居住支援とは

居住支援法人になりたくて大阪府に申請に行き、実績が足らないという事で箕面市で居住支援法人の認可を取得している社会福祉法人ひじり福祉会さんにどのような相談が多いのか聞いてみました。

その電話がきっかけで、大阪府及び箕面市市役所の方、社会福祉協議会、不動産会社の方、摂津市の居住支援法人の方などが集まった居住支援の意見交換会に呼んで頂けました。



居住支援とは、低額所得者、被災者、高齢者、障害者、母子家庭、父子家庭、生活保護受給者、外国人、身寄りのない方、保証人・緊急連絡先がない方などに住居を探すお手伝いを行ったり、見守り・安否サービスの情報提供や市町村の福祉担当や社会福祉協議会と連携して、居住できるように支援する事なのです。

生活保護受給者の方で例えば滞納した場合は、代理納付という制度があったり、身寄りのない高齢者の場合であれば、住居を提供するオーナーさんは孤独死した場合のリスクなどを考えるケースを払拭するために、緊急通報装置の設置や食事の配達サービスなどによって見守りをかねたりしながら、安否確認が出来る方法もあるのです。

あと高齢者住宅財団の家賃債務保証制度は、賃貸住宅に入居する際の家賃債務等を保証し、連帯保証人の役割を担う事を行っているみたいなのです。

そしてそこに福祉関連の方とも連携すれば、状況がよりわかり住宅を提供してくれるオーナーの不安要素がなくなるとの事でした。

なので色んな方と連携すれば不安も解消されるし、まずは相談してみたら可能性が広がっていく事がわかりました。

豊中市では、住居のオーナーの方むけに、居住支援を行っている方達が連携する事により、住居を貸しても関わり方によっては、リスクはないような事なども啓蒙活動を行っているみたいなのです。

箕面市の不動産会社の方も、住居のオーナーさんに事情などを説明して何社も当たったりして居住支援を行ったり、どんな方もしっかりと話を聞いてサポートしているとの事です。

私も障がい者の方の自立を支援するためのグループホームの開設を目指していた時に、30件中2件のオーナーしか話を聞いてくれなかったこともあったり、開設したい所が見つかり住民説明会を3か所で計6回行いましたがすべて反対。近所に住んでいた民生委員の方・不動産屋で働いている方からも反対をされたりした事もあったので想いがないと出来ない事でもあると思っています。

私達はナーシングホームきらら看護の家も行っていますし、箕面市粟生間谷に16㎡~22㎡の1Kもありますので何かお力になれたらと思い、居住支援にも力を入れていきたいと思っています。

一人の力が大きな力に

2018年に取材させて頂いた堀尾さんが先月に亡くなった事を知りました。堀尾さんは脳内出血で左半身麻痺になりましたが独自のやり方でリハビリを行い、5か月後には運転もすることができ、足も手もなに不自由なく動くようになったのです。


堀尾憲市著「麻痺は治る」「奇跡の復活」

その経験をもとに脳梗塞や脳出血で体に麻痺などが残ったかたや脳性麻痺、失語症、失調、パーキソン病の方に、堀尾憲市さんが独自開発した 訓練法(堀尾法)を伝えて、改善や良くなる方がいるのです。希望の光でありました。

堀尾さんが脳内出血から復帰し、ボランティアでコツを伝えている時から支えている方にお話を聞くと、その支えている方は堀尾さんと一緒にご自身の家を建てられたり、堀尾さんのやり方を伝えている自己治癒力研究所のホームページもボランティアで作ったりして、一人でも多くの方に伝えるために活動をされていたのです。

その自己治癒力研究所に生まれてすぐに脳出血になった20歳の方についてのエピソードの中で初日から驚くような事ばかりでマー君は”重度の障害で歩くことが困難な子”という見方から”無限の可能性を秘めた青年”とい見方に変えただけなのです。という記事も書かれている方です。見方の違う堀尾さんが伝えるだけで1日目から出来る、動くというような事があったそうなのです。

