予測を上回った100メートル

私は、3年前ほどに交通事故にあい、思うように歩けるようになるか

どうかわからないとお医者に言われていた谷田さんの家に月に2~3

回ほどタヒボ茶やサプリメント『ザ・ラスト』など届けに行っていま

す。以前にも交通事故にあった当時のことをブログに書いています。





知人の事故の後遺症にタヒボ茶を勧めてみてよかった!(前編)





知人の事故の後遺症にタヒボ茶を勧めてみてよかった!(後編)





お会いする時にいつも心がけている事は、気持ちを少しでも前向きに

持ってもらい生きる希望を持ってもらう、そしてリハビリの役に立つ、

今もっている最新情報を話すという事などを意識しています。そして、

レイキを行うと体が温かくなると言ってくれますので、時間がない時

以外は必ず行っていました。





この日は、とても暖かく肌着にシャツ1枚という格好で、歩けば汗を

かくほどの暑さです。20度はあったと思います。いつものように

谷田さんにお会いし、挨拶をした後、あまりにも天気が良かったので、

風呂上りで髪の毛がぬれていたのですが『家の前を歩きましょう』と

誘いました。





いつもは、私が横で手をもつか、後ろから腰を持って歩くなどしてい

たのですが、谷田さんの横につき、前や後ろに倒れても大丈夫なよう

に、おなかの前と背中の後ろに手をだしながら、私はかに歩きで一緒

に進みました。





そしたら、私のほうに寄りかからずに歩いているのです。ふらふらと

いつ倒れてもおかしくない様子ですが、倒れそうになるとご自身で踏

ん張れるようになっているのです。歩きながらも少しは支えたりした

のですが、ほとんど補助なく100メートルほど歩ききったのです。





私は、外で一緒に歩くのは1ヶ月ぶりでしたが、ほとんど補助なしで

歩けたことが本当にびっくりし、すごいと思いました。





その後、来た道をもどって歩きましたが、疲れたせいか補助の回数が

増えました。

休憩後、さらに坂道の往復を試みてみました。坂道の上り坂は、なん

とか順調にいけたのですが、帰り道になると少し疲れるみたいですし、

下り坂は自分のスピードの制御が大変そうでしたので、補助しながら

トレーニングしました。





私達は、夏の終わりごろ8月頃にはゴルフに行く事を約束しています。

そのため、少しでもリハビリをやめようとすると『年内にゴルフに行

けるようになりますか?もう少し頑張ってみませんか?』と言い続け

ていました。私は、近藤さんの話を聞いてから、目標設定がとても

大事であると谷田さんに話し続けていました。





それと、事故当初は『なんで生きてるんだ、死んだほうが良かった』

というような周りが悲しくなるようなことをよく言っていたのですが、

今ではまったく言わなくなり歩き終わった後に『この福祉施設はどう

思う?』など聞いてきたりして、目標に向かって前向きに考えられて

いるのです。





好きなゴルフをしたいと思う気持ちは、谷田さんのすばらしい可能性

を目覚めさせた奇跡の始まりであり、お医者さんでも予測の出来な

かったうれしい出来事でした。

大阪タヒボサロン会300人のなかで

  タヒボサロン会はリーガロイヤルホテルNBCで13時から17時まで

 行われました。



 内容は1部・2部形式で1部はタヒボジャパン社長の挨拶に続き、

 タヒボ研究者の研究内容
と過程について3人の方が講演してくださ

 りました。





 タヒボサロン会では少し、新商品の事について触れていました。

 それはどのような商品かといいますと、現在の商品の成分を何百倍

 の成分にして製品にするという画期的な物なのです。





 これは何を意味するかといいますと、



 1、値段の負担が少し減る可能性がある。

 2、袋数が多い方は、炊き出す手間が省ける。

 3、量を増やせば増やすほど苦くなるので、味のにがさから開放

   される。

 4、今までの十分な体験談を知っている方は結果・期待度がさらに

   増える。



 などかなりうれしい事ばかりなのです。まだ研究段階なので商品化

 されるかは決定でないのですが、順調に進んでいるみたいです。





 このような新商品の話もあったので、タヒボを飲む量を増やす事に

 よって期待がもてるという話の内容になるのかと思ったのですが、

 そうではなかった為に、どうしてもご愛飲者の方にとっては

 「タヒボを飲む量はどれぐらいの量を飲むのが良いのか?」という

  疑問をもたれた方が多くいらっしゃった様でした。





