褥瘡の方は1人もいない取り組み

老人ホームについて園長と施設長にお話を聞ける機会を頂きました。

介護度は3・4の方が多く、中には介護度5から2に下がった事例もあり、その際には養護老人ホームに移るそうです。

園長は「食事は文化」という考えがあります。そのため厨房があり、数百食の調理を行っているのです。料理長は朝5時から市場に新鮮な魚を見に行ったりして自分の目利きで選ばれ、野菜などは地域の野菜を買っているのです。

値段が高くても地域での地産地消という考えで安い所に変える事はしないとの事でした。醤油一本であっても取り寄せるとの事でした。

コロナ以前には魚の解体ショー・竹を使った流しそうめん・誕生日会なども行っていたそうなのです。しかも、1日の食費の中でそれをうまくやりくりしていたそうなのです。

料理も入居者さんの体調に合わせて、食欲がない方は少なくしたりペーストにした方が良い方にはそのようにしたり、その方にあった料理を提供するのです。

普段ペースト状の食事しか食べない方もおはぎを詰める事なく食べる事もあるそうなのです。だからと言って、こちらから何かがんばってみようなどは言わないそうです。

四季を通じて色んな食事を提供するので、鯖寿司の時もあったりするそうです。食事だけでも四季を通じて楽しめますし、ごはんの入れ方、盛り付けも必ずきれいに入れる事から食事という考えで行い、決しておかゆの中に薬を入れるような事はしないそうです。

ご家族も一緒に食事を食べる機会もあるそうです。

それと入所するとおむつはやめてパンツにパットを入れるそうです。部屋にトイレはなく、必ずトイレに行って人が待っていてもトイレでするそうです。しかも部屋にポータブルトイレはないそうです。その人の尊厳を大事にするとの事です。

褥瘡(じょくそう)の方は1人もいないのです。マット交換も1日5回~6回変えているのです。それにワセリンを塗らないのです。入浴には40分かかる事もあり、その際には看護師もご利用者の方の様子を知るという事で一緒に入浴介助を手伝う事もあるのです。

入浴後は、肌にゆずローションをぬってあげて肌の手入れをしているのです。それは肌がかさついてかいたりして寝れなかったりするとその方にとってストレスとなりよくないという理由もあるので入浴後には肌のケアをする事にしているのです。



このゆずローションは天然保湿成分ペクチンが肌を乾燥から守り、お風呂上がりに慌てて保湿しなくても、保湿ローションを塗ったようなしっとり感で、痒みを緩和するそうなのです。肌荒れやかゆみに悩む肌を、なめらかに整え、ゆずの果実から抽出される芳香蒸留水が肌にうるおいを与え、キメの整った透明感のある肌へと導くそうなのです。

しかもゆず以外にも精油(ユーカリ、ペパーミント、ティートリー)」も殺菌作用があり、肌のトラブルを整えますし、「トール(松)」も刺激を与えず皮膚のバリヤー機能を維持するのです。このトールは松を使ってパルプ(紙)を作る際の副産物でもあり自然のものです。

他にも精油(シターウッド、シトロネラ ゼラニウム)が皮膚の引き締め作用がありコンディションを整えるのです。虫が嫌う成分(シトロネラ、ゼラニウム)も含まれているのです。すごい考え抜かれたローションを使っているのです。

寝付きの悪い人にはさらに精油をつけたりもしたり、青たんができた方にはジンジャーの精油をつけたリするとあおたんがひいていくそうなんです

それと介護士・看護師はリンパマッサージの勉強をしているので、入居者さんに毎日一人15分行うのです。しかも 嚥下障害(えんげ)がある方には、食事の前にマッサージをするなどをしたり、高齢者の浮腫に対しては、包帯を巻いたりして利尿を促すなどして手当を行うのです。

全職員がその人に寄り添っていく体制ができているのです。認知症が良くなったり、褥瘡の方が一人もいなかったり、介護度がよくなるのは理解できます。まだまだいっぱいすごい事を実践しています。本当にすごい施設でした。コロナで見学は出来ませんでしたが、本当にすばらしい機会を頂きました。

