悪性リンパ腫ステージ4Bを克服した方を取材

11月17日に悪性リンパ腫ステージ4Bを克服した近藤町子さんに

取材に行ってきました。





近藤町子さんはウェラー・ザン・ウェルの会会員で元カネボウ常務

を女性ではじめて歴任されていた方です。





ウェラー・ザン・ウェルとは、

「病や挫折の向こうにこそ真の健康と幸福が待っている。

今は受け入れがたい運命も、大きな恵みだったといえる日が、

必ずくることを教えている。どんなに酷烈な困難や絶望からも、

人は育っていくことができるのだ。私達は、この絶対の真理を

どこまでも真っすぐに見つめていきたい。ガンは治る。

あらゆる病も治る。それが命の本質だからだ」と

近藤町子さんが著者の「絶対、生きてやる」

に書かれていました。





近藤さん書籍「絶対生きてやる」




















私が、近藤さんを取材したいとおもった理由は、

NPO法人ガン患者学研究所の川竹さん


から、近藤さんの話を聞いていて、半年前まで

あったスケジュールを病気治療の為に、全部キャンセルし、病気と

向き合って克服したと聞いていたからです。





取材した内容を編集するのに時間もかかりますので、内容については

また詳しく取材した内容をおくばりできる時に公開しますが、

第一回世界一元気ガンの患者学ワールド

でも近藤さんはお話されます。





是非ともお勧めの講演会ですので、タヒボNFD(タヒボ茶)

をお買い上げいただいた方には、無料でプレゼントなども行っています。





是非とも、病気で悩まれている方は講演会に行かれる事をお勧めします。

私達スタッフ4名ほどが12月16日に開催される講演会に行き、勉強しに

行きます。タヒボご愛飲者の方でご参加される方は、是非ともお会いし

たいと思っています。

コメントは受け付けていません。