 それは、タヒボの研究者の方がNFDの体内に残る時間が短いため、

 危険性がないという事
、発表があった例の方の袋数が少なく、一定

 の良いとも言えない状態を保っていても、タヒボを飲む量もそのま

 まと言う内容であった・・・。





 私達にはこのような内容でしか研究者が言えないのは、みなさんそ

 れぞれ立場があり、研究者であれば飲む量など薬でないので、

 それを指導する事はできない、言えないなどがあるからと理解でき

 ます。





 また、私達であれば21年間タヒボNFDと関わってきた経験を通して、

 平衡状態であればその結果に対してタヒボNFDの量を増やしたり、

 食事を玄米菜食にしてもらったり、温灸器を使ってもらったりと

 何かこの結果から抜け出してもらうために、タヒボご愛飲者から

 聞いた健康法の情報をお伝えして、今まで行っていること以上の

 取り組み・心の持ち方を提案します。






 少し言葉を加えたり、強調して説明する所を変えると、人に与える

 影響は 変わってくると思いました。

 もしサロン会で新商品の事を強調し、何故このような新商品を開発

 する事に全力で取り組んでいるのかを詳しく説明していただけたら

 また皆さんに与える影響は違ったと思います。





 この誤解から名古屋から来ていただいたご愛飲者とスタッフがまた

 一段と深く確かめ合い、帰り際に「元気な顔でまた会いましょう」

 と声をかえあえた事が良かった!と思えました。



治る責任は

出張3日目に山形県に行き、以前から気になっていたご愛飲者の田中様に

ようやく会えました。気になっていた事とは、



「本当にタヒボは良いのか?」





という葛藤をしながらタヒボを飲み続けている事でした。

以前にも田中さんは、





「タヒボご愛飲者の方と直接話がしたい」





と言われて、タヒボのご愛飲者の方を紹介し、このような疑問が少なく

なっているのではと思っていました。

私は、今回お会いする事になる10日前ぐらいにも一度電話で話した事が

ありましたが、その時は入退院を繰り返している中で一向に健康を取り戻

せないので





「本当に良いのか?これ以上量を増やさないといけないのか?増やして

本当に健康を手に入れれるのか?」など不安を言われました。





私はこの電話を頂く前までは、出張を関東だけと考えていたのですが、

どうしてもお会いし何か勇気付けれたらと思い、山形県の田中さんに

お会いしたいと強く思い、お会いできるようになりました。





お会いした田中さんから印象に残った質問は、

「タヒボで○○が治る責任をとってもらえるのか?」

という質問です。





「私は、責任は取れません。」

とお伝えしました。





「だが、これ以上科学的根拠があるものはないし、一番科学的根拠が揃っ

ていて、可能性は一番高いと言う事に関しては、はっきりと言えます。」





という事をお話させてもらいました。





私は前日に、NPO法人のがん患者学研究所の川竹さんに取材しましたが

「健康を勝ち取るには、自分で責任をとるというのが大事」と強く言われ

ていた事にとても共感をおぼえました。





現在ある姿は、自分自身が今までの食生活、環境、心の持ち方をどのよう

に選択してきたかによる結果だからです。

その自分の選択してきた結果を人に責任を転換していく事は、いつまで

たっても人に責任をなすりつける繰り返しで、自分で作った原因を見つめ

ないので現状はなにも変わらないのです。





例えば、成人病になったのも、会社内・家庭内で不調和があるのもすべて

自己責任であり、自分に責任があると日頃から感じていれば、現時点での

結果に対して、原因がわかってきて、結果を変える事に全力で取り組める

と言う考えだからです。





ですから田中様にも

「責任は自分でとってください。」

と、とても言いにくい言葉ですが、お伝えさせていただきました。





この話をしている時には、田中様ご本人だけでなく、奥様と田中様の

ご両親もいらっしゃいました。

私も納得のいくまでこの機会にお答えしたかったですし、ご家族みなさん

で健康を勝ち取る為に知っていただきたいと思ったので、本当にお話でき

て良かったと思いました。





話の後は、レイキをお伝えしました。

お会いできて本当に良かったという満足感に浸りながら、秋田の玉川温泉

に向かいました。



病院で見落とした診断が90%以上の確率でわかるQRS測定器!

波動、オーリングなど聞いたことがありますか?

