竹岡農園に見学

米ぬか酵素風呂を経営している方とお話しする機会があり、そこで農家で酵素浴をしている所があるとお聞きして竹岡農園に行ってきました。

予約した日は雨の予報でした。そして、午前中ならオーナーと少し話が出来るという事でした。当日は晴れになりましたが、2人で行く予定が急遽予定変更で一人で行きました。そして酵素浴に久しぶりに入りました。

入って10分間であつくて起き上がりました。汗がすごい量です。自分で酵素をかぶせたり休憩したり、60分間酵素浴を楽しめました。入浴後も体がポカポカして汗がどんどん出てきます。酵素浴の中はアンモニアの臭いは全くしませんしちょうど心地よい感じでした。

酵素浴後に昼食を頂きました。この辺りでは地下水がくめるるらしくて料理にはわざわざ近くの地下水をとりに行ってるのです。料理もビーガン料理でしたが、色々な野菜が楽しめて美味しかったです。




アスパラ・じゃがいも・玉ねぎのスムージー



その後、竹岡農園の竹岡さんに色々とお話を聞けました。

7月10日に里山マルシェをし、そこでは独自のコインの里山コインを使うのです。里山コインを通じて、価値は何かを考える機会や通貨とは何かを自然と学べたら良いなと思ったそうなんのです。

そして里山マルシェで出た出店者の皆さまの利益50%はサドベリースクール里山楽校ふえっこに寄付(ドネーション)され、日々のサドベリースクールの運営に還元されていくしくみにもなっているのです。

里山コインは限定品なのでもしかしたらコインの価値があがるかもしれませんし、そのような事も体験できるのです。すごい面白い企画だと思いました。

他にも農業、酵素浴、レストラン、幼稚園などどのようような経緯でする事になるのかも聞きました。

午前中だけと思っていた時間が、竹岡さんも昼からの予定が急に出なくてよくなり、15時半ごろまで畑・鶏小屋、宿泊施設なども見学させてもらいながら話を聞いていました。

すべて人とのご縁で個々のやりたい事をサポートして始めて行くとこのような状況になったとの事でした。

酵素浴は1日2組なのも、菌に負担をかけないためらしいのです。菌も関わり方によって変わるし、負荷をかけたくないそうなのです。

近くの民家の方も竹岡さんの活動を見ていて、特別な価格で譲ってもらったりして、タイミングがすごいと思いました。この民家の近くには川が流れていて飲めるぐらいきれいなんです。

美味しい野菜を追及して酵素・微生物を畑に入れて味の期待に応えようと追及するより、身近な人の農薬や化学肥料で土壌改良が必要な所に協力して、サポートする方があっているととの事でした。そのように思って実行しているからこそ、自然と人が訪れてくるんだと思いました。

山の氏神さんにお供えしたり、氏神さんが良いように見えたりする人や、麻を使って手作りの物をマルシェに出す人など色んな方がいました。

自分には何が向いているのか?何が出来るのか?そして朝に急遽一人で行く事にも意味があったり、竹岡さんも急遽用事がなくなったりして、お話が出来たのでこれもタイミングだと思うとどんな事にも意味があるなーと思いました。

農福連携を行っている就労継続支援B型事業所

きらら看護の家で手伝ってくれているメンバーに農業とケーキ工房を運営している就労継続支援B型事業所ふぉーふーむさんの管理者の湯浅さんを紹介してもらい見学に行ってきました。

午前中は矢問農園(やとうのうえん)の管理業務を行っていました。この日は雑草をとったり、野菜くずを堆肥作り用の専用スペースに持って行ったりしていました。



この矢問農園は1区画の栽培面積(24㎡)で年間31,429円(税込み)と聞いて安いと思いました。しかも駐車場は広いし、井戸水を引いていて蛇口が何カ所もあるのです。しかも農機具は倉庫がありますし、休憩所・トイレも完備しています。

午前中の作業が終わり、午前中の農作業を終えて帰られる方もいます。作業所に戻り、みんなで昼食です。ご利用者さんに弁当を食べながらお話を聞いていました。ケーキやお菓子を作る職人さんはその間に仕込みを行っており、作業スピードがめちゃくちゃ早く、クッキーを焼く準備を行っていました。

昼からはお菓子の袋詰めと自社農園の手入れの組と分かれての作業です。私は農園の見学に行きました。車で2分~3分の場所に畑があります。そこでニンニクの収穫、ナス・ゴーヤ・キュウリなどの手入れなどを行いました。

初めて知ったのですが5枚の葉を残しての手入れや、風通しをよくするために他の元気のない葉は切ります。手入れの際は、写真やイラストで説明もしてくれます。とってもわかりやすく私も勉強になりました。

