左半身麻痺から歩けるようなった考え方

宮古島で堀尾さんに初めて会いました。堀尾さんは脳内出血で左半身麻痺になりましたが独自のやり方でリハビリを行い、5か月後には運転もすることができ、足も手もなに不自由なく動くようになったのです。

その経験をもとに宮古島では、脳梗塞や脳出血で体に麻痺などが残ったかたや機能障害がある方に無料で歩けるようになるコツをを教えているのです。



宮古島で堀尾さんの所に通っている方は脳卒中になって7年。
その方の先輩が脳卒中になり15年経過した方で装具をはいて杖をついていた状態で言葉も聞き取りにくい状態だったのが、堀尾さんのおかげで装具をはずして歩けるようになり、スムーズにしゃべれるようになったとの事。

2017年9月に堀尾さんと出会い、リハビリをはじめるよになったのです。

堀尾さんと出会うまでは、装具をつけて足首も膝も固定してギブスをはめている感じで足の感覚が全くなく、平行棒を使ってただ歩くだけの練習のみ。

麻痺がない使える手足を使って生活に困らないようにするのがリハビリ病院でのリハビリだったが、堀尾さんの場合は、「麻痺であってもせっかくある足を使って、もとの生活にもどるようにしよう!」という考えで、夢を持って頑張ろうという気持ちになれるとの事。

堀尾さんは、足が壊れたのでないので、もとの体に戻ろうと一緒に取り組んでいる。杖もいらないし、装具もいらないし右も左も同じ足なんだから。同じようになるようにしましょう。差がないようにしよう。手だったらどっちが悪かったかわからないようにしようとしている。

水曜日~日曜日まで付きっ切りで訓練を希望する方を無料で手伝っているのです。
堀尾さんは、足のあげかたや一人でできる方法などのリハビリの仕方を教えているのです。

堀尾さんに教えてもらい、2カ月で装具をはずし、足の裏がついている感覚が出てきた。自分の足がどこについているのかわかり、少しづつ変わってきた。足があげれなかったが、足があがるようになった。それをできるんだよ!と堀尾さんが教えてくれて希望をもたらしてくれたのです。

堀尾さんは少しづつ恐怖を省いてくれるリハビリでもあり、自信もつけさせてくれるのです。動くから頑張ろうね。と言ってくれる。

脳をコンピューターに例えれると、ハードディスクがバグっている状態で、恐怖しかないからあるけないだけで、恐怖を取り除いたら歩けるようになる。痙縮(けいしゅく)も恐怖からきている。脳は訓練すれば手足が動くように再生されるし、脳の機能が回復すれば、麻痺した方も必ず歩けるようになるという考えなのです。



堀尾さんには、宮古島で2日間、お話を聞き、11月1日も広島でリハビリの様子を取材させてもらいました。堀尾さんの取材はまだまだ続きます。

本日は、原田式メンタルトレーニング指導者育成コースで勉強していました。明日が最終日ですが、月曜日からミャンマーに5日~10日まで出張し、当社の仕事をしてくれている現場に行ってきます。ミャンマーから当社に研修として2人来ています。

あらゆる事を同時並行して、可能性を探るためにチャレンジしています。
また帰ってきたら堀尾さんへの取材の続きや勉強になった事などをお伝えしたいと思います。

希輝通信(ニュースレター)でも取材内容は掲載予定です。がんを克服した方や生活習慣病を防ぐコツなどを掲載しているニュースレターです。詳しくはこちら

 

あとから来る者のために

小椋さんより久しぶりに電話がかかってきました。
「耳鳴りってどうやったら治るやろ?」

私は治った方をしらない!とお伝えして、電話を切った後にスタッフに聞いてみました。すると、石黒式温熱法の講演会でお会いした金井先生が耳の周りを温める事で耳鳴りや目まいなどが良くなった話を聞いたとの事です。再度、電話をしてお伝えしました。

