認知症は治るのか?

自立支援介護を実践されている方からすると、認知症の80%は治るというのです。その方法とは、食事をする事・水分をとる事・運動をする事です。水分は適量というより、ある目安の容量があり、食事も流動食でなく、摂食・嚥下能力を高める事をするそうです。

胃ろうも2年以内であれば、100%はずせるということでしたので、実績をあげている場所があるんだと、とても驚きました。

ちょどお隣の席の方と話す機会があり、その方も子供の食事を研究する方で、きれやすい子は食事で治るし、認知症も食事で改善すると言われていました。

認知症と言えばココナッツオイルしか思いつきませんでした。ココナッツオイルを摂取することにより、ケトン体を作り出し、ブドウ糖の代わりにエネルギー源になるため、神経細胞の活性を保つことができ、期待できるということ。

他にも過食やストレス・運動不足により、老化を加速させ、代謝が悪くなり、体内のごみの排泄機能が衰え、それが脳内でおこると、脳細胞を死滅させることになり、認知症になりやすい事や断食により脂肪酸からエネルギー(ケトン体)などを作り出すなどをニュースレター希輝通信(きらら)13号にまとめたりした事がありました。

最近では、アルツハイマー病の方はプラズマローゲン量が減少していることが分かったという事でサプリメント・健康食品などで補えるという事で、興味を持っていました。

だが、実際にお会いした方は、情報だけでなくお客さんを良い方向に導いたり、教えたりしている感じでした。畑なども行い、畑の微生物・水なども考え、野菜などを作り、食堂を運営しているので、どんな所なのか興味があるので見学に行く予定です。

一席しか空きがなく、たまたま座った席でこのようなご縁につながりとてもラッキーでした。さらにその会場で半年前に名刺交換した方と偶然にお会いして、訪問看護・リハビリの現状などもお聞きできたのでうれしい事が続きました。

同じ目的を持った方が集まるところには集まる。動いてみたり、聞いてみたりする事で可能性が広がっていく喜びを感じれた一日でした。

これからも体に良い事、勉強になることはニュースレター希輝通信などに掲載していく予定です。


ニュースレター希輝通信(きらら)13号(2014年7月頃発行したものです)

病気でお困りの方でアンケートに答えて頂けた方には無料で希輝通信を配布しています。詳しくはこちら→ http://www.gankokuhuku.com/kirara-list.htm

 

あとから来る者のために

小椋さんより久しぶりに電話がかかってきました。
「耳鳴りってどうやったら治るやろ?」

私は治った方をしらない!とお伝えして、電話を切った後にスタッフに聞いてみました。すると、石黒式温熱法の講演会でお会いした金井先生が耳の周りを温める事で耳鳴りや目まいなどが良くなった話を聞いたとの事です。再度、電話をしてお伝えしました。

小椋さんを知ったのはタヒボをきっかけに父に紹介してもらった事がはじまりです。色んな健康食品の中ではタヒボが良いと認めてくださっていますので、何度かタヒボ茶の講演会などでお会いしていました。

そこでいつも笑顔でいる小椋さんに興味を持ち、お店に取材にいかしてもらい、とっても勉強になったので、NPO法人がん克服サポート研究会に取材内容を掲載した事があります。

小椋さんにお話をお伺いして取材させてもらったのは15年ほど前ぐらいでしょうか?
お会いするすぐにこの詩を読んでみてと。

私はその時からその詩が好きになり、その時に頂いた紙を今でも私の席の横の壁に貼っています。

 

あとから来る者のために

あとから来る者のために
田畑を耕し
種を用意しておくのだ
山を 川を 海を
きれいにしておくのだ

ああ

あとから来る者のために
苦労をし
我慢をし

みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
みなそれぞれ自分にできる
なにかをしてゆくのだ



私が関わる仕事では病気の相談や喜びの声などが集まります。私もスタッフから報告を受けた時にわからない場合やはじめてのケースの場合は、メーカー及び研究機関に連絡をしてもらい、確認をしてもらいます。

もちろんスタッフの方が専門家であったり、良く知っている事・覚えている事もありますので、新しい情報やお客様から聞いた話などは共有するようにしています。

私達ができる事は、何だろう?
向き合う方に、どんな情報をお伝えするとその方は良くなるだろう?

その蓄積が「あとから来る者のために」につながればいいな。と考えます。

今でも私の中では、小椋さん=「あとから来る者のために」となり、その時の受けた教えが、今でも忘れない事の一つです。

 

小椋さんの取材記事については詳しくはこちら
http://www.gankokuhuku.com/challenger-ogurakaicyou.htm

 

腰痛はストレスも原因?

