だと教わった日は、外が涼しくクーラーをつけることなく、私だけタオルケットでなく羽毛布団で寝たら、起きたらはれぼったさがほぼなくなっていたのです。寝る事の大切さをとても感じました。

 

畑では、ジャガイモを定植していると、新しく借りた畑の方と一緒にされている方が、夕方に私の様子を見ていて、ジャガイモは深く植えた方が良いよ!さらに植えてからマルチをする方が良いよ!と教えてくださいました。

いつもはマルチをしてから穴をあけて、掘ってジャガイモを埋めるという流れです。先にジャガイモを植えても大きくなるとマルチが盛り上がるのでそこをカッターで切ればいいそうなんです。そんな発想はありませんでした。

その方法だと、ジャガイモをいっぺんに定植できるのです。土曜日にマルチに穴をあけてニシユタカ160個、日曜日はマルチをせずに1時間半で330個(デジマ・ニシユタカ)ほど定植できました。

日曜日は、12時に簡易宿泊所を経営される方より、枕や掛け布団などを頂きに行った時に、1棟のマンションを借りて運営するノウハウなどを教えて頂き、とても勉強になりました。その方は、大阪の鶴橋で特区民泊もされていましたが、京都の方が良いとの事で、全部譲って京都でするとの事でした。

その後、世界遺産である二条城に行き、松がとてもたくさんありとってもきれいでした。松は、常緑樹であり、不老長寿であり繁栄などの意味もあり、障壁画にもなっています。



今週は人から教わり学んで良い事がたくさんありました。他にも、言われるがままに2カ月半で物件が売れたりと、、

人は支え合って生きている。コミュニケーションにより、新たな気づきや勉強ができ、また成長できる。

何か問題だと思えば、それは自分が成長するための課題ですし、どうしたら上手くいくのか?を考えていって、実践することにより、経験値がどんどんあがっていくのではと思います。

教えてもらえることはありがたいです。
教えてもらうには普段からの関わりと行動あるのみですし、私達もお客様とお話をして逆に気付きをもらう事はたくさんあります。


二条城から歩いて10分。ランチのお店の近くにあった御金神社(みかねじんじゃ)たまたま行けてツイテいます。

人から教わる・学ぶとう姿勢であれば、どんな事も勉強になるかもしれませんね。
何か気になる事があればお気軽に聞いて頂けたらと思います。私達も学びの機会になります。

 


先週にはじめてサツマイモに水やりを行いました。元気に復活しています。たくましいです。みんなで必死に生きると、根元に日影ができ保水にもなる効果が、思わぬ副産物

 

ミッションについて

7つの習慣・原田メソッド研修などの人材教育などを行っている株式会社ジェイックの代表の佐藤 剛志社長の話を聞きに行きました。

そこでミッションについてとてもわかりやすい話がありました。
サンタクロースはどんな目的で、子供達にプレゼントを配るのでしょうか?


子供達に喜んでもらうため?希望を持ってもらうため?だと思います。

みんなが寝静まった夜中に、冬の猛吹雪かもしれない中、えんとつの中から家に入り、プレゼントを届けているとします。

どうしてそれを毎年、するかというと、子供達に喜んでもらうため、希望を持ってもらうため、だと思います。

ここにミッションがなく、サンタクロースが行っている事を仕事と考えると、深夜勤務で、悪天候で出勤するのがつらい状況、しかもえんとつの中からわざわざ入る!何件も寝静まっている時間内に回らなければならいない!起きていたら、また寝てからまわらないと、、

やっている行動だけを考えて、これが賃金に見合うか考え、もっと良い条件がないかどうかと考えないでしょうか?

ミッションがあれば、来年は、さらに子供に喜んでもらうために、同じプレゼントは配らないですし、喜んでもらうにはどうすればよいかを考える。ただ仕事をしているだけとなればどう考えるでしょうか?