小椋さんを知ったのはタヒボをきっかけに父に紹介してもらった事がはじまりです。色んな健康食品の中ではタヒボが良いと認めてくださっていますので、何度かタヒボ茶の講演会などでお会いしていました。

そこでいつも笑顔でいる小椋さんに興味を持ち、お店に取材にいかしてもらい、とっても勉強になったので、NPO法人がん克服サポート研究会に取材内容を掲載した事があります。

小椋さんにお話をお伺いして取材させてもらったのは15年ほど前ぐらいでしょうか?
お会いするすぐにこの詩を読んでみてと。

私はその時からその詩が好きになり、その時に頂いた紙を今でも私の席の横の壁に貼っています。

 

あとから来る者のために

あとから来る者のために
田畑を耕し
種を用意しておくのだ
山を 川を 海を
きれいにしておくのだ

ああ

あとから来る者のために
苦労をし
我慢をし

みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
みなそれぞれ自分にできる
なにかをしてゆくのだ



私が関わる仕事では病気の相談や喜びの声などが集まります。私もスタッフから報告を受けた時にわからない場合やはじめてのケースの場合は、メーカー及び研究機関に連絡をしてもらい、確認をしてもらいます。

もちろんスタッフの方が専門家であったり、良く知っている事・覚えている事もありますので、新しい情報やお客様から聞いた話などは共有するようにしています。

私達ができる事は、何だろう?
向き合う方に、どんな情報をお伝えするとその方は良くなるだろう?

その蓄積が「あとから来る者のために」につながればいいな。と考えます。

今でも私の中では、小椋さん=「あとから来る者のために」となり、その時の受けた教えが、今でも忘れない事の一つです。

 

小椋さんの取材記事については詳しくはこちら
http://www.gankokuhuku.com/challenger-ogurakaicyou.htm

 

名医を訪ねてみてわかった事

健康サポート専門店のメルマガの続きなのですが、私の息子は乳児湿疹と思っていたら、アトピーでないかと言われ、友達からお勧めする名医を転々とした事がありました。

一人目の医者は、子供を少し見ただけであとはパソコンでひたすら入力。そこで先生に質問すると、ちょっと待て!これが終わったら聞く!という感じの対応で、こっちの質問より、自分の入力作業を優先するのか?と思った事をはっきりと覚えています。

パソコン入力を待ち、話をしても目も合わせようとせず、早口で対応が悪いという印象!「もう2度と行くか!」と思いました。

おまけに治療法は、かかないように顔及び頭部・手に包帯するぐらいで、ぐるぐる巻きにしてましたが、結局かいてしまい顔及び頭部を覆っていた包帯はすぐにやめ、手と腕には出来ましたが、どうしてもかくので一向に変わりません。塗り薬は一般的にある消毒液のみをもらいました。

二人目は、ステロイドを使った組と使わなかった組で実験し、追いかけて調査した結果、ステロイドを使った組の方が、治った確率が多かったと言い張る医者でした。

私は、その情報をどの資料を見ればわかりますか?とたずねても返答がなく、先生の言いたい事だけを聞きにいったという感じでした。この先生は西洋医学以外にも代替療法にも理解があると聞いていました。

3人目は、パッチテストしてオーリング・血液検査をした結果、ほぼすべての食べ物にアレルギー反応があると診断した先生でした。食べさせ方も医者の指導のもと必ず行ってください!という感じでした。診断はしてもらったのですが、具体的な治る道筋が見えませんでした。場所も車で2時間近くのところでした。

4人目は、一番話を聞いてくれる先生で人情味のある先生です。アトピーは体の中で反応が良すぎるから表に出てくるので、慣れたらだんだん良くなっていく。今はジュクジュクした所をきれいにするためにも漢方風呂で症状がやわらぐという考えの先生でした。塗り薬も独自で作られていて、子供がなめても問題のない2種類をもらいました。

