教わり学ぶ

頭が少し痛く、手足がはれぼったい事が何日か続いていました。そこで毎週金曜日に勉強しに行っている癒手道の樋渡先生に聞いてみました。

目を閉じて、まぶたの上から目を触るとどうですか?という事でしたので、触ってみると右目の方がかたいのです。

そして、両手・両足と緩めてもらい、5分ほど寝ていると、足の腫れが少し良くなった感じなのです。その時は、頭痛も気にならないのです。

脱力して、寝ることが大事なのを学びました。人間の体には修復能力があるという事です。

家では、寝る前には脱力はするのですが、私以外みんな暑いらしく、クーラーがきいている部屋で私だけ寒い寒いとタオルケットがとれないように寝ていました。確かにリラックスより、寒さに気を取られて体が完全にリラックスして寝ている感じではありませんでした。

寝る事が大事だと教わった日は、外が涼しくクーラーをつけることなく、私だけタオルケットでなく羽毛布団で寝たら、起きたらはれぼったさがほぼなくなっていたのです。寝る事の大切さをとても感じました。

 

畑では、ジャガイモを定植していると、新しく借りた畑の方と一緒にされている方が、夕方に私の様子を見ていて、ジャガイモは深く植えた方が良いよ!さらに植えてからマルチをする方が良いよ!と教えてくださいました。

いつもはマルチをしてから穴をあけて、掘ってジャガイモを埋めるという流れです。先にジャガイモを植えても大きくなるとマルチが盛り上がるのでそこをカッターで切ればいいそうなんです。そんな発想はありませんでした。

その方法だと、ジャガイモをいっぺんに定植できるのです。土曜日にマルチに穴をあけてニシユタカ160個、日曜日はマルチをせずに1時間半で330個(デジマ・ニシユタカ)ほど定植できました。

日曜日は、12時に簡易宿泊所を経営される方より、枕や掛け布団などを頂きに行った時に、1棟のマンションを借りて運営するノウハウなどを教えて頂き、とても勉強になりました。その方は、大阪の鶴橋で特区民泊もされていましたが、京都の方が良いとの事で、全部譲って京都でするとの事でした。

その後、世界遺産である二条城に行き、松がとてもたくさんありとってもきれいでした。松は、常緑樹であり、不老長寿であり繁栄などの意味もあり、障壁画にもなっています。



今週は人から教わり学んで良い事がたくさんありました。他にも、言われるがままに2カ月半で物件が売れたりと、、

人は支え合って生きている。コミュニケーションにより、新たな気づきや勉強ができ、また成長できる。

何か問題だと思えば、それは自分が成長するための課題ですし、どうしたら上手くいくのか?を考えていって、実践することにより、経験値がどんどんあがっていくのではと思います。

教えてもらえることはありがたいです。
教えてもらうには普段からの関わりと行動あるのみですし、私達もお客様とお話をして逆に気付きをもらう事はたくさんあります。


二条城から歩いて10分。ランチのお店の近くにあった御金神社(みかねじんじゃ)たまたま行けてツイテいます。

人から教わる・学ぶとう姿勢であれば、どんな事も勉強になるかもしれませんね。
何か気になる事があればお気軽に聞いて頂けたらと思います。私達も学びの機会になります。

 


先週にはじめてサツマイモに水やりを行いました。元気に復活しています。たくましいです。みんなで必死に生きると、根元に日影ができ保水にもなる効果が、思わぬ副産物

 

箕面のまち商学校の町ゼミ

「心と体の緊張がほぐれる方法」を8月2日・9日と行いました。
冷え性、低体温、人に対して緊張する方、など色んな悩みのある方が参加してくださいました。

そこで自力運動療法をすると、力が入りやすくなるか?何も変わらないのか?なども実験もしながらすすめていきます。

みなさん自力運動療法をした後では、力が入りやすくなり、力強くなりました。
氣がとおっている状態になります。本当に簡単な運動ですが、奥が深いのです。
何日も実践していくと、体が変わってくるのです。

自力運動療法を行うので、氣功整体が出来ると思っています。
色々とつながってくるのです。

町ゼミは終了しましたが、健康でお困りの方には、15分、がんの方であれば30分無料で氣功整体及びカウンセリングなどを行っていますので、自力運動療法をご要望であれば、行いますのでお気軽にご連絡ください。



30分無料で1日一人の予約制で氣功整体について詳しくはこちら

そう言えば今回の参加者の言葉で印象に残っているのが、医者に「体質だから変わらないよ。」と言われて、信じきっていた方がいらっしゃいました。何を信じるかは自由ですが、心が諦めたら、その不都合な体質のもと暮らし続けなければならないのではと思います。

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」

今までの取材の経験もふまえて、心を変えれるお手伝いができればと、町ゼミを通じて思いました。心が変わって、運命が変わり、さらに幸せになって頂けたらと思いました。

町ゼミに来ていただいた方の中には、希輝通信(きらら)を読んで頂いていた方が、会ってみたいと思って参加してくださった方もいらっしゃいました。その方とは訪問看護ステーションの事でもつながり、話が出来たり、ご縁ってすばらしいなーと思い
ました。

