思わぬプレゼント

これまでの人体のイメージは、脳が体全体の司令塔となり、他の臓器はそれに従うというもの。「脳を頂点とするタテ社会」という考え方だったのが、最新科学では体中の臓器が互いに直接情報をやりとりすることで、私たちの体が、そして生命が成り立っているという驚きの事実が明らかになってきた。

人体の中では常に臓器同士が会話をするようにメッセージを交換しながら
、支え合って働く巨大なネットワークであり、そのネットワークを支えるのが10万キロの血管網だそうです。(NHKスペシャル 神秘の巨大ネットワークより引用)

電気磁気治療器と磁気グッズなどを販売している株式会社ソーケンメディカルさんの商品は、血行をよくする磁気を発生させる医療機器を販売しています。

ソーケンメディカルの会社に行ったときに、故福田稔先生と初めてお会いし、治療を見せてもらいました。

2012年4月23日に「福田稔先生の刺絡療法」に詳しく書きましたが、
「患者さんの体から出しているメッセージを見る」というのがすごく、他の誰もがメッセージを見る事ができませんでした。

そのような勉強会など色々な取り組みを行っているソーケンメディカルさんも36周年という事で、「交流磁気が体を変える!」という本を頂きました。本当にありがたいです。

きららリハビリ訪問看護の理学療法士からは、オステオパシーを勉強していて、施術したら良くなりました。と教えてくれました。

オステオパシーとは、人間の自然治癒力を最大限に活かした医学です。
病気とは疾患部だけでおこっているわけではありません。

身体全体の様々な個所の少しずつの歪(歪み)や制限が繋がって大きくなり、ひょっこり顔をだしたところが疾患部です。

疾患部だけ調べても解決できない病気のほうがはるかに多いのです。
オステオパシーの施術は、まず身体全体の歪や制限を調べ、その繋がりを解きほぐすことで、人間自らが持つ自然治癒力を大きく回復します。
病気はあなた自身が治します。

オステオパスは、その経験と技術と知識のもとに快癒へのナビゲーターの役目を果たします。(日本オステオパシー連合のサイトより引用)

理学療法士も人の体を日々触り、良くしたい為にいろんな勉強をしているのでとっても勉強になります。

他にも、話は変わるのですが、畳を交換し畳のない状況で床を歩いていると、ミシッと床がへこむのです。2階でも木がかけていて隙間があったりと、驚きの光景でした。
何にも報告がなかったので、とってもいいタイミングで見る事が出来ました。

以前にフェイスブックのコメントで必要必然最良最善と教えてもらいました。その言葉を気に入っています。

何事も前向きに考えられ、何をメッセージとして教えてくれてるのか?などにつながります。

娘からも友達と遊び終わって帰ってきたときに、レンゲ(蓮華)の花束をパパとママに見せたいと言ってプレゼントって。



その時は雨は降ってなかったのか?を聞いてみると雨が降っていたけど、降ったりやんだりでやったし、お土産と思ってとの事。

私は、その時は畑でした。箕面ビールさんから麦かすを頂き、そのあとは玉ねぎの雑草抜きをやっていました。雨が降っていても、雑草抜きをすることで玉ねぎが良く育ち、喜んでもらえる顔をみれる選択はと考えた時には、雨など関係がありません。



日々、社会と関わり、人と関わり、家族とかかわる。色んなプレゼントがあったなー、嬉しかったなーと思えた1週間でした。

 

ソーケンメディカルさんの電気磁気治療器と磁気グッズはお得意様のみで特価で販売しています。詳しくはこちら

理学療法士がいる統合医療サポートチームきららリハビリ訪問看護ステーションのサイトはこちら

私が行う氣功整体のサイトはこちら

 

 

第8回統合医療研修会in東京で

第8回統合医療研修会の中でクリニック真健庵の吉村尚美院長の話が印象に残りました。大学で放射線医として働いている頃は、がん患者さんを専門に診てきたそうなのですが、治らないケースがほとんどだったそうなんです。

そこで患者を良くしたい、治したいという思いで医者になったのに良くならないのはどうしてなのか?と思い悩んだ事もあったそうです。そこから西洋医学だけに囚われず、患者さんの体全体と心を診るがん治療をやりたいと思い、クリニックを開業されたそうです。

癌患者さんにビタミンC療法なども行っているのですが、その点滴に使うビタミンCも色々とあるらしく、その成分にもこだわり取り寄せているそうなんです。メディカルハーブについても世の中に色々あるので、本物であるかよく確かめ、間違いない本物を選んでください!という話でした。

遠赤外線についても体に良いという事で導入されていますし、量子磁気的共鳴分析器についてもすでに導入しているという話でした。

今回、アメリカ航空宇宙局(NASA)研究者 量子健康波動装置O1-275開発者 Dr.William Luさんの話もありました。人間には聞こえない周波数があったり、聞こえない音があり、人間の細胞ががん細胞を食べる際には音を発するという動画も見せて頂きました。

このような情報の収集も300万人を対象に行い、わかったことだそうで今では腕時計のような端末を使い、のどあたりで端末を持ったまま顔などをスキャンして情報を読み取ることに良り、健康状態がわかり、体の悪い部分まで修復までできるようになったのです。



私も持っていたのですが、今まで1回しか使ったことがありませんでした。講演会で良さを確認し、仕事をしながら使っている様子の写真です。

他にも断食する事によりがんが良くなった話など聞けましたし、抗がん剤を使っている方と使ってない方の違いなども話の中でありました。他にも健康に良い話を懇親会でも聞けたり、私が氣功を勉強しているので、野口整体の事を教えてくださったり、高機能インソールの話、波動スピーカーや佐野 千遥先生の話、取材した先生の話など情報はつきない感じでした。

私たちは、このような会や懇親会及びお客様から聞いた商品は積極的に扱っていきます。そこで深くかかわり、本当はどうなのかもわかってきます。

情報は、探せばたくさんありますし、どのような健康法を行うことが良いのか?と迷うと思います。迷った際は、自分の体調の原因などを見つめて、生活習慣を修正していき、病と関わっていくのか?

もしくは、時間がなく即効性のある治療を行いたいと思い、一時的に進行を食い止めたいのか、などおかれいる状況も違ってくると思います。

私は、そんな悩みを持つ方の相談にのり、どうする事が自分にとってしっくりきて、納得できる選択なのか?を考えて頂き、すこしでも情報などで望みが出る方向のお手伝いができればと思っています。

きらら氣功整体では、体をさわり状態も確認し、カウセンリグも行います。

 

きらら氣功整体については詳しくはこちら