漢方風呂の成分を聞いても教えてくれないですし企業秘密みたいです。

名医全員に腸内環境は関係ありますか?と聞きました。みなさん関係ない!とう返答。そしてみなさんそれぞれの療法で、「良くなる!」と言われていました。

私が採用した方法は、1日に何回か漢方風呂に入る事と、なめても問題のない塗り薬とタヒボとバイオノーマラーザーを毎日飲ませました。

漢方風呂・塗り薬はジュクジュクがやわらいでいき辞めましたが、タヒボとバイオノーマラーザーは今でも毎日飲ませています。

何度も食べてはアレルギー反応が出たり、医者には行きませんでしたがアナフィラキシーショックのような熱が出て、ぐったりしとてもしんどそうになったりした事もありました。様子を見ながらなんとか少しずつ慣れさせようと思い、今ではほぼ気にする必要がないようになりました。


腕・頭部・顔までかなりジュクジュクでしたが、よくなりつつなっている状況

現在5歳ですが、肌はツンツルテンという感じです。もちろんステロイドは一度も使っていません。なかにはこんな状況までステロイドを使わないでかわいそうだ!と言う方もいてました。

今はアレルギー反応が出るのは生卵・カシューナッツを食べた後に出るぐらいです。

あなたの息子が同じような状況になった時にあなたなら何を基準に治療法を選びますか?

名医が勧める治療法?(口コミで)
印象の良い先生の治療法?(感覚で)
良くなると言って頂ける先生の治療法?(言葉で)
友達が勧める治療法?
ステロイド?
代替療法?
ネットの情報?など決め手は色々とあると思います。

私は4人の名医に会って聞く以外にも多くの健康を勝ち取った方を取材したり、お客さんにもどうして良くなったと思うのか?を会社のスタッフが聞いたりして、生の喜びの声を聞くことができる環境でした。

そのお客さんからの情報を聞き、そしてその聞いた情報を違う方に伝え、さらにまたあらたな情報を聞くという取り組みを行っていると、良くなっている方の共通する事がいくつか出てきます。

実際に健康を勝ち取るためにはどうすればよいのか?
名医に聞かなくてもある程度答えは出ていたのかもしれませんが、4人目の名医にあってとても勉強になった事もありました。独自で出している漢方風呂やなめても問題のない塗薬などとても子供にとって始めやすかったので、とても助かりました。

納得するまで情報を集めるために行動し、会いに行ったり、生の声をぜひとも聞いてほしいと思っています。必ずなんらかの収穫はあるはずです。

私は、人に会いに行くときにあまり情報収集はしません。固定概念・決めつけを抜きにすべてを見て自分なりに情報を収集します。取材時間が決まっている時は別ですが、ほぼ何もしらないまま取材しに行く事が多いです。

知らない事を聞く事で、どのように答えて頂けるのか?それによってまた知らない事があれば聞けばいいと思っているからです。

親切な方は丁寧に教えてくださいます。だが、なかにはもっと勉強してこい!と言われた事もあります。なかにはタイミング良く、業者の接待及び身内での食事にも誘って頂いた先生もいます。

本当に人に会って何を得れるのか?本当はどんな方なのか?ほんまもんか?は会ってみないとわからないのです。

メルマガでもそうですが、活字で真実を掲載できない事情や、いろんなしがらみで言えない・書けない事もあります。

私達ならわかる答えもありますし、是非とも知らない事は気軽に聞いてみると思って頂けたら幸いです。

 

タヒボについては年末までメーカー協賛でキャンペーンを行います。普段よりさらに10%以上お得です!世の中で一番と自信をもってお勧めできる科学的根拠のあるタヒボ NFD茶はこちら

 

バイオノーマライザーは青パパイヤ発酵食品です。フィリピンの工場・クリニック視察をし、安心してお勧めできる商品です。腸内環境が気になる方にはお勧めです。こちらもNO1のサービスを目指していますのでお気軽にご相談下さい。
青パパイヤ発酵食品バイオノーマライザーについてはこちら

 

スチームオーブンの勉強会を2017年10月27日に行いました。マイクロ波を使わない1台7役の機能を持ち、出来た料理が美味しいと評判の良かったパワースチームオーブンNEWグランシェフ 脱電子レンジ! 脱電磁波!はこちら