ミッションがあるのとないのとでは、同じ仕事をしていても、子供達の喜びは全く違っていく結果をもたらす事を、ここでは説明を十分にできませんが、わかりやすく教えてくださいました。

 

畑では3週間ほど晴れが続きました。
週末のみですので、水やりはしてません。だが先週、実験の為に一部の茄子のみ水をあげました。

そして、今週その結果をみると、水やりをした茄子としてない茄子ではさほど違いがありませんでした。

水をあげてもそれから7日間、晴れが続き、水をあげていないという事もあるからだと思います。

だが、茄子とサツマイモが共生している畝は、3週間水やりをしなくても、まだ収穫して食べれるぐらいのナスの水分を含んだ硬さがありました。



畑で例えれば、生きていくのに晴れたり、雨が降ったりと環境が良ければ、1人で生きていけます。ただ、天候という環境が適さないと、雑草もなく、栄養を独り占めにしていた茄子でも、育つことが出来ません。



常にミッション(使命)を考える。そして、ミッションが同じ仲間も含めて、お互いの特性を知って助け合う。

収穫した茄子・とうがん・ジャガイモ・オクラ、どんな環境下でも生き残った野菜を頂きます。

仕事以外の何に興味をもち、どのような目標があるのか?など、佐藤社長の話を聞いた後で、スタッフの加藤と二人で予祝をしながら、話すことができ、とても良いタイミングで話すことが出来ました。

健康について、1人で考えて困ったときには是非とも私達にもお気軽にご相談くださいませ。少しでも、私達の使命をはたせたらと思っています。

 

健康サポート専門店のミッションとクレド(信条)についてはこちら

「統合医療サポートチーム きららリハビリ訪問看護ステーション」のミッションは
「ご自身の選ばれた道をご自身で歩むことをチームでお支えいたします。」北摂地域の箕面市、池田市、吹田市、豊中市、茨木市、豊能町に訪問看護サービスを行っています。詳しくはこちら

タイミングをのがすと

土曜日はとても暑い一日でしたが、畑の草刈りをしたり、玉ねぎで使っていた雑草に埋もれていたマルチをはがしていました。

埋もれているマルチを剥がすのは、非常に要領が悪かったのかもしれません。
収穫の後にマルチをはがすと、1畝の玉ねぎのマルチをはがすのに5分ぐらいですが、雑草を刈って、マルチを剥がすと、30分以上はかかります。


(草を刈る日に草刈機のエンジンが動かなかったので修理に出し、目的を達成するために急きょ2台目を買い、草を刈りました。)

タイミングを逃すと、とっても時間がかかるのです。だが、他の事を優先した結果であり、予想はついていたのです。この暑い時期には、作物の定植や種植えはありません。雑草を刈るぐらいです。8月からは秋冬の作物の準備になります。

タイミングを逃すと、短時間でできる仕事がとっても仕事量が増え、時間がかかる事になりましたが、良いタイミングで玉ねぎが収穫できましたし、お世話になっている方に去年には送ることが出来なかった玉ねぎを送ることが出来ました。


(玉ねぎの貯蔵もバッチリです。私が吊るしたのでなく手伝ってもらいましたが、、)

秋の為のサツマイモの定植や家族が食べる野菜の定植を優先したのもありますし、天候にも左右された結果です。

仕事でもお客様との対話を優先すると、他のメンバーがいる時に仕事を振ることが出来ず、あっという間に時間がなくなったり、本日行おうと思っていた仕事が手につかなくなり、遅くまで業務をする事にもなります。

だからと言って困るわけでなく、お客さんと対話を行い、役に立てたかどうかを話合い、また新たな取り組みや対応方法を考えるというような感じで、お客さんと話せる事により、私達の会社の存在意義にもあてはまりますし、私達が成長できるので優先している事なのです。

 

