母の日にイチゴ

去年、熱があり食欲がなくても農作業していた時に水分補給にと、もらった露地栽培のイチゴがとってもおいしく、是非とも作りたいと思っていました。ホームセンターなどでは、イチゴの苗は200円~300円ですが、農家の方に聞いて産直の所で頼むと、イチゴの苗が120円でした。

初めてだったので、2018年11月17日にイチゴのレッドパール75本、女峰(にょほう)25本の計100本の苗を定植しました。

もちろん無農薬・無化学肥料で除草剤をせずに育てました。そのイチゴが先週は30個ほどしか収穫できなかったのが、昨日は大量に収穫できました。


子供達は大喜び。イチゴを買う事はめったにないので、ちょうど母の日という事でおすそわけ。

玉ねぎは、去年より順調に育っていると思っていたのですが、まだまだ先週と比べてみてもそんなに大きくなっていないですし、去年の写真と比べてみても育ちが遅い感じです。

子供達は、朝6時半から運動会に向けて、毎朝私は起こしてもらい、公園に行き、走る練習をしています。運動会で徒競走で「1番になりたい!」という目的を達成する為です。私は子供達がやりたい!と思えば、どんな時も一緒に走ります。今では、近所のお友達も朝から待ち合わせして一緒に走っています。どのような結果になるのか楽しみです。

連休明け5月7日からは社内全員で8つ以上のルーティンチェック表に取り組み始めました。私のルーティンでメンバーに10分間仕事を教える事が「ボーナスタイム」と名付けられていて、面白い名前をつけるなーと思っていました。

「言葉はプレゼントと思って話せ!」という方の話を聞いて、向き合って少しは相手の為に伝えていると評価してくれているのかなぁー?などと思えるような楽しみがあったり、日々、色んな関わりを持ち、真剣に向き合えば面白い事や楽しみは、どんどん出てくると思いました。

9年ぶりの新潟

新潟に車で行ってきました。散歩をしていると、良寛の里でガンジー牛のソフトクリームを発見。ガンジー牛とは、イギリス海峡にあるわずか63平方kmのガンジー島原産の 【ガンジー種】 という珍しい品種の乳牛です。

乳牛として有名なホルスタイン牛のミルクに比べ、脂質・たんぱく質・灰分などの成分が豊富なことと、濃厚でありながらさっぱりした味わいが特徴な事から、欧米ではゴールデンミルクと言われているそうです。

加勢牧場のガンジー牛乳は、480ミリで600円です。どんな味か飲んでみました。あまり濃厚と思わなかったのですが、さっぱりしてほんのり甘い美味しい牛乳です。ソフトクリームは、「道の駅・良寛の里わしま」で400円で販売されていています。そこから歩いて200メートルぐらいの所に「お休み処 和らぎ家」というお店がありガンジー牛のソフトクリームが300円でした。値段は量の違いですし、安い方で買って試食してみました。

牧場に見学に行きたかったのですが、見学は出来ないのです。加勢牧場の直営店の「加勢牧場-わしま本店」は道の駅から車で5分~6分ぐらいの場所にあります。

行ってみると、直営店「加勢牧場-わしま本店」のある場所と同じ敷地内に、いやしの郷 釣り堀がありました。錦鯉や金魚(玉サバ)の釣りを楽しめる所で1時間1200円です。1時間ごとにお金がかかります。

「加勢牧場-わしま本店」の店の前にはヤギがいました。ヤギは雑草であればなんでも食べる事をここで知りました。見てると面白い。とても食欲旺盛です。

ここから15分ぐらい車で行くと、寺泊港(てらどまり)があります。釣具屋さんにレンタルをしているか電話で聞いてみると、竿のレンタル代が高かったので、「他のお店ではレンタルしていないのか?」を聞くと、知らないとの事でした。実際に行ってみると、漁港あたりに釣具屋さんが3店舗あります。

そこで1件目でレンタルをしてるか聞くと?教えてもらった所と電話で聞いた所のレンタルの値段が2倍ほど違いました。「さくらや釣具店新店」では、レンタル1000円で竿を返すと、300円お金が戻ってくるので、実際には700円で18時まで使うことが出来ます。

漁港までは歩いて10秒ほどで駐車場も無料です。すぐに海です。時間帯に関係なく、稚アユが釣れます。お隣さんからもらったのも含めて2.5時間で95匹。

その後、車で1キロほどの所に、寺泊魚の市場通り(魚のアメ横)があります。私が好きなタコがとても安いです。いろんな魚が売っていてとてもにぎわっています。釣った魚は子供達が料理のお手伝い。