私は、あまり当てにはならないと思っていました。それは数値にあらわす

事が無理だと思っていたからです。





以前に、きせんワールドの坂井康起社長がQRS測定器(量子共鳴分析器)

を使っているしののめ元山医院に数人の方の髪の毛を持って行った所、

全員の体の悪い部分が髪の毛の情報だけで当たり、それに付け加えて他の

臓器の悪い部分も判明し、検査をしてみると異常があったのです。

 



QRS測定器を置いている元山院長は、この測定器で250人検査を行い、

90%以上の方が病院で見落とした異常を発見、あるいはデーターと同じ

という結果が出ているのです。





しかもこの測定器は、検査をするだけでなく、悪い臓器の磁気を良い磁気

に変えた磁化情報水も作る事ができるのです。良い磁気に変えた磁化情報

水だけでも元山院長の患者さんで病状の進行は抑えれて、良くなった方も

いるとの事でした。





元山院長は、医師・漢方専門医・鍼灸師の免許を持っていて、漢方専門医

として17年の経験をもたれています。その先生が、良い磁気に変えた

情報水と測定器の数値で言うと15~17の健康食品(フコイダン、

プロポリス、ウコン、アガリクス)などを勧めてきたのですが、タヒボ茶

が最高値21を出したので、タヒボ茶と情報水を勧めていくとおっしゃっ

てくれているのです。



元山先生









私も今回初めて訪問したので、検査をしてもらうと中性脂肪が高いぐらい

で、とっても健康でした。(かなり運動不足、、、、)

体の健康面だけでなく、体の中に毒素(水銀、鉛、カドミウム)が溜まっ

ているのかもわかるので、とっても体の状態を知る事が出来き、自分の

体質に合う健康食品、食べ物などもわかるので間違った健康食品、気付か

なかったアレルギー起こす食べ物などもわかりとってもお勧めできます。





当社では、QRS測定器の検査をタヒボ茶ご愛飲者にはプレゼントなども

行っています。詳しくは、会員様だけにしかお話できませんが、お気軽に

お問い合わせくださいませ。

   

湯の花シートは使い方次第でガンに良い

出張1日目に以前からお会いしたかった池上さんにお会いする事が出来

ました。以前、タヒボご愛飲者に

「タヒボ茶を飲まれている方を紹介して欲しい!電話でも良いので話を

したい!」というご要望があり、それを池上さんにお願いすると快く

ご了承してくださった方です。





その時のエピソードはこちら



私は、人の為にできる事であればしてあげたいという池上さんは、どん

な方だろうと色々と想像を膨らませていました。お会いすると、とても

若々しく、50歳代には見えませんでした。それと全くステージ4のがん

を患っている方だと思いませんでした。





色々と病気の経過を教えて頂き、その中でびっくりした事が、毎年行っ

ていた人間ドックで見落としがあったという事です。その時に発見でき

ていたら、その時にレントゲンをしっかり見れる医者であればこんな

進行した状態で発覚はしなかったと言う事です。





なんでお金を払って検査をしているのに?どこなら信用できるのか?

どこならまともな医者がいるのか?など、私はとっても憤りを感じました。



だが、このような医療ミスなどは、表に出る事がごく一部で山のように

あるようなんです。





池上さんは今ではガンの仲間と温泉に行ったり、仲間同士で励ましの

メールを送りあったり、お見舞いに行ったりなど同じ病気で闘っている

方を大事にし、そのような医療ミスに対して訴える事をやめ、ご自身の

病気を受け入れ闘っているのです。





同じ闘病中の仲間からも体に良いという物をプレゼントしてもらったり

などで色々と情報が集まってくるそうなんです。私も、池上さんから

放射線がでる座布団の話を聞いた時には、是非とも皆さんにお伝えした

いと思いました。







湯の花










この座布団は、玉川温泉の湯の花で出来ているのです。

詳しくはお問い合わせください。





私も1%でも良くなる確立があがれば良いと思い、レイキを池上さんに

お伝えしました。もちろんご夫婦で実践して欲しいと思いましたので、

奥様にもお伝えしました。その後、食事をご馳走になり出会ってから

あっというまに5時間が経過しました。





もっとゆっくりしたかったのですが、提携医院の千葉県しののめ元山医院

に向かいました。元山医院では、QRS測定器を使って患者さんの体質を

測定し、その方にあった漢方、治療を勧めている先生です。





タヒボご愛飲者の方であれば特別価格で依頼が出来るようになっていま

す。QRS測定器についての詳しい内容は、次回に話したいと思います。





しののめ元山医院について詳しくはこちら