 

あと三井温熱器・遠赤外線マット「サンマット」なども体を温める商品をお探しの方をお探しの方はお気軽にご相談頂けましたらお得なご案内が出来ます。お電話でしたらどんなご相談でもすぐに解決できますよ。

 

お気軽にフリーダイヤル0120-14-1417までご相談くださいませ。

 

長崎の枇杷農家さんに会いに

長崎の枇杷農家さんに会いに行きました。実は電話でのやりとりしかした事がなく会ったことがなかったのです。枇杷の葉だけでなく、枇杷の種もお世話になっている農家さんです。

何カ所かで枇杷葉を育て、全部で3000坪以上あるそうです。その内、自宅から近い場所を案内してもらいました。とても山道の中を走った場所にあります。斜面も急な山です。とても立派な葉ばかりです。



それはお手当のびわの生葉の為に、枇杷の木に対して色々と手入れをしているからなのです。一番重要でとても大変な仕事は芽かきです。芽かきは新芽やつぼみをとります。


枇杷の花のつぼみ

つぼみを取らないとびわの実をならす為に、花が養分をたくさん使うそうです。木にもとても負担をかけるそうです。


ちなみにびわの実をならした後の枇杷の木の写真です。葉がまばらでスカスカの状態です。

 

実をならす時は、枝も見て丈夫なのだけを残し、育てるそうです。新芽もそうです。新芽を一つだけ残し、あとは摘み取るのです。そうすると立派な葉がそのあとに、育つそうです。



枇杷の実を出荷していた当時は除草剤を使っていたそうなんです。その時は、土が固くなりミミズさえいなかったそうです。草刈りもほぼしなくても草が生えてこなかったそうです。

だが除草剤をやめてからは、土もふかふかでミミズもたくさんいるので、イノシシがミミズを食べる為に、土を掘り返すそうです。除草剤を使っていないので、定期的な草刈りも必要になってきます。

他にも米ぬかをまいたり、EMを使ったぼかしを使って野菜を作ったりして、野菜の育ち方が明らかに違うことを実感され、徐々に自然農法に近づけていく考えになったそうです。

枇杷の実も袋がけせずに、自然のままに育てる方がおいしいですよ!と教えて頂きました。

他にも、枇杷の葉を採りやすくするために、枝をひっぱって枝のつきかたも収穫しやすいようにコントロールしているのです。



枇杷の葉の為に、手の込んだ作業をいつもして頂いていたのです。どおりで立派な葉がくるのだと納得しました。

行く前には、昼食はどこかで食べてくるとお伝えしていたのですが、車で向かっている最中に、「昼食も用意しているので」とご連絡をいただき、お昼も家族でご馳走になりました。

あとで奥様から聞いたのですが、「食事をしながらの方が色々と話しやすいと思うので」という事で前から食べながら話す事を考えて頂いていたみたいでした。他にも枇杷の種を保管するのに、冷蔵庫まで買ったと教えてくださいました。

私達は、そこまで知らず保管などもお願いしていました。見えないところでたくさんの優しさと良い物を作るという努力があり、本当に感謝でいっぱいの気持ちになりました。

本当にみるからに優しいオーラが出ている農家さんでした。お会いできて、本当に良かったです。

 

枇杷の生葉や手当関連商品について詳しくはこちら

 

 

十津川農場に取材に行きました!