安心していたら

普段なら玉ねぎを定植した後にすぐに畝と畝の間に防草シートを行い、飛ばないようにするのですが、年内に玉ねぎの定植する数を優先にして防草シートをしなくても強風もないだろうと思っていました。

それがこの時期では今までになかった強風が続き、何か所か玉ねぎを育てているマルチがはがれていました。



玉葱の数は計11000本ぐらいでこの修復作業に6.5時間かかりました。本日はボランティアの方が5畝分の防草シートをすべて敷いてくださいました。

後回しにしていた事で作業時間が普段より多くかかりました。

他にもほぼ決まりかけていた農地が1月8日にダメになったという連絡がありました。その場所も開発がかかるかもしれないという理由です。安心しきっていたのですが、また振り出しに戻り、農地をまた探す事になりました。

他にも10年前に見学に行ったメーカーの社長より電話がかかってきてOEMのご提案を頂きました。電話でお話しするのも数年ぶりで、年賀状でどのような活動をしているのかを書いて送ると、その文面を見て頂きご連絡をくださいました。まずはやってみようと思いますので、近々、当社が販売元のお茶を出す予定となります。

年末年始にかけて、整理をしていると、病気について誰から聞いたのか、どこから抜粋・参照したかまでは記録にないのですが、2015年に残していた文面がありました。

病気についてです。・・・・・・・・ここから・・・・・・・

「体は心の影である」といい、「病んだ心が、外なる体に症状を表す=病気」と教えてくれました。

病気に感謝。元気をよみがえらせる。
『気づき』のチャンスを、病気はもたらしてくれる。

病気は、「気が病む」と書きます。この変化に「気づく」ためには、自分の身体と心の状態について、「気に留めて」おくことが大切です。日ごろから「気を留めて」おくことで、病気という変化にいち早く「気づく」ことができるわけです。

病気に気づいたら、「元気」を取りもどすために、いろいろ努めることができます。「元気」とは、「気の元」万物を生成する根源的な精気のことです。

病気は人の命を縮めるためではなく、その人に「気づき」を与えて、「気の元=元気」をよみがえらせる機会を再びつかんでもらうために生じるのだと説きます。それゆえに、病気は「恐れる」対象ではなく、「気づき」のチャンスをもたらしてくれる「感謝」の対象なのです。

病気は、「気がかり」な心配事です。健簾とは「気にかからない」状態です。わかりやすく説明を加えてみますと、脳が気にかかれば肩こりがあります。逆に肩こりがなければ肩は気にかかりません。腰が気にかかれば腰揃があり、胃が気にかかる人は胃の不調があります。

つまり、気にかからない事が健康であり、気にかかる事を気に病むと言い、病気となるのです。その「気がかり」なことに「感謝」することで、自分に病気が生じた原因にも自然に納得がゆき、病気という「気がかり」を克服する道も、自ずと見えてきます。

・・・・・・・・ここまで・・・・・・・

ニュースレターきらら21号の掲載予定のがんサポートドクターの中村先生の取材の中で病気に関する事でこんな取材をしていました。

中村先生:基本的にお医者さんが好きな人たちの考え方は、自分の中に悪いものが取りついているので早くがんを取り除いて欲しいという考え方なんです。でも、この考え方に欠けているのは、がんは実は生活習慣病なので、「自分が育ててしまった」ということを戦略の中に加えていく必要があるのに、そこをあまり重視してないことが問題だと思いますね。

「がんを育ててしまったのは自分だ。」ということに関して、こういう要因が身体に負荷をかけていて、その負荷のなかで適応したけれど、挙句の果てにがんになってしまった。つまり、これまでの生活の仕方、食べ方、寝方、食べ物、つまり嗜好品とか考え方の偏りみたいなものが、がんを産んでる可能性があるんですよと。