それとトウモロコシにつくアワノメイガの虫を予防するには早く植えるか、遅く植えるかもしくは雄穂の産卵を防ぐことやイチジクも挿し木をすれば育つやイチジクは兵庫県川西市で品種改良された桝井ドーフィン(ますいどーふぃん)がイチジクの約8割を占めるとされる品種という事など雑学まで色んな事を教えてもらいました。



管理者の湯浅さんは農業の勉強のためにアグリイノベーション大学校にて農業を学び、そこで大西さんとも知り合い、一緒に事業をする事になったそうなのです。しかもそこの事務の方が、農福連携のアドバイザーとして指導してくれる担当になったり、事業を行う場所を探している所で、ケーキ屋さんの奥さんが湯浅さんの奥さんの事を覚えていて、ご縁によって一緒に仕事をするようになったりと、地元でのつながりや奇跡のような話で今に至るのです。

障害者だからと特別扱いはせずに、伝えないといけない事はしっかり言う、思った事も良い合い、しっかりとコミュニケーションをしている事がとても印象に残っています。

農園の管理の時は、就労支援事業に通われる方だけでなく、畑を利用する方にも会うたびに声掛けを行っているのです。とても自然体で接しているので居心地が良いのだろうなと思いました。

帰りにクッキーなどの焼き菓子を買って帰りました。会社でみんなで食べてとっても美味しいと好評でした。ココナッツクッキーは子供も美味しいとパクパク食べていました。



ココナッツクッキー 感想
・ココナッツの含有率も一般向けでほどほど(多からず少なからず)で食べやすいです。油分はマーガリンとバターの混合ですので、バターの風味はマイルド。その分ココナッツの風味がよりはっきりとわかっておいしかったです。

・集めで歯応えもあり口の水分が取られることもなく口全体に甘さとココナッツの香りが広がります。食べ終わった後はココナッツ製品によくあるココナッツの数が残る嫌な感じも少ないです。美味しいお茶と一緒にゆったり食べるもよし、小腹が空いた時につまむもよしです。

就労継続支援B型事業所「ふぉーふーむ」を運営しているNPO法人百生一輝さんのぺーじはこちら→ https://hyakusho-ikki.org

ありのまま

5個の巣箱のうち1つにニホンミツバチが出入りしていました。豊能郡能勢町でニホンミツバチを見る事がなかったのですが、巣箱を置いて40日後ぐらいです。飛び回っていてほっと安心しました。



その後、二人の面接でした。

一人は、色んな資格、教える免許まであり、役職も色々と経験してきた方、もう一人は緩和ケアにある事がきっかけで興味を持ち、携わっている方。

生き方が全然違いますし、二人の良い所も全然違います。まさしく十人十色で、お互いができる所、得意なことを教えあい、協力できたらなんと良いチームになるのだろう。

そこには相手への理解のためにコミュニケーションをする事と思っている事をしっかりと伝えれるかだと思っています。そして本心で向かい合っているのか?というのもあります。

気を使って言えない、理解できない事をわからないと投げ出す、聞いた事を覚えてない、言っても変わらないなどを思うと前に進めません。

別れがあるから新たな出会いもあるし、動いているから新たな出会いもあります。その場から離れる事も良いのですが、逃げていても隠していてもあきらめてしまっても向き合わなかったとしてもいつかまた乗り越えれなければ同じ問題がくると思っています。

畑では雨の後の翌日でも水がたまり水はけが悪いのです。地主さんに相談するのは2回目ですが、今回は実際にその状況を見てもらい、相談すると地盤に穴をあける許可を頂けました。それをしたからといって解決するかわかりません。ただ、水はけが良くなる可能性は出てきます。

思った時・迷った時に相談する。一人で悩むより聞いてみる。

母の日に何が良いのか聞くとあじさいとの事。久しぶりに花屋に行き、珍しいアジサイが並んでいました。良いな!と思うものを選びました。



常に選択はつきものですが、ありのままの心で進んでいけたらと思っています。

身近な所で色んな発見

子供と初めてバッティングセンターに行きました。すべて空振りです。同じぐらいの学年の子がバンバン打っていたので近くにいた母親らしき人に聞いてみると、幼稚園の頃から通っているとの事。

そしてここの野球教室が良いよ。箕面市であればこんなチームがお勧め、リトルリーグのメリット・デメリット、盗塁の有無?など色んな事を教えてくださいました。

息子の為にあらゆる事を調べていて、野球の練習に付き添っているのです。

子供が何をしたいのか?と聞いても興味を示さなかったのですが、野球チームに連れて行ったりすると、どこのチームがあっているのか?また行きたいのか?など興味を示すようになってきました。そしてチームに参加して練習した時も、野球を見に行ったことはないのか?バッティグセンターに行った事がないのか?など聞かれて父親らしい事をしてないなーと思ったのです。