私は、温泉を探すと、近くに寺宝温泉(じほうおんせん)があるのでそこの話をすると、癌に良い温泉って聞いたので、行ったことがあると親戚から聞いたので、行ってみると炭酸泉でした。とってもラッキーです。炭酸泉には末梢血管の拡張作用があり、血流が良くなるのです。そのため、体温もあがり、代謝も促され体に良いのです。


希輝通信の5月発行の最新号では、炭酸泉の事も記事にしていました。血流が良くなる事により、病気が治ったりした事例なども紹介しています。現地に訪れ、見て、聞いて予定も何も決めてない旅でしたが、親戚にも子供達を会わせる事が出来ましたし、家族で楽しめた1日でした。

希輝通信(ニュースレター)では、がんを克服した方や生活習慣病を防ぐコツなどを掲載しているニュースレターです。詳しくはこちら

意識して継続してみる

PHIピラティスのマット養成コースに行ってきました。その日は体の左右のバランス・ねじれ・前後の重心の位置や身体の正しい位置の見方を教えてもらいました。

ピラティスでは、体のバランスやねじれなどの原因の筋肉のこわばりなどを正しい姿勢に持っていくために、その方にあったエクササイズを指導できるように勉強します。

指導するにあたってまずはエクササイズを自分で行い、体感するのです。簡単なエクササイズに見えるのですが、呼吸ではいたりすったりしながらも腹筋を意識し、姿勢を保ち、一つずつ体の部位を意識して行うので、ある部分の意識が飛んだり、出来ない事があったりしました。

自分では正しい姿勢と思っていたのが、人に強制してもらい正しい姿勢を教えてもらうと、違和感があったり、矯正してもらった正しい姿勢が変な姿勢と思ってしまうのです。間違った体の姿勢の認識を矯正するためにも、エクササイズでの体のポイントを一つずつ確認しながら、基本を何度も繰り返すのです。

木曜日には、社内でルーティンチェックを深める勉強会を行いました。前回の勉強会でスタッフが8つの項目を作り、まずはその内容で考えて、取り組みたいという提案があったので、その項目にそって、13分間で8つの項目を埋める為に「何を?どのような成果を手に入れたいのか?」を考えました。

ルーティンチェック表も4観点シートの目的・目標があり、それを達成するためのプラスアルファの習慣作りの為です。時間内にまずはやる事を意識するためにも、時間で区切り、一人ずつ発表をしました。そこから人の考えなどを参考にして、書き直すのもオッケーですし、参考にして付け足すのもオッケーなのです。

たった13分間で考えたルーティンチェック表が、意識して毎日取り組むことで、それが無意識にできるようになる為のトレーニングでもあります。無意識にできる幅を広げるためにもとっても良い取り組みと勉強会でさらに思ったので、私達の会社では働き方は自由ですが、全員でそのルーティンチェック表に取り組んでみる事にしました。

ゴールデンウィークの10連休は、私達の会社では、少しでもお客様に早く出荷できるように、出勤できるものが仕入れ・受注処理・発送業務などを行います。なかには、スタッフが子供を連れてきてまで、業務を行ってくれます。私は急遽、新潟に来ていますので、とても助かっています。



きららのニュースレターも2か月に1回は発行するという事も、お客さんとの関わりなども深くなり、ほぼ完成しました。日々、少しずつですが、意識を深めていく事を繰り返しています。単純な事ですが、意識をして継続して行うがとても大事だと思った1週間でした。

r
1週間前で黄色かったジャガイモの芽が立派な緑の葉に、小さいのは土曜日にマルチを切って顔を出したジャガイモの茎

誰も見向きもしなかったジャガイモが新玉ねぎに

畑ではジャガイモとりをした所から芽がでてきました。腐っているように見えるジャガイモや美味しくなさそうに見えるジャガイモ・小さいもの・割れていて、畑に残っていたジャガイモからです。

しっかりと芽が出てきてそれが育ち、1個の種ジャガイモから3個〜7個ぐらいのジャガイモができるのです。その芽が出ているジャガイモを見て、近くで農園をしている方が、種ジャガイモを切って芽がでず腐らせてしまったので分けて欲しいとお願いに来られました。


ジャガイモは、食べる分は違う場所で育てているので、たくさんできる予定なのです。芽が出てきたのがたくさんあったので好きなだけどうぞ!とあげると、お礼に農作業に良さそうな手袋や玉ねぎをくれました。思わぬプレゼントです。玉ねぎは作っているのですが、早生の玉ねぎではないのでまだ出来てないので、とってもありがたかったのです。