なので、がんになったことを、生活習慣を改善するチャンスと捉えて、まずはがんを受け入れて、そこから次のステップに発展するようなことにチャレンジされたらどうですか?ということです。

きらら21号は今月中に発行予定となります。

思わぬことが色々とありましたが、精一杯向き合い「気づき」のきっかけにより学び、自分を信じて突き進みたいと思います。

希輝通信(きららつうしん)のニュースレターの無料配布について詳しくはこちら
→ http://gankokuhuku.com


感謝・地道な努力・生き方によって出会えた菌群

体に有用な微生物は偶然に見つける事ができない!それは、60数年菌を研究されている先生の言葉であります。

この先生は、今までに北海道から沖縄や東南アジアを歩き回り、バクテリア(細菌・微生物)が住み着くだろう!集まろるだろう山と川とか海とかの場所にエサや条件を作って集め、四季を乗り越えて集まった菌を採取して、雑菌なども除きながら有用な菌を採取して研究しているのです。

しかも、菌を採取する際にはバクテリア様に申し訳ないけど世のため人のために使わさしてもらいますと山に入った時はその言葉からはじまり、感謝する。感謝・感謝する事により集まると考えるのです。感謝の気持ちをもって取り組む。バクテリアが集めるのには1年以上かかるのです。

微生物からだす波動はあると考えるので、バクテリアのばくちゃんおねがいするね。
声掛けする。相性がわるいというより、声掛けを行う事でよくなると考えるのです。

小さいころから自然と触れ合い、石の勉強もできる環境にあったのです。石炭も植物からとれるという事からそこから菌もとれる。

そして墓の火の玉も5月ぐらいに雨が降った時にポツポツと見える。小さい火の玉のもとが見える。微生物が分解して成分が出て、みえるもので少年時代の時から見たりしているのです。

高校生のころからは自然界からバクテリアを採取する事にたずさわっていたのです。結核とかの伝染病を治す病棟で臨床検査室があり、結核菌の培養、染色なども行い、終戦後は抗生物質が入ってきたので耐性試験、抗体、抗原の勉強、大腸菌・サルモネラ菌など全部培養から染色も行ってきたのです。

その時に内科はいらない!食べ物がわるい!食べ物をしっかり農業から作れば良い!という医師に出会ったそうです。


玉ねぎの苗が雑草に埋もれだしました。

今では農業、畜産、養殖の現場に行きご指導されています。先生の菌を食べている動物達は鳥インフルエンザや豚コレラ騒ぎになっても、ただの一羽、ただの一頭もウイルスに侵される事はありませんでした。そして、他の病気も患いません。

先生の菌を畑に使うと、農薬や化学肥料、除草剤などは、分解され無力になり、ダイオキシン・カドミウム・鉛・硫黄・水銀・ヒ素などは劇的に数値が減るデーターもあるのです。

しかもトマトは水耕栽培をせずに連作障害がおこらない。苗の病気で5個ぐらいの病気が同時に発生して誰もが解決できない事を解決したり、収量が2倍以上になったりと地道に集めた菌群の力がすごいのです。

先生は菌群の力を使ってどんな物も消化イコール分解と考え、消化吸収を促進する事を考え、菌群(コロニー)から元気な菌だけを集めて、菌群の共生を実現したのです。

畑の中でも有機農法であれば、有機物が無機化に分解さるまでに半年から1年ぐらいかかりますが、先生の菌群は1日~2日で土壌の温度があがり、1カ月もあれば分解されるのです。


ジャガイモの畝の雑草を抜いたあと

それを体に入れると、腸まで届くまでに分解が進み、吸収されやすくなるのです。まず食べてみると、うんちは浮きます。そして、他にも体の変化を体感できたことがありました。