腰痛が脳が原因って考えられますか?

アメリカのプライマリ・ケア(初期治療を担い、総合的な医療を提供する医療機関)受診者では、原因が特定できる腰痛は全体の約15%で、残りの約85%を占めるのは原因がはっきりしない「非特異的腰痛」。

非特異的腰痛のなかには、精神的なストレスが関係して起こるいわゆる「心因性腰痛」が多くみられることがわかってきたそうです。(毎日新聞医療プレミアムの記事より)

斎藤一人さんもアメリカでは腰痛は脳が原因ではないか?とう事がわかってきて、脳のしわざであり、ストレスを痛みにより忘れさせてくれているとわかりやすく説明しているのを聞いたことがあります。

腰痛に対してのアプローチとして第5回統合医療研修会で聞いた話ですが、18歳の時、事故により重度の腰痛を発症。30歳で1ケ月間、寝たきりを体験。腰痛を治すために、学んだ医学の知識を活用して、治療法を考案し腰痛を完治された坂戸先生の「緩消法」(がんしょうほう)は、筋肉を緩める事により腰痛がなくなるという方法もあります。

きららリハビリ訪問看護ステーションの理学療法士のスタッフも病気で腰痛の方には、呼吸が十分に行えているのかなども見たりし、胸腺や横隔膜周辺を施術すると言っていました。

リハビリで負荷をかけ続けるよりかは、いかに呼吸がしやすくなったのか?楽になったのか?などを見ると言っていました。

私がする氣功整体でもまずは腰及び他の部位も触り、体のコリや痛みを認知してもらい、その痛みを氣功整体により和らげる事を行います。

体の痛みやコリなどの原因は、何かをする時に力が抜けずりきんだり、ストレスを感じて筋肉が収縮する事により起こりやすいと考えています。

筋肉の収縮が続くと血の流れが悪くなったりして、病気になる事にもつながる可能性が高くなります。なので痛みやコリは内面をみつめるいい機会だと考えます。

なので体のみを必死に施術をする事は考えていません。

腰痛の原因が心因性腰痛が多いという事は、心の習慣が変われば良くなる可能性は十分にあるとも言えるので面白い記事だと思いました。

そこにはストレスを軽減するのにはサイモントン療法の事も書かれていました。サイモントン療法は簡単に言うと、ストレスと受け止めている事を自分にしっくりするような解釈にし、肯定的に思えるような考え方に修正し、自分の心と対話しながら少しでも肯定的に捉えれるように考える認知行動療法です。

私も13年前にサイモントン療法を知り、5泊6日の合宿に何回か行き、それをきっかけにNLPや交流分析などの心理学に興味を持ち、勉強した事があります。

体をみるだけでなく心もみる。部分的な事にとらわれず、全体をみる。言葉だけを聞くのでなく、その感情を読み取る。

人をみるのはみる人によっては違うと改めて思いました。

 

統合医療サポートチームきららリハビリ訪問看護ステーションのサイトはこちら

氣功整体のサイトはこちら

 



木が好きで思わず写真をとります。

 

2年前には気付かなかったこと

エネルギーを外に求めてはいけません。
我々の意識そのものが、エネルギーだからです。

どんな物質にもエネルギーは通っていて、どんな物質にも意識はあります。
農作物と話が出来なければ百姓は失格だ、と昔の人は言います。

エネルギーとは意識であり、神であり、生命であり、宇宙法則そのものです。
波動や空気や微生物なども言葉はちがうけど、すべて同じもの、、、

微生物にはプラス系とマイナス系が存在しているみたいで、土壌の表面側は、プラス系微生物で、地中はマイナス系微生物、、、

 

著者  飯島 秀行「自然が教える農業のお手本」に書いてあった内容です。

 

そこで畑に例えるなら未完熟堆肥はプラス系であり、エネルギーを放出するそうなんです。

畑では土に地ビールでの役割を終えた麦かすを入れ、トラクターで攪拌(かくはん)し発酵を促していた作業が、エネルギーの事で考えると、マイナス系の微生物のところにプラス系(未完熟堆肥)を入れることになっていました。


10月1日 白菜の写真

その為、微生物のアンバランスが生じて、野菜に病的症状や虫に食べられたりする現象が起こる事を知りました。いつもはこの虫食い状態からきれいな野菜になります。

 