その青年が絵に興味を持ち、ちょうどその方も絵を描いているので持って行った時に、偶然の出会いによってまた新たな道筋がはっきりした事を教えくれました。どこからきっかけや才能・能力が開花されるのか?すごいご縁だと思いました。

その方は能登半島地震の事でも、とても熱心に動かれていました。私もその記事をみて、何かできればと思い、お米が必要とお聞きしたので少しですが送らさせてもらいました。

堀尾さんの事を支えている方とやりとりしていた時に乳がんではないかと言われた友達が「私は世の中の役に立つ事ができない」と思っていたと言うので、堀尾さんの事、自己治癒力研究所の事、地震でのお米の活動の事などを含めて、一人の発信で、協力者があらわれ、そしていずれかその輪が広がり、大きな力になるような事を伝えると、少しほっとされていました。

一人一人の力は小さいとかでなく、想い・気持ちが伝われば賛同してくれる方、それを必要とする方にいずれかは届くと思いました。一人の力が大きな力に、堀尾さんの周りにも本当に素晴らしい方はいて、形にしてくれているので是非とも脳は再生するという事を信じて、体が良くなっていくいろんな可能性がある事を知ってもらいたいと思います。

自己治癒力研究所のホームページはこちら
https://hashirasenbon.blogspot.com/

感謝の心がでる反省

人間釈迦に学ぶ会に初めて参加をして、反省の仕方を教えてもらいました。反省して明るくない反省は反省でないらしく、客観的にみて反省して楽しくなるように感謝できるように行ってみました。

家族・友達・職場など誰かと関わっていると、その方の言動や何かあった事に対して、執着・恨み・嫉妬・時間の無駄などあらゆる判断をする事があるかもしれません。こういう人だからという考えがうまれて、自分の物差しで他人を判断するかと思います。本当に正しく見ているのか?そこに感謝があるのか?そんな事を考えさせられました。

人はいつ死ぬかわかりません。去年にお世話になっている方に感謝を伝える事が出来ず、容体を聞いた時にはすでに遅く、お通夜で悔しい経験をしました。

なのでその経験から身近な人に感謝を伝えなければと思っていましたが、どうしても目の前にすると、はずかしい・こうあるべきだという執着などが出てきて、感謝を伝える事が出来ていなかったのです。反省が深く出来ていなかったので、その人に対する考え方が変わらない部分もあったので、いま思えば感謝の心がでる反省でなく浅かったのだと思いました。

今年こそは、家族・関わっている方に対して、正しく見て感謝できるように深めていけたらと思います。



辰年だからとかでなく去年に私が勉強している先生に相性を見てもらい、一筆龍の絵を2枚買っていました。一筆で途切れずに描くことから、人を繋ぐ、発展・財運が途切れない、良縁や成長が途切れないなどの意味があるみたいです。

今年を振り返って

12月にエイジフレンドリー補助金、テイクオフ補助金の採択を受けました。エイジフレンドリーでは、いうらのシャワーストレッチャーの導入を行い、テイクオフ補助金では玉ねぎの移植機の導入予定です。

玉ねぎの苗を手植えで行うと、1時間に100本~200本ぐらいですが、機械を導入すると3600本可能になるみたいです。これは本当に楽しみです。

それと年末に向けて、ナーシングホームきらら看護の家の看護師・介護士のメンバーも充実してきて、緊急の方でも受けれる体制が出来たり、理学療法士・言語聴覚士のリハビリも施設内で十分に出来るような体制になってきました。

年末にかけて良い事もたくさんありましたが、そこまでには色んな事があり、何度も何度もトライしたり、話し合ったりしてあきらめずに、がむしゃらに実行した事が良かったと思いました。



京セラの創業者 稲盛さんの成果の方程式によると、

人生・仕事の成果・結果 = 能力 × 熱意(情熱) × 考え方

であり、能力と熱意は1から100点で、“考え方”は-100点から+100点まであるそうです。

考え方次第では人生や仕事の結果がまったく違った方向に行ってしまうので、熱意や能力があっても、マイナスの“考え方”では結果はマイナスになるとの事です。

考え方について調べてみると、考え方とは、考える方法や思考の筋道、考える方向や思考の傾向を指します。また、事物のとらえ方や物事に取り組む際の対応の仕方のことも指します。