私は健康で何を飲んでもあまり何も反応がありませんが、これは体感する事もできる特別な菌群です。

菌群と言えば今までに知っているのはEM菌がありました。他には乳酸菌・酵母菌・死菌など腸に良いとされる菌は知っていました。

EMは、光合成細菌・乳酸菌・酵母を中心とし、様々な抗酸化物質を産生する微生物の複合体とされていますが、この先生の菌群はすごい種類の菌群です。しかもどのような分解があれば体に有用なのかも知っているから出来る事なのです。

あまり詳しく書けませんが、地道な努力と研究、そして導きによりなしとげた先生の話はとても面白く書けないことだらけです。先生は84歳に見えないぐらい元気で、毎晩お酒を飲んでも菌群のおかげで2日酔いはないとの事でした。私も来年の玉ねぎのためにこの菌群をまいてみる予定です。詳しくは書けないのでご興味がある方はお問い合わせくださいませ。

重度・中度の知的障害者の賃金向上に向き合う

東京出張4日目に就労継続支援B型事業所で半分近くの人を、一般企業で働けるように支援を行っている胡蝶蘭の栽培から販売まで行っているNPO法人AlonAlon(アロンアロン)に見学に行ってきました。

200坪のビニールハウスの中で胡蝶蘭の苗は、提携企業から仕入れ、苗から育て半年後に花が咲き、そのうちの9割ほどが贈答用で送れるレベルの商品となり、月間800本ほど出荷しているそうなんです。



苗は4000本以上ほどハウスにあり、朝に役割を決めて、それぞれの仕事を行うのです。難しい作業の一つに茎の形状に合わせて、支柱をそわす作業があります。慣れた手つきで、きれいに茎の形状に合わせて、支柱をカットしたり曲げたりします。職人のようにどんどん手際よく仕事をされます。



工賃もその方の出来る工程が増えれば変わるような仕組みでもありますし、一般企業で働けるように、10時から15時30分まででなく、時間の延長やなるべく自分の力で通えるようにも取り組んでもらうのです。



そして、一般企業で胡蝶蘭を贈答用で送る企業で、障害者雇用率制度で胡蝶蘭を育てれるスタッフを雇う事の提案や見学に来てもらって、就職のマッチングを行っているのです。

しかも、採用が決まっても慣れた環境の中で同じビニールハウスで仕事ができ、定着支援事業も行っているので本来ならジョブコーチが1カ月に1回の企業訪問に行き、働いている様子を確認するのですが、毎日の作業が見えるので、就職後もちょっとした変化などもサポートできる仕組みになっているのです。

アロンアロンを通じて一般企業も重度・中度の知的障害の方もお互いが喜ぶ仕組みで、50%の方が一般企業で働けるようになり、賃金向上に取り組んでいるのです。

ビニールハウスも、AIで温度管理なども行ったり、水は雨水を貯めれるように地下にタンクを作り、酸性水をろ過したりする事も行っているそうです。さらに地熱なども使えないのかと調査まで行っていると理事長の那部(なべ)さんが教えてくだいました。

私は那部さんの事は全く知らなかったので色々と質問をさせてもらいました。そしたらなんでも教えてくださり、過去の事業の事から今後の展開までお聞きでき、本気で障がい者の賃金向上と障がい者の職場として自慢できる環境作り(仕組み)の考えを聞けて感動しました。

社会問題に真剣に取り組むとはこういう事かと勉強になりました。アロンアロンの大きな味方になっているバタフライサポーターという制度があります。1万円の寄付で、苗を10個仕入れ、それを入所者の方が育て、返礼品として胡蝶蘭を送るという制度です。

1万円で買った胡蝶蘭によって、働く方の賃金向上に役に立つという仕組みになるのです。本当に事業モデルがすごいですし、一人で自立して生活できる支援としてもグループホームも3パターン用意して、無料、数千円、数万円の家賃と分けて、運営するそうです。

どのような状況の方にでも対応したり、グループホームでなくシェアハウスが向いている方には、そこを紹介したりしてその方に応じて向き合っているのです。3種類の家賃設定により、今までになかなか一歩踏み出せなかった方の後押しにもなりますし、アロンアロンで働くきっかけ作りにもなっているのです。