タイミングを逃して後悔するのであれば、良くはありませんが、それ以上に優先して大事なことを達成するためであれば、後に要領がわるくてもオッケーと思っています。

だから土曜日は、タイミングを逃してマルチをはがすのに時間がかかったり、雑草を刈ったり11時から18時まで畑仕事をしましたが、予定通り行えたことで、「ようやった!すばらしい!」と自己効力感や自己肯定感で満たされるのです。この経験が日々つけている日記に書いて、蓄積されていきます。


(私は週末農業と心と体の緊張がほぐれる方法を行います。)

みのおのまち商学校で私達は、お客さんの新たな気付きになればと思い、5つの講座を行います。何か体調で困っていたり、何か病気で体の心配がありましたら是非ともこの機会に参加して頂けたら幸いです。

自然食品や健康に役に立つ商品を通販している健康サポート専門店のサイトはこちら

きららリハビリ訪問看護ステーションのサイトはこちら

 

大雨の後

今週は雨の日が多く、雑草や野菜がとても大きくなっているだろうなーと思い、畑に行ってみると雑草はいきよいよく伸びていて、玉ねぎを育てていた畝が雑草だらけで土が見えなくなっていました。

野菜でサツマイモの一部や・冬瓜などがしおれているいるように見えました。
茄子は元気でとっても大きくなっていました。ズッキーニも大きくなりすぎでした。

先週に耕していた土を掘ってみると、雨が続いていましたが、発酵していて白くなっています。触ってみると、とても熱くなっています。



同じ環境でも元気なもの元気でないものがあります。

畑では観察して、次はどうしようか考えたり、今までの経験をもとに予測して育てる数を増やして、食べるのに困らないように作物の量を考えていました。

もちろん試行錯誤もするのでその分、多めに作ることもあります。
ジャガイモは、11月ごろに幼稚園児の体験農園を行うので少なくとも1300個はうえないといけないと思い、初めての数なので、1畝に3列うえてみました。ジャガイモの花も取らずに、手入れをまったくせず放置状態で育てました。

ジャガイモを収穫するのに草を刈らないと、収穫できないぐらい雑草がはえた状態でした。

掘ってみると、立派に育っています。大きいのは食べる用で、小さいのは、種イモになります。

ジャガイモは1個の種イモをうえると、ジャガイモが2個~5個ぐらいは出来ます。
掘ってて、ふと思ったことが、毎日、私なりの奉仕活動として、私の机以外を15分整理しています。



意外と続けると、みるみる要らないものや途中のもの、懐かしいものなど出てきたり、商品であれば整理されて、わかりやすくなったりなどで、続けていくと、とっても社内がスッキリし、変わっていってるなと思いました。

続けてすると、良いことや芽を出すことはあると思っていると、氣功整体は勉強しているのに何にも活かせれてないと思い、氣功整体・カウンセリング・どのように向き合えばいいのか?を明確にするお手伝いのどれかをして、人と触れながら経験を多く積み、もっと活かしたいと思いました。

対面のみで毎日1人限定で1人15分無料で行います。がんの方は30分無料で行います。これを機会にいろんな方にふれて、多くの方に喜んでもらえるようにどんどん自分を磨き、活かしたいと思います。(施術をして、癌を治すとかそんな事をするのではありません。)

NPO法人がん克服サポート研究会及び健康サポート専門店で掲載する予定です。

NPO法人がん克服サポート研究会はこちら http://www.gankokuhuku.com/
予約は072-737-7735となります。

 

良い言葉にふれる

1年に一回の暗唱発表会では、題名は自分で選んだり、先生がえらんだりして4月中に決めます。そして、舞台に立って発表するのです。なんと1歳の子も発表するのです。本日は115人。3時間で全員行います。



長女は論語(孔子)、次女は竹取物語、長男は石(堀内大学)を覚えて発表です。
順番を待っている間に兄弟で発表している詩があり印象に残ったのが、
「教室はまちがうところだ」蒔田 晋治(まきたしんじ)の詩がありました。