バッティングセンターに行く前は、1回20球打ったら帰ると言っていたのですが、行ってみると6回120球を打ったのです。

子供に好きな事は何か?と問うばかりで、触れる機会を作る事さえしてこなかったなーと反省しました。

オーガニックなどの食材を使っているお店に家族で行きました。そこではエディブルフラワー(食べれる花)やピーテンドリル(スナップエンドウのつるや葉)をアクセントとして料理に出していたのです。



そしてサツマイモのチーズケーキとクリームがとてもあいますし、自家製ジンジャーソーダも美味しいのです。



この帰りにさらに生姜をもっと植えようと思い種芋を買いに行き、スイートマルベリーも植えようと思い買いました。アントシアニンはブルーベリーの3倍以上と書いてあったので、どれだけ出来るのか楽しみです。

借りた書籍ですが、精神科の医師 内海先生がコロナの事、世界の秘密の本を出版しています。さっとしか読んでませんが、薬を飲まないし入れない不自然な事はせずに、自然と共生する事で免疫力が強くなると思っていますので、周りの方に貸して読んでびっくりしていました。

この本で特に印象に残った事は、人に理解してほしいと思う事・被害者であると思う事をやめる、必ず自分で調べる探求心を持つこと、権威の従属と妄信をやめる事などです。

何がどうつながり、ご縁になり思わぬ情報が入ってくるきっかけであったのかを振り返った時に、その時に探求心があったのか?なかったのか?偶然なのか?と考えると、出会いは面白なーと思いました。

ご縁

デザインなどを手伝ってもらっているメンバーが知人にチョーこだわった玉ねぎみそをおすそ分けした事がきっかけで以前にお会いした方に繋がったのです。

お会いするのが久しぶりで、しらすのうまさに感動して今では岸和田港から直接仕入れて新大阪で販売しているのです。そこで大阪産の商品を探しているという事で、自社農園の玉ねぎのドレッシング、チョーこだわった玉ねぎみそ、玉ねぎとじゃがいものポタージュスープ、玉ねぎスープなどを一緒に紹介してくれることになりました。

大阪産の認証マークの事、チョウザメの養殖の事など色んな事をお聞きしていると、5反(1500坪)ほどの農地で水のきれいな自然あふれる場所で無農薬で米作りをしている方がいると聞いたので、その方をご紹介してもらい会いに行きました。



このあたりは数年前に農地を探していた時にきた地域でもあり、猪、猿、鹿がでるので難しいと思っていたのですが、今ではサルはほとんど出ないらしいのです。イノシシ、シカの被害があり、柵で覆っていました。それでもシカは飛び越えたりするそうなのです。

鶏やアイガモ農法などの話をすると、野生動物に狙われるみたいですし自然と共生するのはとても大変な感じです。だが、その方はシカに稲を食べられても、仕方がないと自然との共生を楽しんでいるのです。柵も周りの農家さんの分までしたり、色々とお世話をされているのです。

米作りで種籾(たねもみ)を農薬を使用して種籾消毒する場合と種籾を約60℃の湯に10分ほどひたし、湯の熱で消毒する方法がある事を知りました。農薬不使用の米作りの場合、その消毒の仕方も知らないといけないと思いました。


種もみから水に浸して発芽

他にも別な方から不思議な整体の先生がいるという事で紹介してもらい会いに行きました。その先生は患者さんを治すにはどうしたら良いのかといきついたのが、神様に聞き、浄化するなどもとりいれた方法です。難病の方は、先祖、未来世、因縁などの影響もある事が多いらしいとの事でした。

そこで聞いたことは、小さな昆虫から雑草まで生きているので、何事も命を頂いる感謝が必要な事を知りました。そしてその方は神社などにも行かなくて良い、お守りもいらない、塩を携帯していたら良いとのこと。

そんな事を紹介してくれた方に話すと、カビが物に出てくるから悪いものでなく、人間が食べなくて良い事を知らせてくれているとそして奇跡のリンゴの木村秋則さんの話になり、野生動物の獣害の予防策として柵をしていないと聞き、色々調べてみると動物が食べても良いものを用意しているらしいのです。

ご縁によって再会する事ができ、また新たなご縁を頂いたり、共生するには、許すこともしくは改善に向けて新たな方法を考える、そんな事を周りまわって教えてもらったような気がしました。