8月10日に家族で十津川農場に取材に行きました。8月9日の夕方に南港から「フェリーさんふらわあ」に乗り、朝9時頃に志布志港に着きました。そこから車で1時間ほどで鹿児島県南大隅町根占にある十津川農場に着きました。

早速、工場見学をさせて頂きました。お盆前ですが、わざわざ工場を稼働をして頂きとてもありがたい気持ちで勉強させて頂きました。

工場には鹿児島の農家さんから枇杷葉を10キロごとに袋詰めにして送ってもらうか?回収にまわるそうです。もちろん新芽から成長した新しい葉でなく、垂れている葉に限ります。葉を見ると大きさはあまり関係ないみたいですが、色が濃いのが多くとても良さそうな葉ばかりでした。



玉置社長は、自社の枇杷葉に関しては、桜島に異変があったり、なんかあった時の緊急用に考えているそうです。自社でも1万坪の敷地に枇杷の木が5000本ありますが、あくまでも周りの農家さんが少しでも収入になるように優先して定期的に購入しています。



跡継ぎがいない所や困っている農家さんの枇杷の場合は剪定や管理までもお手伝いをしたりして、地域でお互いが良くなるような取り組みを行っているのです。
ねじめびわ茶にするまでの工程としてまずは枇杷葉を粉砕し、洗浄です。





洗浄した後は、波動水に数分つけると、アクや汚れがとれ、より多くの旨味や体にとって良い成分が引き出されるのです。この数分がとても肝心だそうです。長すぎでも成分が水に流れてしまいますし、その辺りは試行錯誤の時間になったそうです。


この波動水は、鉱石に詳しい方に独自に開発してもらったものです。数十種類の鉱石の中に、高い圧をかけて水を循環させるのです。そのため、粒子が細かくなるので短時間のうちにアクが取れ、水の色を見てもわかるぐらいになるのです。

しかも波動水につけることにより、鉱石の力も加わり、エネルギーも高くなるのです。波動水につけた後は、天日干しになります。夏場は天気が良くて1日~2日、冬場では3日~4日天日干しするそうです。天日干し専用のハウスが全部で16棟もあるのです。ここで十分に乾かし。そこから焙煎です。


焙煎は、独自に作ったトルマリン石を入れます。トルマリン石焙煎も時期により時間も変わるそうです。焙煎温度は350度でトルマリン石焙煎加工だと、一般的なびわ茶に比べてミネラルが3倍にアップするのです。

しかも通常の枇杷に含まれるアミグダリンがこの焙煎方法だと検出されなくなるのです。アミグダリンが検出されないのに、このねじめびわ茶は成分に関して、とっても可能性の広がる特許まで取得しているのです。



ねじめびわ茶については、平成16年から国立鹿児島大学と共同研究がはじまり、人体にとってどこまで役に立つものなのかをさらに研究し続けているのです。

ねじめびわ茶には独自のトルマンリン石焙煎により、遠赤外線効果や化学反応が起こり新鮮なびわの生葉に含まれるポリフェノールが一部減り、そのかわりに種類のちがうポリフェノールが検出され、その数値が高くまだ種類が同定できてないのです。重さも生葉より焙煎して製品化すると30%ほどになるそうです。


手作りのトルマンリン石

わかった事は、複数に絡み合った重合ポリフェノールが複合的に作用しているみたいで、2013年に米国の機能性食品の専門誌に掲載されたのです。この可能性を秘めた成分はすでに10年以上研究を続け、今でも研究中なのです。

国立鹿児島大学と共同研究により、社内で答えれない質問は鹿児島大学に聞いて、対応を行っているそうなんです。それを聞くと、とっても安心して色んな相談ができると思いました。

工場見学の後は、膨大な今までのお客様のアンケートや体験談を見せて頂きました。薬以外の食品などでは効果効能をうたえない以上は、病気に関することでねじめびわ茶のおかげで良い影響があっても書くことや公表することができないのです。
解明に向けて研究費を使い、わかってきたのに人に言えないのはとてもはがゆいと思います。

社員の新開さんは、不思議なご縁で玉置社長と出会い、ねじめびわ茶により、乳がんの再発の恐れから解放された一人です。当時の事を振り返ってどのような経緯で、健康になったのか?を親切に教えてくださり、とてもねじめびわ茶の可能性を感じることが出来ました。(ねじめびわ茶の書籍にも一部掲載されています)
十津川農場さんではねじめびわ茶はカリウムがたくさん含まれているので、カリウム制限・透析をされている方・腎不全の方などは飲用前に必ず主治医様にご相談くださいとしています。