左:アロンアロン理事長 那部さん 中央:坂井 右:アロンアロン 顧問 高橋さん

聞けば聞くほどすごい!こんな会社があるのかと感動して深く考えさせられました。胡蝶蘭を贈呈する方は、関わるみんなが幸せになるような取り組み「アロンアロンのバタフライサポーター」という方法もあるので是非とも知って頂きたいと思いました。

ビジネスの力で社会問題に向き合ったり、喜びの輪が広がるのはすごい!このようなすばらしい企業を目指したいと思います。

アロンアロンのバタフライサポーターについて詳しくはこちら→ https://www.alon-alon.org/owner

がんサポートドクターへの取材

がんサポートドクターの中村先生に取材する事が出来ました。

中村先生は免疫療法をしている方を6年間見てきた中で、免疫療法だけでは思うような結果が得れない方もいるので、そのような相談を受けるうちに、西洋医学から東洋医学の事まであらゆる論文や資料などを見て勉強し、がんについてどうしたら良くなっていくのか?のカウンセリングを行うようになったそうです。

人には色々な制約や信条があります。がんを秘密にしておこう。周りに頼りたくない、先生の治療は絶対だ!家族が言うのであれば、など色んな基準や考えがあります。

カウンセリングをすることにより、その方の考え方を理解してそこからその方に合った方法を一緒に探していくのです。

なので先生はこれをしたら治るというようなどんな方にも良くなる一つの方法を推奨するのではなく、がんの原因と思われる事をカウンセリングで紐解きながら、免疫と代謝の部分について考え、その方が自分で良いとおもえる事を行ってもらうという考え方なのです。

病気の原因というのは単純ではありません。生き方も様々です。生活習慣病であるがんはその方が積み重ねてきたものでもあるのです。

積み重ねによりがん細胞と共存できないぐらい進行が進み、普段なら免疫で押さえ込んでいた事が、検査の結果でも見えるぐらいまでがんが大きくなるのです。

健康である状態を取り戻すという事は抗がん剤でがんを叩いたり、取り除くだけではないのです。がんの予備軍が大きくならないように、本来持っている免疫力が働くように、今までの生き方、考え方を振り返り、生活習慣を見直す事から始まるのです。

がんは何が原因かを特定したり、何をすれば抗がん剤と併用して、免疫をあげれるのか?方法などを考え、その方が良いと思う方法が見つかれば、それに取り組んでもらい状況をみるのです。

そこにはお試しで治療を行うのでなく、自分で選択した事に疑う事をせず、信じて行い覚悟を決めてする方が良いと教えて下さいました。

例えば、偽薬で実験しても信じる気持ちがあれば効果はあるのです。なので薬の優劣も偽薬と比べる事もあります。自分が選んで納得した治療を信じ、全力で向き合う事により、結果は変わってくるのです。

先生は整体や氣功もできるという事で体を触ってもらいました。何かの流派があったりやり方があるわけでなく、身体が悪い部分を触ると反応し、体に任せて施術を行うのです。

理論だけでなく、感覚や量子力学的な見方も踏まえながら、とてもわかりやすく教えてくださいました。



断食の事、体の低体温、酸素不足によるがん細胞の事、治りやすい方の特徴など他にもたくさん聞いた事を希輝通信(きらら)に詳しく掲載してニュースレターとしてお配り出来たらと思っています。

今日は日本中及び海外でも菌を採取して地道に研究して複合菌の共存に成功した先生の話を聞きました。

明日はたくさんの方を救っている石黒式温熱法の勉強会に行ってきます。

スピリット、魂が導いたり、試されたりするなど、不思議な話などもあったり、人を紹介してもらえる、機会を頂く事は感謝しかないと思いました。

がんで今後どのような治療が良いのか?迷っている方はがんサポートドクターの中村先生に相談する事をお勧めします。すべての観点から説明をしてくれます。詳しくはこちら→ https://cancer-support.doctor.tokyo.jp/