考え方には、その人の思想、哲学、理念、信念、人生観、人間性などが含まれます。考え方次第で人生や仕事の結果が180度変わるため、能力や熱意とともに、人間としての正しい考え方をもつことが大切と出てきます。

振り返り・反省する事で人間力の向上を行ってきたつもりでしたが、まだまだ傲慢な考え方の部分もあり、失敗した事もあり、反省する事で気付く事も出来ました。

失敗したという執着は自己保存で質の向上はない。執着があるうちは人間の悲しみ・こだわりは消えない。執着を手放すことも努力をしないといけない事も勉強出来ました。

考えて考えて知恵が引き出されるので、まだまだ知恵が引き出せないのは深く物事を考えれてない事もあったと思いました。

人間だから良い事もあれば悪い事もあるのでなく、己心の魔をなくすためには真我一元論になってゆかなければならない。悪い事はなく、良い事のみを行い徹底的にすれば知恵が出てくると教わりました。

どう生きていくのか?どうありたいのか?をもっと深めながら勉強して励みたいと思っています。

石黒式注熱器はがんの不安を取り除ける

がんになったかもしれないという友達からの連絡がありました。そこで久しぶりに会って聞いてみると、しこりが大きくなっていて、この大きさだと悪性ではないのか?という事でした。そこで私が特別検査で聞いても良性と出て、石黒式注熱器でもアチチ反応が出ないので、癌ではないのでないか?という事になりました。

だが、やっぱり不安はあるのでその日に石黒式注熱器をお貸しして、背骨を中心に3時間温熱をして、6時間の休憩をしてまた注熱する事をお伝えしました。電話で聞いてみても、セルフケアでやってみたがアチチ反応がないとのことでした。

そこで石黒先生に会いに行き、みてもらおうとなりました。行く通り道でしたのでカンボジアで自社農園をされていて、Bean to Barをされているチョコリコさんに行ってみましたが、定休日で残念でした。

久しぶりに石黒先生のご自宅に行き、友達と一緒に話を聞きました。乳がんの場合は、リンパが近いので、転移がしやすいとの経験談も教えてもらい、注熱器の第1段階では15秒、第2段階では35秒を目安に行い、瘀血(おけつ)の場合は5秒ぐらいでアチチ反応が出るとのことでした。



石黒先生が友達に注熱器をあててみるとアチチ反応がないのです。石黒先生が触ってもリンパの方はしこりがないし、大丈夫!と石黒先生の表情がニコっと変わりました。

もうそれを聞いたときは本当に安心し、良かった!と思いました。

癌の場合は死ぬのではないのか?という不安もありますし、病院の診断ではまだはっきりとしてなかったので不安ばかりがあったみたいです。もちろん病院の結果もはっきり出てないので、その診断結果も待っている状況ですが、私もがんの方のアチチ反応は何人も見たことがありますし、あきらかにその反応がないので、石黒先生のチェックでさらに安心しました。

何か知っていることで人の不安を取り除けるお手伝いができる事は、すごく喜んでもらえるので良かった!と思えます。

石黒先生はもう30年以上はボランティアで不安に思う方の手助けをして何人も救ってきました。とても尊敬しています。だが、150度の注熱器を製造している会社も誰も引き継ぐ方がいないみたいですし、テラヘルツの鉱石を砕いて、布に入れて作れる職人も引き継げる方がいないので、完売するともう石黒注熱器はなくなるのです。

なんとかしてこのすばらしさを知ってもらい、世に残せないものか?誰か製造してくれる人がいないのか?と思っています。そのような方をご存じであれば是非ともご紹介してもらいたいと思っています。

石黒先生が行ってきた事はこちら → https://gankokuhuku.com/ishiguro-new