動けば何か良い事がありますね。まだ、他の講座も行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。



みのおのまち商学校で私達は、お客さんの新たな気付きになればと思い、5つの講座を行います。何か体調で困っていたり、何か病気で体の心配がありましたら是非ともこの機会に参加して頂けたら幸いです。

自然食品や健康に役に立つ商品を通販している健康サポート専門店のサイトはこちら

きららリハビリ訪問看護ステーションのサイトはこちら

 

根性

土曜日に東京へ日帰りでバングラデシュへの投資の話を聞きに行きました。電話で話を聞きたいといっても会場に来てもらわないと話ができないという事だったので、行きました。

私は講演会に行く前からこの人に投資すると決めていました。

選んだ理由は、事前に動画を見てです。感覚でいつも決めます。もちろんどんな人が話すのか?言葉に嘘はないのかなども自分なりに判断したうえです。その時にはどんな会社かどうかなどの実績もわかりませんし、どんな経歴があるかもわかりませんでした。

面接の応募もまずは電話で話をして、2~3個質問します。そして話していくとだいたいその人の事がわかりだいたい性格があっています。そして、体形や性格も想像してあっているかなども会う時には確認します。仕事もまずはやってもらって確認し、自分の感覚が会っていたか答え合わせする事を行っているので、自分の感覚を信じています。

お客さんからの話でもその方が言うのであれば、会社で新商品として扱うという感覚です。もちろん根拠も必要ですし、安全性も必要ですが、感覚を重視することも多いです。

誰が話すのか?誰が紹介するのか?という事を重視しています。
物件もその人の紹介であればというので、今まで現地に行って見る事なく話でほぼ買っています。

バングラデシュへの投資をしている会社の人は、高校時代に家庭の事情で貧乏になり、そこからお金に困らないように生きていくと決め、株・国債・土地で運用している会社を日本・海外に会社を作り、運用しているのです。そこで成功するために何が必要か?という質問がありました。

「根性」

根性があれば、あきらめずに努力する。その方の実績を講演会で聞くと、とても納得できます。

次の日、子供は前日から熱があり、私も東京から帰ってきてから頭が痛く寝込んでいました。日帰りで帰ってきた理由は、午前中に子供の塾の話を聞きに行くためです。



子供は朝、しんどいからテストを受けるのを辞めとく。体調悪くてできなかったら、、など言っていました。

「テストの1時間も我慢できないの?パパは体調が悪くても畑にいくよ。」

子供の考えが変わり、テストに行きました。私も予定通り、子供がテストを受けている時間に塾の説明を聞き、その後、13時30分ごろから畑に行きました。妻と子供は私が倒れていないか、17時ごろに確認しにきたみたいです。確認しに来るのも私が前日の夜から昼までまともに食事もとらず、37.8度の熱があったからかもしれません。

子供に体調が悪いからできないとか、前から決めたことを何かを理由にしてやらないという選択はあまりして欲しくないと考えています。

親として、根性ある後姿を見せれたかな?
ちょうどいいタイミングで根性という話を聞く事ができ、体調も子供より悪くなったのかもしれません。


水やりは1度もしてませんが、元気にサツマイモが育っています。もうちょっと見守ります。

 

ミッションについて

7つの習慣・原田メソッド研修などの人材教育などを行っている株式会社ジェイックの代表の佐藤 剛志社長の話を聞きに行きました。

そこでミッションについてとてもわかりやすい話がありました。
サンタクロースはどんな目的で、子供達にプレゼントを配るのでしょうか?


子供達に喜んでもらうため?希望を持ってもらうため?だと思います。

みんなが寝静まった夜中に、冬の猛吹雪かもしれない中、えんとつの中から家に入り、プレゼントを届けているとします。

どうしてそれを毎年、するかというと、子供達に喜んでもらうため、希望を持ってもらうため、だと思います。

ここにミッションがなく、サンタクロースが行っている事を仕事と考えると、深夜勤務で、悪天候で出勤するのがつらい状況、しかもえんとつの中からわざわざ入る!何件も寝静まっている時間内に回らなければならいない!起きていたら、また寝てからまわらないと、、

やっている行動だけを考えて、これが賃金に見合うか考え、もっと良い条件がないかどうかと考えないでしょうか?

ミッションがあれば、来年は、さらに子供に喜んでもらうために、同じプレゼントは配らないですし、喜んでもらうにはどうすればよいかを考える。ただ仕事をしているだけとなればどう考えるでしょうか?