とても立派な玉ねぎだったので、肥料は何を使っているのですか?と聞くと、牛糞と化学肥料(化成肥料)を使っているとの事。化学肥料は悪いとわかってるけどねーとの事。周りの方はだいたい化学肥料もしくは除草剤、農薬を使っています。体によくないとわかっているけど、立派な野菜を作れるという理由です。


隣の畑の方からも玉ねぎをもらい比較、右半分の大きいのが化学肥料を使っている玉ねぎ

野菜は手間をかけずに大きくなりますし、雑草を取る回数も減りますし、虫がつけば農薬をまくという感じです。みかけもとてもきれいな野菜になります。

私達は週末農業ですが、農薬・化学肥料を使わず、農薬・除草剤も使わずに野菜が育ってくれているという感じです。今回、イチゴは初めてですが、本来は葉の裏に虫がつくので農薬をするみたいですが、子供達に食べさせたいのでいつもどおりの方法で農薬など一切使っていません。

私は畑で起きたことを何かに置き換えて考えます。見た目が不真面目そうで、仕事ができないと思ったとしても、真面目に仕事をし、誰もが来ない時に手伝ってくれるとか、病気に勝つために食生活を見直さず薬を使って、結果を出そうと思う事など
にも似てるのかな?種ジャガイモを切れば倍の量が収穫できるが、不自然な事をして失敗すれば、結局はその時間は取り戻せないので、自然が良い!など想像を膨らませると、とても勉強になるのです。

生きているものすべてに無限の可能性がありますし、思わぬプレゼントもある。自然な農法をしているから、幼稚園からの体験農園のお話も頂けたと思っています。たくさん玉ねぎを作りましたので、箕面ビールさんが行うイベントに参加してオニオンフライを販売する予定です。

今回はたくさんの玉ねぎを作ったので体験農園などご興味あればお気軽にお問い合わせください。

同じことの繰り返しで見えてくる

今までに疑問にも思わなかった事について、勉強会に行き新たな情報を聞き、とても視野が広がりました。

同じグループホームの運営をしていても、問題を乗り越えようと挑戦していたら、その課題に対しての新たな発想や工夫で打開策を見つけ続けた結果、全く違う施設になることを改めて思いました。

問題が出ないように、男女別のグループホームにするのでなく、男女一緒のグループホームにしても問題が出ないように工夫したり、効率を考えて食事をすべて弁当でなく、朝・夜のみ調理をしたり、外部と連携したりして、入居者の方が安心したサービスを取り入れる。

そして、物件を選んで運営するにしても、自社で借りる買う以外にも全く初期費用がかからない方法で実現するなど、他社の話とは全く違う努力や改善を繰り返していました。

勉強は同じような事の繰り返しかもしれませんが、何度もすることによりちょっとした気付きが得られ、大きく変わる事もあるとあらためて思いました。

同業他社でスタッフの引き抜きや代理店を奪うなど、モラルやメーカーの定めたルールを無視して、お客さんからは見えない所でする方もいますが、お客さんに気付かれないから良いとかでなく、理想と人々に喜ばれる事を想像して一つずつ行ってきた結果、会社に知識が蓄積し、新たな喜びのきっかけになるサービスができると私達は考えています。

理想を掲げて始めた訪問看護部門は、スタッフの募集から始め、ほぼ訪問看護経験がないメンバーで結成して、本当に色んな事がありましたが、それを乗り越えて3年目にして5月1日からは新会社できららリハビリ訪問看護ステーションは新たなスタートを行えるまでになりました。

これまで、130名以上のご利用者様とのご縁をいただき、60名以上のケアマネージャー様や70名以上のクリニックや病院の主治医の先生方とも関わらせていただき、地域とのつながりを大切に 一歩ずつ一歩ずつ 歩んでまいりました。


これからはさらに視点を広げて、地域の介護・福祉・医療のサポートができるように、計画を進めています。私達が踏ん張ってきた結果です。

私の子供は今までにジャガイモ掘りをして、ジャガイモの種付けまではした事がありました。ジャガイモの植え付けをした所にマルチを行い、芽が出てくることにより、マルチが膨れ上がってきます。

今週は、そこをカッターで切ってもらい、ジャガイモの芽が出るようにしてもらいました。カッターで切りすぎて、大きくマルチが裂けたり、ジャガイモの芽が出てなかったした箇所もあったりしましたが、最後にチェックをして、教えながら一緒に仕上げを行いました。子供達に聞くと「楽しい!」と喜んでくれました。わずかなこの一言がなんだか嬉しいのです。



しっかり向き合い、考え、勉強することにより、少しずつ改善する!そんな事を思った1週間でした。

きららリハビリ訪問看護ステーションは箕面市、池田市、吹田市、豊中市、茨木市、豊能町に訪問しています。詳しくはこちら