ただ、今までのお客様の体験談の話を聞いていると、不思議なことが起こるんだなぁーと思いました。ひとつ言えることは、誰を?何を?信じるかにより大きく結果が変わると思いました。

私も子供がアトピーで4人の医者に診断してもらい、言うことを聞いても治らないと自己判断し、アレルギー反応が高いものを少しづつ、食べさせ今ではほぼ何を食べても大丈夫な状態です。(それだけではありませんが、、)

あの時、医者はステロイド(薬)を勧めてきたり、何もしない事や色んな事を言ってきました。だが、今までの代替療法で健康に導いている先生の取材での知識や自分の直感、何が体にとって本当は良いのか?を考えることができたおかげで息子は治ったのだと思っています。

カリウムの摂取が制限されていれば、医者は当然、それ以上にカリウムをとることはダメだと言います。抗がん剤治療を行っているがん患者には、健康食品なども摂取するなと言う医者もいます。

医者が言うので自分がよいと思ったお茶や食事療法を諦める事ができますか?その言葉は信用できますか?命を託せますか?

あとは人それぞれの決断なのでどっちが正しいのか?まではわかりませんが、どうしてその選択がよいと思うのか?を納得いくまで聞いたほうが良いと思います。

私の場合は仕事柄、病気が治った方や治らない方の話を聞くこともありますし、4人の医者がどういう事に詳しくて実績があり、自信があり、真実なのかも判断してました。言葉だけでなく、感性や直感を信じました。

ひとつ言えることは、ねじめびわ茶の可能性はすごい!と思いました。私以外にもねじめびわ茶の効能などを伝えたく、独自に取材をした管理栄養士佐々木ゆりさんという方もいます。ねじめびわ茶について本も出版されています。

勉強の後は、鹿児島県の豚しゃぶを食べに行きました。料理を作ってくださる経営者の方は、何年も前からねじめびわ茶を愛飲しているそうです。豚しゃぶはだしの代わりにねじめびわ茶を入れ、その中に豚肉を入れて食べるのです。

通常のだしだったらアクなどが出てくると思うのですが、ねじめびわ茶だと全くアクなどが出てこないのです。味は、ねじめびわ茶の香りが豚しゃぶにあい、とっても旨いのです。ねじめびわ茶を飲む以外に楽しめる方法ですね。


他にも、マヨネーズの中にねじめびわ茶を入れると分離するそうです。油を分解したり、アクが出ないというのも不思議なもんです。

それとコーヒーも水の代わりに、ねじめびわ茶でコーヒーを入れて頂きました。私はブラックでは飲めないので、コーヒーそのものを楽しむタイプではないのかもしれませんが、ねじめびわ茶のコーヒーも旨いと思いました。私が少しでも多く、ねじめびわ茶を飲みたいと思ったときはこんな活用方法もありだと思いました。

3歳・5歳・8歳の子供達はねじめびわ茶を何杯も飲んでいました。ねじめびわ茶はノンカフェインなので子供から妊婦の方まで幅広くの方が楽しめると思いました。
それと、放射能検査や残留農薬検査なども定期的に行い、安心でもあります。

十津川農場の敷地内にある天空庵に2泊宿泊させて頂き、長崎の枇杷農家さんに会いに行く為に3日目の朝5時半に出発しました。



お盆休みにも関わらず、その際も玉置社長及びスタッフの方に見送っていただき、本当に感謝でいっぱいでおまけに朝ごはんも車の中でという事で頂き、本当にありがたい・感謝いっぱいの気持ちで鹿児島の最南端から長崎に向かいました。

今回の十津川農場さんの取材では、ねじめびわ茶のすばらしさを再確認ができたのはもちろんの事、地域を大切にする姿勢や定年制がなく人を大切にする会社の方針や人の温かさや人との関り方まで見させて頂き、とっても自然な対応でみなさんやさしく、人としての在り方まで勉強させていただきました。


雄川の滝

 

十津川農場のねじめびわ茶について詳しくはこちら