形を作り変えながら継続していく姿を、ナチュラルと言い、腐敗して空に転換して行く姿をケミカルと言い、野菜や魚も採った物をそのまま食べるとケミカルで、煮たり、焼いたりする事でエネルギーを呼び込み補充する事でナチュラル。

 

霊的エネルギーを無視して、物質に拘ってばかりいると、肉体に症状がでるのは当然であり、霊エネルギーが物質を生かしている生命であり、生かされている肉体が、生かし主を無視して、行き続けられる事は無いそうです。

 

風邪の症状でも、癌の症状でも、肉体の病気の原因は、自分自身の意識のアンバランスであり、物質がエネルギーと呼吸している状態が健康である、、、

 

この本は、2年前にスタッフが退職する際に、プレゼントとしてもらった本です。その際はあまり気にならなかったのですが、気になる事がたくさん書いてあると思いました。もらった事に改めて感謝しました。

毎日行っている瞑想や自力運動療法も氣・エネルギーを高める事につながっている事も「自然が教える農業のお手本」の自然の原理としてつながっていたのです。

3年前にちょっとこだわったエコ住宅でお世話になった方と2日前に打ち合わせの為に会った際に改めて名刺交換をし、今日電話がかかってきました。タヒボの事で聞きたいことがあると、相談を受けました。

3年前にも名刺にはタヒボの事を書いていて、今もタヒボを扱っている事を書いています。

必要なタイミングで目に入るのか?
もっとスタッフの思いや伝えたいことを理解しないといけなかったのか?
と色々と考えましたが、どんな出会いにも意味がある!とだけはわかりました。


タヒボの資料についてはこちら  


長崎の枇杷農家さんに会いに

長崎の枇杷農家さんに会いに行きました。実は電話でのやりとりしかした事がなく会ったことがなかったのです。枇杷の葉だけでなく、枇杷の種もお世話になっている農家さんです。

何カ所かで枇杷葉を育て、全部で3000坪以上あるそうです。その内、自宅から近い場所を案内してもらいました。とても山道の中を走った場所にあります。斜面も急な山です。とても立派な葉ばかりです。



それはお手当のびわの生葉の為に、枇杷の木に対して色々と手入れをしているからなのです。一番重要でとても大変な仕事は芽かきです。芽かきは新芽やつぼみをとります。


枇杷の花のつぼみ

つぼみを取らないとびわの実をならす為に、花が養分をたくさん使うそうです。木にもとても負担をかけるそうです。


ちなみにびわの実をならした後の枇杷の木の写真です。葉がまばらでスカスカの状態です。

 

実をならす時は、枝も見て丈夫なのだけを残し、育てるそうです。新芽もそうです。新芽を一つだけ残し、あとは摘み取るのです。そうすると立派な葉がそのあとに、育つそうです。



枇杷の実を出荷していた当時は除草剤を使っていたそうなんです。その時は、土が固くなりミミズさえいなかったそうです。草刈りもほぼしなくても草が生えてこなかったそうです。

だが除草剤をやめてからは、土もふかふかでミミズもたくさんいるので、イノシシがミミズを食べる為に、土を掘り返すそうです。除草剤を使っていないので、定期的な草刈りも必要になってきます。

他にも米ぬかをまいたり、EMを使ったぼかしを使って野菜を作ったりして、野菜の育ち方が明らかに違うことを実感され、徐々に自然農法に近づけていく考えになったそうです。

枇杷の実も袋がけせずに、自然のままに育てる方がおいしいですよ!と教えて頂きました。

他にも、枇杷の葉を採りやすくするために、枝をひっぱって枝のつきかたも収穫しやすいようにコントロールしているのです。



枇杷の葉の為に、手の込んだ作業をいつもして頂いていたのです。どおりで立派な葉がくるのだと納得しました。

行く前には、昼食はどこかで食べてくるとお伝えしていたのですが、車で向かっている最中に、「昼食も用意しているので」とご連絡をいただき、お昼も家族でご馳走になりました。

あとで奥様から聞いたのですが、「食事をしながらの方が色々と話しやすいと思うので」という事で前から食べながら話す事を考えて頂いていたみたいでした。他にも枇杷の種を保管するのに、冷蔵庫まで買ったと教えてくださいました。

私達は、そこまで知らず保管などもお願いしていました。見えないところでたくさんの優しさと良い物を作るという努力があり、本当に感謝でいっぱいの気持ちになりました。

本当にみるからに優しいオーラが出ている農家さんでした。お会いできて、本当に良かったです。

 

枇杷の生葉や手当関連商品について詳しくはこちら