教室は まちがうところだ
みんな どしどし 手をあげて
まちがった意見を 言おうじゃないか
まちがった答えを 言おうじゃないか

まちがうことを おそれちゃいけない
まちがったものを ワラっちゃいけない
まちがった意見を まちがった答えを
ああじゃないか こうじゃないかと

みんなで出しあい 言い合うなかで
ほんとのものを 見つけていくのだ
そうしてみんなで 伸びていくのだ

いつも正しくまちがいのない
答えをしなくちゃならんと思って
そういうとこだと思っているから

まちがうことが こわくてこわくて
手もあげないで 小さくなって
黙りこくって 時間がすぎる

しかたがないから 先生だけが
勝手にしゃべって 生徒はうわのそら
それじゃあ ちっとも伸びてはいけない

神様でさえ まちがう世のなか
まして これから人間になろうと
している僕らが まちがったって
なにがおかしい あたりまえじやないか

うつむき うつむき
そうっとあげた手 はじめてあげた手
先生が さした
どきりと胸が 大きくなって
どきっどきっと 体が燃えて

立ったとたんに 忘れてしまった
なんだかぼそぼそ しゃべったけれども
なにを言ったか ちんぷんかんぷん
私は ことりと座ってしまった

体が すうっと涼しくなって
ああ言やあよかった こう言やあよかった
あとでいいこと 浮かんでくるのに
それでいいのだ いくどもいくども

おんなじことを くりかえすうちに
それから だんだん どきりがやんで
言いたいことが 言えてくるのだ

はじめから うまいこと 言えるはずないんだ
はじめから 答えが当たるはずないんだ

 

なんどもなんども 言ってるうちに
まちがううちに
言いたいことの半分くらいは
どうやら こうやら 言えてくるのだ
そして たまには 答えも当たる

まちがいだらけの 僕らの教室
おそれちゃいけない ワラッちゃいけない
安心して 手をあげろ
安心して まちがえや

まちがったって ワラッたり
ばかにしたり おこったり
そんなものは おりゃあせん
まちがったって 誰かがよ
なおしてくれる 教えてくれる
困ったときには先生が
ない知恵しぼって 教えるで
そんな教室 つくろうやあ

おまえ へんだと 言われたって
あんた ちがうと 言われたって
そう思うだから しょうがない

だれかが かりにも ワラッたら
まちがうことが なぜわるい
まちがってること わかればよ
人が言おうが 言うまいが
おらあ 自分であらためる

わからなけりゃあ そのかわり
誰が言おうと こづこうと
おらあ 根性曲げねえだ
そんな教室 つくろうやあ

・・・・・ここまで・・・・・・・

この詩を聞いたときに、母親の事を思い出しました。
小学校の時でしょうか?
野球をやっている時に
「真剣に子供達がやっているのに笑うな!しゃべるな!」
というような事を。

そこで印象に残って意識している事は、人が真剣にやって失敗した時には笑わないです。
別に私は笑われようが何も気にしないでのですが、笑われて傷付く方もいます。大人になれば、周りが笑っている雰囲気で思わず笑ったりする事もあるかもしれません。

自分にとって何を1日の教訓にしたり、どのような言葉が役に立ったのか?そんな事も日誌に書いたりしています。

いい言葉にふれる、子供達が通っている公文では、とっても力を入れています。
いつも帰る際には、中村天風さんの詩を読んで帰ってくるのです。



今日は、3人の子供達は本当に顔晴りました。私も色んな良い言葉に触れる事が出来ました。暗唱発表会も強制参加ではなく、参加は自由で無料です。そして、終わったら先生は、すべての子供に舞台に置いてある花をプレゼントするのです。

何に時間をかけ、何を大事にするのか?

ここの公文は幼児教室をしたり、音読会みたいなのをやったり、母親にコーチングの勉強会などもしているので、とても色々な事にチャレンジして、教育を考えてくれています。良いきっかけで、長女は4回目の参加ができ、とってもありがたいものです。


朝は畑で収穫です。ズッキーニがジャンボに!トウモロコシは動物に食べられていたので、残りを収穫。ジャガイモは使う分だけ収穫。