ミッションがあるのとないのとでは、同じ仕事をしていても、子供達の喜びは全く違っていく結果をもたらす事を、ここでは説明を十分にできませんが、わかりやすく教えてくださいました。

 

畑では3週間ほど晴れが続きました。
週末のみですので、水やりはしてません。だが先週、実験の為に一部の茄子のみ水をあげました。

そして、今週その結果をみると、水やりをした茄子としてない茄子ではさほど違いがありませんでした。

水をあげてもそれから7日間、晴れが続き、水をあげていないという事もあるからだと思います。

だが、茄子とサツマイモが共生している畝は、3週間水やりをしなくても、まだ収穫して食べれるぐらいのナスの水分を含んだ硬さがありました。



畑で例えれば、生きていくのに晴れたり、雨が降ったりと環境が良ければ、1人で生きていけます。ただ、天候という環境が適さないと、雑草もなく、栄養を独り占めにしていた茄子でも、育つことが出来ません。



常にミッション(使命)を考える。そして、ミッションが同じ仲間も含めて、お互いの特性を知って助け合う。

収穫した茄子・とうがん・ジャガイモ・オクラ、どんな環境下でも生き残った野菜を頂きます。

仕事以外の何に興味をもち、どのような目標があるのか?など、佐藤社長の話を聞いた後で、スタッフの加藤と二人で予祝をしながら、話すことができ、とても良いタイミングで話すことが出来ました。

健康について、1人で考えて困ったときには是非とも私達にもお気軽にご相談くださいませ。少しでも、私達の使命をはたせたらと思っています。

 

健康サポート専門店のミッションとクレド(信条)についてはこちら

「統合医療サポートチーム きららリハビリ訪問看護ステーション」のミッションは
「ご自身の選ばれた道をご自身で歩むことをチームでお支えいたします。」北摂地域の箕面市、池田市、吹田市、豊中市、茨木市、豊能町に訪問看護サービスを行っています。詳しくはこちら

まずはやってみる

私達と一緒に働きたいと思ってくれる方は、ほぼ採用して働いていもらっています。
どうしてかというと、仕事をしてもらわないと、実際には言っている事と行動が一致するのかわからないからです。

面接では、学歴も年齢も、気にしません。
やる気があればオッケーなのです。

当社に入って、梱包業務を希望し、梱包業務を行っていたスタッフの働き方を見て、
事務をしてもらったり、会計業務を行ってもらったり、その方の能力を最大限に引き出せるように考え、給料も能力に応じてみんなバラバラなのです。

そして、その方の働きたい曜日を優先します。なかには、シフトが体調の事で組めず、来れる時に来てもらっているスタッフ、お子さんがいて、夏休みはほぼ出れないスタッフ、ボランティア活動なども行い、2週間ほど休みが必要だったスタッフ、いろんな方が手伝ってくれます。

今では、業務が多くなってきたので海外で3名の方に手伝ってもらっていたりします。海外の方には、扱っている商品に関わる修正業務をすべて振っていく予定ですのでさらに海外でも手伝ってもらうスタッフは増えていきます。

仕事にしろ、やってみないとやりたかった仕事なのかわからないですし、仕事をしてもらわないと、言っている事と行動が一致するのかも見る事が出来ません。

お客さんの中で、どっちが良い商品なのか?と、迷われる方もいます。
時間に余裕があり、迷うのにたっぷり時間があれば、問題ありませんが、それが命に関わる事であれば情報を見たり、聞いたりして迷うより、実行してみて、それが体に合うのか?合わないのか?を次は体で感じる事により、正しい選択ができたという方もいます。

「これだと体が感じた!これならいける!」など体の感じ方は人それぞれです。心の声が聞こえるという方が正しいのでしょうか。

情報を知ったり、聞いたりしてわからなければ行動して、体感する。たとえ失敗と思ったとしても、それは成功のもととなっていると思います。その経験がなければ、たどりつけなかったですし、良いか?悪いのか?なども判断できなかったのではと思います。

私はどこかでフィリピンのバルナバクリニックの冨田さんのようになりたいと思っていたのかもしれません。

助産師さんですが、癌の方から妊婦の方までいろんな方が相談にこられるのです。
冨田さんは助産師さんで医者ではありませんが、治療をするお金がない方を診て、救っているのです。

「患者さんへの治療があたっているのかはずれているのかわからないが、患者さんに育ててもらっているのでありがたい。医療に関しては言葉はいらない。患者さんが教科書。数値以外にも体にあらわれてくるので体をさわる。さわって患者の今の状況がわかる。触れていくと経験でわかってくる。気の存在や何もわからなかったのがだんんだんとわかってきた」と、以前に冨田さんを取材をした時に教えてくれました。

フィリピンのバルナバクリニックの冨田さんに取材した内容はこちら

 

人には無限の可能性があります。

私も氣功整体を通じて、お役に立てれたらと思います。
癌の方は30分無料で1日一人の予約制で始めました。お気軽にお申し付けください。



30分無料で1日一人の予約制で氣功整体について詳しくはこちら


2週間ほったらかしで育っている茄子。まわりに雑草やサツマイモが伸びていて助け合い、育っていました。違う場所で育てている茄子は茄子が軟らかく水分が抜けていました。